イセキのトラクターを新品・中古相場で徹底比較!トラクターの役割や構造もまるわかり!

B!
トラクターの写真

農作業で最も活躍するトラクターは、国内大手メーカーがそろって主力製品を投入しています。その中でも「イセキ」のトラクターは、機能性に優れ、しかもラインナップが充実しているのが特徴です。中古市場ではコストパフォーマンスの高さでも人気があります。

この記事ではイセキ製トラクターの選び方と、トラクターに関する基礎知識を解説します。中古のトラクターの選び方もチェックしましょう。

トラクターの役割

ISEKIトラクター

出典:ISEKI

トラクターは農作業全般において、最も多くの作業を担当するマルチな農業機械です。最初にトラクターの主な役割について見ていきましょう。

土壌の耕起

作物を栽培する圃場(ほじょう)では、継続的な農作業により土壌が固くなり、作物の根張りが悪くなったり、排水性が悪化したりします。この状態を改善するために、ロータリーなどを用いて土壌を耕起して、土と土との間に適度なすき間を作り出します。

雑草の除去

トラクターにロータリーやプラウを接続すれば、圃場全面を効率的に除草できます。細断された雑草は、根ごと土壌の中にすき込まれるため、高い除草効果が見込めます。

堆肥のすき込み

土作りには欠かせない作業も、トラクターがなければ進められません。圃場全体に堆肥や石灰などをすき込む場合、一般的には耕起作業と同時に行います。その結果土壌中で団粒構造が発達し、高品質な作物を栽培する環境が整うわけです。

肥料の散布

トラクターにブロードキャスター・マニュアスプレッダーを装着すると、圃場全体に効率よく堆肥や肥料を散布できます。

播種

プランターまたはシードドリルを装着すると、トラクターで播種作業を行うことができます。播種ではありませんが、トラクターに田植え機を連結させれば、規模の大きい水田でも効率的に田植えができるでしょう。

天地返し

トラクターを使うと、プラウによって土壌の深部まで耕うんできるため、容易に天地返しが可能です。出力の大きいトラクターが必要になりますが、ロータリーに比べると燃料消費が少なくて済みます。

これらの作業以外でも、後ろにトレーラーをけん引すれば、農業資材の搬送全般にも使えます。もともとは人手や畜力で行っていた作業が、トラクターの登場によって大幅に効率化できたのです。

トラクターの構造

一般的なトラクターは乗用車と同じように、車体にエンジンと4本のタイヤを備えた構造です。機種によってはタイヤの代わりに、クローラ(キャタピラー)を装着したものもあります。

エンジン出力によってさまざまなサイズがあり、イセキトラクターでは出力が15ps程度の小型タイプから、最高出力280psを誇る大型タイプまで、豊富なラインナップが揃っています。

トラクターの構造上重要な部分が、後部に作業機を接続するための3点ヒッチ(3点リンク)です。小型トラクターでは2点ヒッチのタイプもありますが、接続できる作業機の種類が限られるため、広範な作業に使用するのであれば3点ヒッチは必須です。

トラクター本体から動力を取り出し、接続した作業機に伝達する部分がPTO(Power Take Off)です。作業機はこの回転力を利用して、それぞれに必要な動きへと変換します。

トラクターの機能とオプション

トラクター選びでは、主にどのような作業を行うのか、そのためにはどんな作業機が必要なのかを考慮して、機種やオプションを検討する必要があります。ここではトラクターの主要な作業機について解説します。

ロータリー

畑の耕うんと整地から水田での耕起まで、トラクターで最も多く使われる作業機の1つです。作業規模によってサイズの選択が可能で、小型トラクターにも接続できます。作業中はPTO動力をフルに使うため、燃料消費はかなり大きくなります。

プラウ

プラウはトラクター後部に接続してけん引するだけなので、PTO動力が必要なく燃料消費が小さくて済みます。ただしけん引には大きな力を要するため、高出力タイプのトラクターが必要です。

