トラクターを購入する際は馬力がポイント!おすすめのメーカーの解説も紹介!

B!
トラクター大型

農業をする際に必要な万能機械、トラクター。そのトラクターを選ぶには、どのような機能を持っていて、どの程度の馬力のものがよいのかを把握しておくことが大切です。ここでは、トラクター選びに必要な知識や、おすすめ情報をご紹介します。

現代では農業を仕事とする場合、時間や労力を大幅に削減することができる農業機械(農機)の導入は必須です。そこで今回は、代表的な農機であるトラクターの種類やそれぞれの役割を解説し、さらに馬力による違いや、国内の主要メーカーなど、購入の際に役立つポイントもお伝えします。

これから農業を始める予定の人や、農機を安くお得に手に入れたい人は、ぜひ参考にしてください。

中古農機具は、新品を購入するよりも非常にお得な場合もございます。中古農機市場UMMでは全国の農機具販売店が登録しているので安心して購入が可能です。お近くの農機具点やその他のECサイトとも是非比較してみてください。

中古農機具を探す

トラクターとは

トラクターは、昔は牛や馬がやっていたような、重いものを牽引する役割を担う農業機械です。出力の高いエンジンを搭載し、後方にさまざまな機械を取り付けることによって農作業を行います。四輪駆動式が一般的ですが、二輪駆動のものや、その他いろいろなタイプがあります。

トラクターの国内主要メーカー

次に、トラクターを生産している国内主要メーカーについて、その特徴などを紹介します。

クボタ

Kubotaトラクター
出典:Kubota

クボタは、国内での農機具の売上において、高いシェアを誇っています。常に、日々の作業を効率化できる製品の開発に取り組んでいるメーカーです。

10.5馬力の小型トラクターから、170馬力の大型のものまで幅広く取り揃えられています。中には、GPSによるオートステアリング機能を搭載したモデルなど、先進的で高性能なトラクターも多く販売されているのが特徴です。

ヤンマー

ヤンマートラクター
出典:YANMAR

大手農機具メーカーの中では、トラクターに参入したのは比較的遅いヤンマーですが、現在はクボタに次ぐ大手へと成長しています。ディーゼルエンジンを得意とするメーカーとしての強みを生かし、ディーゼルエンジンを採用した低燃費の農機が人気です。

その他にも、無人運転の可能なロボットトラクターや、緊急時のブレーキ操作のみを行うオペレーターが運転し、高精度な作業を自動的に行えるオートトラクターなども販売しています。

イセキ

ISEKIトラクター
出典:イセキ農機

ヤンマーと同程度のシェアを誇るイセキ。農機具に関する分野で、特許の公開件数が最も多く、新しい分野の実用的な技術の開発を積極的に行っているメーカーです。

シンプルで低価格なものから、最先端の技術を活用したものまで、幅広いニーズに対応できる商品を揃えています。

三菱マンドラ農機


出典:三菱農業機械

2020年GOOD DESIGN賞を受賞したEAGL DESIGNでも有名な三菱トラクター。

農作業をするうえで最も求められるのは効率性かもしれませんが、安全性や耐久性も大切にしているメーカーです。定期的なメンテナンスを重視し、1度購入したものを長く使用できるように、アフターサービスにも力を入れています。

トラクター生産台数世界トップのマヒンドラ&マヒンドラ社の資本が参加し、国内唯一の外資系メーカーとなりました。よりグローバルな視点で製品開発に取り組んでいます。

トラクターの馬力の選び方・目安

アタッチメント

必要な馬力の計算方法

おおよその一日に耕せる農地面積がどれくらいなのかが分かると、どの程度のスペックのトラクター、ロータリーが必要か推測することができます。

どのロータリーがマッチングするかは

  • 走行速度(km/h)
  • 出力(hp)
  • 装着方式
  • 回転速度(r.p.m) (PTO)
  • を確認し、適合する機種を選びます。そうすると、最大耕運幅が決まりますので、おおよそ一日どの程度の面積を作業できるかが計算できます。

    ご自身の作業する日数や時間を考慮して、繁忙期などは最低どの程度の馬力が無いと間に合わないなどが分かります。

    どのような作業をするのか?

