トラクターの運転には免許が必要?種類や取得方法、費用とは?

B!
トラクターの免許

農作業に欠かせない「トラクター」ですが、これを運転する場合、車両の大きさや走行速度によって異なる免許の取得が必要です。しかし、運転免許の区分や取得方法は複雑で、分かりにくいことがあります。そこで、トラクターを運転するための免許についてまとめました。

トラクターを私有地である田畑の中で使う場合、運転免許は不要といわれることもありますが、私有地と公道の区別は非常に複雑です。私有地でも場所によっては無免許で公道を走行したとみなされ、厳しい罰則を受けることがあります。

そのようなことがないよう、トラクターを運転する場合には必ず免許を取得しましょう。この記事では、トラクターの運転に必要な免許の種類やその取得方法、取得にかかる費用や期間などをまとめて説明します。

トラクターを運転するための免許について

トラクターは車両のサイズや最高速度によって「小型特殊自動車」、もしくは「大型特殊自動車」のいずれかに分類されます。免許についても、それぞれに対応したものが必要です。まずは車両に関する規定から見ていきましょう。

小型特殊自動車

小型特殊自動車とは、車体の全長が4.7m以下、全幅が1.7m以下、全高が2.0m以下の車両のことをいいます。ヘッドガード(安全フレーム)が付いている場合は高さが2.8mよりも低くなければいけません。最高速度は時速15km以下です。

このような車両を運転できる資格が「小型特殊免許」です。なお、普通免許を取得している場合、小型特殊車両の運転資格も含まれるので、新しくこの免許を取得する必要はありません。

大型特殊自動車

前述の小型特殊自動車の規定を1つでも超えた場合は、全て大型特殊自動車に該当します。このような車両を運転するための資格が「大型特殊免許」です。小型特殊免許と違い、普通免許の中には運転資格が含まれないため、新たに免許を取得する必要があります。

道路運送車両法と道路交通法の違い

よく混同されるのが「道路運送車両法」と「道路交通法」です。道路運送車両法は、車の構造の取り決めや、それに伴う車検の有無などについて定めたものです。一方、道路交通法は運転する際の注意事項や、罰則の規定です。

「農業用トラクターは、時速35km以下のものは車両の大きさにかかわらず全て小型特殊自動車に分類される」という情報がインターネット上では多数見受けられますが、道路運送車両法上の規定です。運転免許の種類は農業用トラクターであっても車両のサイズで区別されるため、注意しましょう。

参考:自動車車検登録情報協会

耕運機を付ける場合

車両に応じた特殊免許を持っていれば、トラクターを走行させることができます。しかしこれは「トラクター単独で」の走行に限ります。ですが、農作業の実務においては、車体に耕運機やブームスプレーヤ(薬剤散布機)などの農業機械を付けて使用することもあります。

これまでは農業機械を付けたままでの公道走行は禁止されていました。しかし2019年に規制緩和が行われ、いくつかの規定を守った使用に限り、公道の走行が許可されました。

<h3>農業機械を付ける場合の注意点<h3>

農業機械を付けて公道を走行する場合の注意点は大きく分けて4つあります。1つ目は、ヘッドライトやテールランプ、ウインカーなどがきちんと見えていることです。農業機械によって見えなくなってしまった場合、別途、視認できる位置につけなくてはいけません。

2つ目は、車両の幅です。小型特殊自動車にあたるトラクターの場合、農業機械が幅1.7mを超えると、反射機やサイドミラーなど、付けなくてはいけないものが発生します。

幅2.5mを超える場合は上記にくわえ、特殊車両通行許可や灯火機や表示板が必要になります。

3つ目は安定性の確認です。トラクターと農業機械の組み合わせによっては、安定性が確認できなくなり、車両の種類にかかわらず時速15km以下で走らなければいけません。他にも、走行速度の表示義務などが追加されます。

4つ目は、免許証の種類です。農業機械を付けた状態で小型特殊自動車の規定を1つでも超えた場合、大型特殊免許が必要になります。

そのため、これからトラクターの免許を取る場合は、農業機械を付けるか、大きさはどのくらいかをチェックしなければいけません。どんな農業機械を使うか分からないときは、あらかじめ大型特殊免許を取得したほうが安心です。

参考:農林水産省:作業機付きトラクターの公道走行について

免許を取得するための条件

トラクターの運転に必要な免許について、個々の特徴や取得条件などを見ていきます。詳細は各都道府県や通う教習所によって違うので、次項を参考にしつつ情報を集めてください。

普通免許

普通免許を取得すると小型特殊自動車の運転資格も付いてきます。そのため、現在普通免許を持っている方は、トラクターのサイズによってはすぐに運転することができます。

取得できる年齢は満18歳以上です。視力が、片目がそれぞれ0.3以上、両眼で0.7以上であること、片目の視力が0.3に満たない、あるいは片目が見えない場合は、もう一方の目の視野が左右150度以上あることなどが条件です。

小型特殊免許

満16歳から取得できます。視力は両眼で0.5以上あれば受験できるので、普通免許よりハードルが低く設定されています。実技試験がなく、適性試験と学科試験のみで取得できるのが特徴です。