ハローとパッカー

圃場の表面を整地したり、表土を細かく砕いたりする用途に使われるのが、ハローとパッカーです。ハローには主にディスクタイプとスプリングタイプがあります。

ブロードキャスターとマニュアスプレッダー

ブロードキャスターは、圃場全体に効率よく肥料を散布する作業機です。一方のマニュアスプレッダーは、もっと重量のある堆肥を投入するときに使用します。

プランターとシードドリル

プランターは一定間隔で播種するための作業機で、シードドリルは条播きに特化した作業機です。

田植え機

米作り農家の必需品である田植え機も、トラクターに接続して使えます。他にも野菜苗を畑に定植する移植機を使うと、作業効率の向上と大幅な省力化が可能です。

その他のオプション

カルチベーターを使うと、ウネ間の中耕と除草作業を同時に行うことができます。またウネ立て機をトラクターに接続すれば、大規模な圃場でも効率的なウネ立て作業が可能です。

畑でのマルチング作業も、マルチャーを使えばトラクターで作業できます。水田での溝切作業も、溝切機を使えば非常にスムーズです。

イセキのトラクターの特徴

イセキのトラクターは、ベーシックカラーをブルーで統一しており、デザイン性でも高評価を得ています。さらに最新型のモデルでは、イセキ独自の先端技術が随所に取り入れられています。

ここでは大型クラスの「BIG-Tシリーズ」を例に、イセキトラクターの性能と各種機能について紹介します。

ハイレベルな基本性能

このシリーズは特殊自動車排出ガス4次規制対応の、最大4気筒4.9Lのディーゼルターボエンジンを搭載しています。ミッションは前後進48段の「Dyna-6」と、継ぎ目のない変速が可能なCVTミッションの2タイプから選べます。

最大出力は110~280psまであり、燃料消費を細かくコントロールして、高出力と低燃費とを両立させています。燃料タンクも180~430Lと大容量なので、長時間の作業でも安心です。

操作性のよいコクピット

基本操作はハンドル・アクセル・ブレーキで行いますが、マルチパッドレバーと多機能ジョイスティックにより、手元でエンジン回転制御や速度調整が行えます。前後進の切り替えとPTOコントロールもレバーで操作可能です。

データトロニック

一部機種ではオプションですが、トラクターの動作状況を、フルカラー画面のデータトロニックで確認できます。同時に細かい制御調整を画面上で行うことが可能です。

またデータトロニックでは、枕地制御スイッチと連動させて、トラクターの作業操作プログラミングを行えます。一連の作業がスイッチ1つで実行でき、作業効率の大幅な改善が見込めます。

快適なキャビン

作業環境を高めるため、サスペンションの自動制御や、視認性のよいフロント・サイドガラスを採用して、キャビン内の快適さも追及しています。またオートエアコンとオーディオ機器が標準装備されているのもポイントです。

メンテナンス性の高さ

さまざまな環境で作業するトラクターは、乗用車以上に日ごろのメンテナンスが重要です。イセキのトラクターはメンテナンス作業の効率化にもこだわっており、各部の点検・清掃が簡単に行えます。長期的に基本性能を維持できるのは、農家にとって重要なポイントでしょう。

その他の特徴

他にも夜間や早朝の作業に欠かせない作業灯には、充分な光量が確保できるハロゲンライトを採用。灯火類スイッチは、一元的に手元でコントロールできます。作業に合わせた多様なウェイトも、オプションで準備されています。

イセキトラクターのラインナップと中古相場

イセキのトラクターは、用途に合わせて豊富な機種が揃っています。現行モデルの紹介と、中古農機市場UMMで掲載されている同一商品(2021年5月時点)の価格比較も紹介していますので参考にしてみてください。

トラQ TQシリーズ

まず最も小型サイズの「トラQ TQシリーズ」は、コンパクトながら大型モデルと同様に、各部まで行き届いた装備によって、多くの作業を効率的にこなします。小さいサイズを生かした、セミクロ仕様なら湿田での作業も楽々行えるでしょう。馬力は13.5~17.5までラインナップされています。小さくてもパワフルかつ高性能ですので新規就農者の方にはおすすめモデルともいえるでしょう。