    トラクターを選ぶ際の基準は、耕作面積が小さいから小型のトラクターで良いとは一概には言えません。

    どの程度の馬力のトラクターを選ぶかは、そのトラクターをどのように使いたいかによって決まります。小型のもの(15馬力以下)の場合は、作業機を取り付ける部分が2本の規格(2点リンク)のものが多く、付けられる作業機の種類や重量が制限されます。

    トラクターを複数の用途で使うのであれば、作業機を取り付ける部分が3点リンクで、16馬力以上の高馬力のものがおすすめです。また、他にも馬力を選ぶ基準がありますので、具体的に説明していきます。

    3点リンクの利点

    前述のとおり、3点リンク(多くは16馬力以上のもの)の場合、取り付けられる作業機の種類が多くなります。しかし、それだけでなく、2点リンクの作業機と比較して市場への流通量が多いため、中古品を見つけやすいのも利点です。何か別の耕作を行いたい場合には、安価で手に入る中古品があると、選択肢の幅が広がります。

    土質による馬力の違い

    トラクターに求められる馬力は、耕作する土壌の質によって異なります。もし適切に使用されなければ、エンストを起こしてしまう場合もあるでしょう。

    具体的には、主に耕作する場所が粘土質かどうかによって決まります。粘土質である場合は、そうでない場合より5馬力ほど高いものを使用するのが妥当です。

    おすすめの馬力

    購入後に後悔しないためには、25~35馬力のものがおすすめです。現在の一般的な農家に広く流通しているものでもあります。

    ある程度重い作業機を取り付けた状態で、粘土質の土壌の耕作を行うことができ、3点リンクのため使用できる作業機も多いでしょう。また、このクラスのものの多くは、傾きや進行方向などの自動制御機能を装備しています。そのため、各メーカーでも一番のおすすめとされています。

    取り付ける作業機の種類

    農業には土壌作り、肥料や農薬の散布、収穫、運搬など多くの工程があります。トラクターは、取り付ける作業機を変更することで、さまざまな作業に使用することができます。数ある作業機の中から、ここでは主なものの特徴や役割について大まかにご紹介します。

    ロータリー

    ロータリーは土を平に耕して「苗を植える」「種をまく」などの作業を行いやすくするために使用します。複数の爪が付いており、それを回転させることで土を細かく切り刻み、空気を含んだ柔らかい土にします。

    この爪にもいくつかの種類があり、用途に合ったものを購入することが求められます。また、爪は使用し続けることで摩耗するため、注意が必要です。劣化したものを使っていると、耕運性能の低下や燃費の悪化などを招きます。作業効率が下がってしまうので、定期的に交換しましょう。

    ドライブハロー

    ドライブハローは「代掻き(しろかき)」と呼ばれる、田植えの前に田んぼを平らにする作業を行う際に使用します。爪が付いており、ロータリーと役割が似ていますが、ロータリーより幅広で、より均一に平らにすることができる板も付いています。

    ライムソワー

    ライムソワーは「肥料を散布する」際に使用します。攪拌装置が付いており、それによって均一に肥料を散布できます。

    ブームスプレーヤー

    ブームスレーヤーは「農薬を散布する」作業に使用します。広い畑や田んぼに農薬を効率よく散布するための作業機です。ブームと呼ばれる腕が付いており、その長さや、タンクの大きさ、ノズルの種類などがさまざまで、それぞれ用途が異なります。

    整形培土機

    整形培土機は「畝(うね)を立てる」ための作業機です。畝と呼ばれる、直線的に土が盛り上がった場所を作ることで、水はけがよくなり、土が柔らかくなるので根菜類などの生育がよくなります。また、畝があることで作物を整理して栽培できるので、より効率よく作業を行えるようになるでしょう。