そのため、取得にかかる費用が非常に安く抑えられます。受験料は適正試験と学科試験をあわせて1,500円、試験に受かるとかかる免許証交付手数料が2,050円で、合計3,550円で取得できます。(2020年8月現在の東京都の場合)

参考:警視庁:小型特殊免許試験

大型特殊免許

この免許を取得すると全ての大型特殊自動車を運転できるようになりますが、取得には多くの時間や費用がかかります。そのため、農作業用のトラクターを運転する農業従事者に限り、「大型特殊免許(農耕車限定)」を取得できます。

基本の受験資格は、大型特殊免許も農耕車限定免許も、普通免許と同じです。農耕車限定免許の場合、「農業従事者(従事予定者)であること」と「普通免許を持っていること」が受験資格になることが多いようです。農耕車限定免許は各都道府県が定める場所での講習や研修のあと、適性検査や実技試験を受けることで取得できます。

参考:京都府:農業機械士養成研修の受講生を募集

免許を取得する方法のメリット・デメリット

免許の取り方には、大きく分けて「教習所」「合宿免許」「直接試験」という3つの方法があり、それぞれにメリットやデメリットがあります。

教習所

学科試験や実技試験の受験にあたり、必要な内容を全て教えてもらえるのが教習所です。特に実技は各教程を1つずつクリアしていく必要があるので、全て修了すれば高い合格率が期待できます。実技試験まで教習所で一括受験できるのもメリットの1つでしょう。

デメリットは教習所ごとに教習期間に上限があり、その間に合格しなければならないことです。1日に受けられる教程の時間数に限りがあることが多く、全てのカリキュラムをこなすまでに長い期間がかかります。そのため、計画的に教程を進めていく必要があります。

合宿免許

一定期間、決められた場所で合宿しながら一気に取得を目指す方法です。集中してカリキュラムをこなすことで、教習所よりも短期間で免許の取得ができます。宿泊や食事の経費を含めても、教習所に通うより少ない金額で済むのもメリットです。

デメリットは、合宿に行くためにまとまった休みを取る必要があることです。夏休みや春休みなどの長期休暇があり、時間に融通の効く学生のうちに利用するのがおすすめです。

試験に合格できず、期間の延長により宿泊料金や検定料金が追加されてしまうケースもあるため、注意が必要です。

直接試験

教習所や合宿に通わず、直接運転免許試験場に行き、受験することも認められています。この場合、適性試験と学科試験を1日で受験し、合格後に技能試験を受けます。適性試験、学科試験と技能試験は別の日に行わなければいけないので、最短で2日あれば免許を取得できます。

デメリットは、全て自力で勉強しなければいけないことです。勉強の方法や運転のしかたによっては何度も試験に落ちてしまう人もいます。

無免許運転をするとどうなるのか

もし無免許でトラクターを運転した場合、以下のような重い刑罰の対象になります。絶対にやめましょう。

刑事罰

無免許運転した場合の罰則は、「3年以下の懲役」もしくは「50万円以下の罰金」です。無免許運転をした本人だけではなく、無免許と知りながら車両に乗れるようにした人、あるいは同乗者も罰則の対象です。

参考:e-Gov:道路交通法

行政処分

無免許運転が発覚すると、警察による刑事罰に加え、公安委員会による行政処分も下されます。無免許運転の違反点数は25点で、これは交通違反に関する処分の中で最も重い部類の点数です。

たとえ過去に違反歴が全くなくても、15点の違反で免許は一発取り消しです。25点ともなると、取り消しのうえに最低でも2年間は再取得ができません。行政処分の前歴がある場合、欠格期間が3年以上になる可能性もあります。

こうなると、本来の目的である農作業にも致命的な影響を与えるでしょう。

参考:警視庁:交通違反の点数一覧表

免許を取得したら「中古農機市場UMM」で中古トラクターを探そう

中古農機市場UMM

トラクターを運転するために免許の取得を考えているなら、同時にトラクターを安く手に入れる方法も調べてみましょう。おすすめは「中古農機市場UMM」です。

「クボタ」や「ヤンマー」などのメーカー名や、「トラクター」、「ロータリー」など欲しい商品のカテゴリなど、好みにあわせて、中古農機具を探すことができます。

「農家会員」なら入会金・年会費無料で欲しい商品を購入することができます。また、「業者会員」になると、業者価格でお得に購入することも可能です。

中古トラクターを購入する

まとめ

速度が遅く、農作業にしか使用しないトラクターであっても、無免許で運転することは許されません。重い刑罰を受けるうえ、一定期間は新たに免許を取得できず、仕事に大きな支障を及ぼします。

「田んぼや畑で乗るだけだから」と軽く思わず、免許取得を目指しましょう。小型特殊免許であれば普通免許に資格が付いてきます。大型特殊免許でも農耕車限定免許なら、普通免許を所持していれば取得へのハードルが低くなります。まずは普通免許を取得することが農業者への第一歩です。