トラQシリーズ製品特性

中古商品との比較

ISEKI TQ17 トラクター

  • 型式:TQ17C セミクローラータイプ
  • 馬力:17.5
  • 使用時間:246h
  • 価格(税込):935,000円
  • 希望小売価格(税込):121.8万~(TQ13)、135.5万(TQ15)

比較モデルはセミクローラタイプでありながら、13馬力を新品で購入するよりかなりお買い得であることがわかります。トラクターの耐用時間は一般的に「馬力×10時間」と言われていますから、まだまだ長く使用することもできます。

中古トラクターを探す

TM5シリーズ [16.5・18.5PS]

TM5シリーズは16.5~18.5馬力のモデルがラインナップされています。付属のロータリについては最新機能満載の高性能となっていますので、高い汎用性があり、水田から畑作まで様々なシーンで活用することができます。

ISEKI TM5シリーズ製品特性

中古商品との比較

TM185
  • 型式:TM18
  • 馬力:18.5
  • 使用時間:62h
  • 価格相場(税込):75万円
  • 希望小売価格(税込):169.7~187.1万円(ロータリー付き)

中古トラクターを探す

RESPA RTSシリーズ[16.5~25.5PS]

レスパRTSシリーズは16.5~25.5馬力までのモデルがラインナップされています。前後進12段の変速の多段ミッションにより様々な作業にきめ細かく対応が可能になっています。また、超低速もあるため、圃場への出入り、畦超えなども安心して行えます。

ハイクリ使用で管理作業に特化しているモデルであるが、ワンタッチ耕運ダイヤルにより、ダイヤルを回すだけで様々な動作ができ、操作性がアップされ、様々な作業に対応できるのが特徴です。

ISEKI RESPA RTSシリーズ特性
ISEKI RESPAシリーズ

中古商品との比較

  • 型式:RTS25
  • 馬力:25
  • 使用時間:150
  • 価格(税込):228万円
  • 希望小売価格(税込):278.1~284万円

使用時間もとても少なくキャビン付きの極上品でもとても割安でお買い求めできます。また、中有こ商品と言っても、中古農機市場UMMに出品している販売店は整備なども対応ができる優良販売店なので、どなたでも安心して購入することができます。

中古トラクターを探す

GEAS(ジアス)シリーズ【NTA5/NT5/NT603E】

中型モデルの「ジアスシリーズ」からは、車体の基本性能が大幅にアップします。最大で60psのエンジンと、前後進24段の多段変速ミッションの組み合わせにより、場所を選ばない効率的な作業を実現しました。安全面でも、作業者に対して最大限に配慮しています。

GEAS(ジアス) NTA5シリーズ

ラインナップは25~60馬力までとても豊富です。ISEKIのトラクターシリーズでも高性能なモデルであるNTA5シリーズですが、操作性を向上させつつも、低価格帯の商品も発売されています。今後の動きも必見です。

ISEKI NTA5シリーズ特性
ISEKI NT5シリーズ特性
ISEKI NTA5シリーズ

中古商品との比較

  • 型式:NTA40
  • 馬力:40
  • 使用時間:1335
  • 価格(税込):286万円
  • 希望小売価格(税込):400~598万円

中古トラクターを探す

GEAS(ジアス) NT603E シリーズ

ISEKI NT603Eシリーズ特性
ISEKI NT603Eシリーズ

中古商品との比較

  • 型式:NT603E
  • 馬力:60
  • 使用時間:2~70
  • 価格(税込):360~390万円
  • 発売時期:平成25年7月
  • 希望小売価格(税込):591.8万円