    マルチャー

    マルチャーは、整形培土機に「マルチ」と呼ばれるビニールシートを張る機能が付いたものです。畝にマルチを張ると、地温の調節・雑草の抑制・乾燥防止・病気予防などの効果があります。

    播種機

    播種機(はしゅき)は、作物の「種をまく」ための作業機です。栽培する作物の品種に適した播種機を使用します。播種機を使うことで種を植える深さや間隔を一定に保てるので、作業効率の向上だけでなく、高品質化を図れるという利点もあります。

    トラクターを安く手に入れるには、中古製品が狙い目

    ここからは、トラクターを安く購入するための方法について見ていきましょう。トラクターは農機の中では需要が高く、中古製品も市場に数多く取り揃えられています。

    使用頻度の高い農機ですが、それでも1年中稼働するものではありません。中古でも状態のよいものが多いのもトラクターならではの特徴です。ここからは、中古トラクターを選ぶ基準についてご説明します。

    中古トラクターを探す

    また、中古商品で費用を抑える方法の他に、補助金を利用するなど現在では多様な資金調達が可能です。興味がある方は参考にしみてください。

    関連記事


    中古トラクターの選び方

    トラクターの購入は決して安い買い物ではありません。値段が気になるのは当然です。中古トラクターの値段は、馬力・走行時間・年式などによって決まります。

    馬力

    トラクターを新品で購入する場合の値段は、馬力×10万円が相場といわれています(20馬力であれば200万円)。そして、中古であれば、新品の相場の3分の1程度の値段になるのが目安です。馬力別の相場の各表などを参考に決定しましょう。

    走行時間

    トラクターの走行時間の限度は馬力×100時間といわれています(20馬力であれば2000時間。1日8時間使用するなら250日程度)。走行時間と馬力が分かれば、購入後どのくらい走行できるかを大まかに知ることができるでしょう。

    年式

    20年以上前の年式のものは、たとえ馬力があり、走行時間が少ないものであっても、修理に必要な部品が販売終了のため入手できないことや、メンテナンスサービスが終了していることが考えられます。購入してすぐに使えなくなっては元も子もありません。

    10年落ちのものくらいから値段が急激に下がるので、特にこだわりのない場合はそのくらいのものが狙い目かもしれません。

    購入はインターネット経由で

    トラクター選びに必要な知識を身に付け、中古農機具を選ぶ基準を覚えたなら、農機具のインターネット売買を検討されてみてはいかがでしょうか。インターネットであれば、全国各地の販売業者から出品される製品を対象にすることができ、選択肢が大幅に広がります。

    中古農機具情報を提供するサービスのなかには、会員登録をするだけで実績や自分が住んでいる地域の売買情報を得られるサイトもあります。上手く使えば効率的に情報を集められるでしょう。

    中古農機市場UMMをチェック

    中古農機市場UMM TOPページへ

    インターネット上で売買を行う際におすすめなのが、中古農機市場UMMの活用です。UMMは10年以上の実績があり、取引件数も多く、インターネットサイトにも毎日数千件のアクセスがあります。

    会員限定機能のウォッチリストでは、クボタやイセキなどの主要メーカーや、地域などの条件を設定でき、必要な情報のみを随時得ることも可能です。

    業者会員と農家会員の2種類があり、農家会員は入会費・年会費が完全無料です。商談が成立した際の手数料もかかりません。トラクターを中古で購入したい場合は、まず会員登録し、UMMの豊富な情報を活用してみるのはいかがでしょうか。

    『中古農機市場UMM』を見る

    まとめ

    トラクターは、農業を行うのに必須の万能機械です。多種多様な作業機を取り付けることで、さまざまな農作業を行うことができます。

    トラクターを選ぶ場合は、どんな場所でどのような作業を行いたいかによって必要な馬力が違います。また、メーカーによって特徴もさまざまです。

    比較的安価で購入するためには、中古製品が狙い目です。中古農機市場UMMを活用し、条件に合った最適なトラクターを手に入れましょう。