最新の大型機種なので、中古相場に出回ることがなかなか有りませんが、見つけたら是が非でも購入したいお得な商品です。

中古トラクターを探す

T.Japanシリーズ【TJW3/TLV5/TJX3】

ジアスシリーズのワンランク上のモデルが「T.Japanシリーズ」です。最大130psのエンジンを搭載し、多彩な車体コントロール機能も標準装備。接続できる作業機のバラエティーが豊富で、ほとんどの農作業をこの1台でこなせます。

T.Japan W TJW3シリーズ

115~130馬力の大型トラクターです。2006年に誕生したTJW3シリーズも数々の進化を遂げ、現代の農業大型化の変化にあわせて、大規模農家が求める「高性能」「高機能」「高い作業適応性」を兼ね備えたモデルとなっています。

ISEKI T.Japan W TJW3シリーズ 特性

中古商品との比較

  • 型式:TJW1153/TJW1233/TJW1303
  • 馬力:115/123/130
  • 価格(税込):中古相場情報なし
  • 希望小売価格(税込):1212万円~(1153)/1309万円~(1233)/1575万円~(1303)

中古トラクターを探す

T.Japan W TJV5シリーズ

ISEKIリモートシステムが搭載されたトラクターです。情報通信技術であるICTに対応しており、スマート農業の最先端を走る機種です。今まで目視で行っていた作業が全て情報化され、作業の最適化、効率化が実現できる機種となっています。


ISEKI T.Japan V TJV5シリーズ

中古商品との比較

  • 型式:TJV655/755/885/985
  • 馬力:65/75/88/98
  • 価格(税込):中古相場情報なし
  • 希望小売価格(税込):801万~(655)/841万~(755)/1021万~(885)/1059万~(985)

T.Japan X TJX3シリーズ

より機能をシンプルにした使用でT。Japanシリーズでありながら低価格を実現させてモデルです。最新技術も搭載されつつも、シンプル、快適性を追い求めたところが特徴です。

T.Japan X TJX3シリーズ特性

中古商品との比較

  • 型式:TJX743/873/973
  • 馬力:75/96/102
  • 価格(税込):中古相場情報なし
  • 希望小売価格(税込):841万~(TJX743クローラーモデル)

BIG-Tシリーズ

イセキのトップモデルがBIG-Tシリーズで、最高出力は280psを誇りながら、排気は極めてクリーンです。詳しい性能と機能はすでに説明しましたが、これまでのトラクターのイメージを一新させるハイスペックなモデルでデザインもリニューアルされました。

BIG-T7700S シリーズ [165.9~280.1PS]

BIG-T7700Sシリーズ

出典:ISEKI

最大出力が280馬力までのモデルがラインナップされているISEKIトラクターの中でも最高機種と言えるでしょう。T7700シリーズのキャビンには「キャブサスペンション」を標準装備されています。またメーターパネルも大型、カラー化された液晶画面になり、より直感的な操作が可能です。さらに、ライトディレー機能と言って、キーオフ後に数十秒間ヘッドライトや作業等を点灯させる機能があります。夜間作業などで、圃場や納屋が暗闇の中でも安全に作業をすることができます。

BIG-T7700S シリーズ 特性

中古商品との比較

  • 型式:T7714
  • 馬力:165
  • 価格(税込):中古相場情報なし
  • 希望小売価格(税込):1,577万~

BIG-T6700Sシリーズ[130~160PS]

ISEKI  BIG-T6700Sシリーズ

出典:ISEKI

コンパクトな4気筒エンジンにより、効率の良い旋回作業ができるようになっています。キャビンは大きく、装備も充実しているため長時間の作業も快適にこなせること間違いないでしょう。

BIG-T5700Sシリーズ [110・130PS]

BIG-T5700Sシリーズ [110・130PS]

出典:ISEKI

110馬力と130馬力の超大型機種。エンジン、NEWデザイン、高流量の油圧システム、充実の装備システムが特徴です。夜間作業にも対応できるのは魅力的です。

BIG-T5700Sシリーズ 特性

中古商品との比較

  • 型式:T5711S/T5713S
  • 馬力:110/130
  • 価格(税込):中古相場情報なし
  • 希望小売価格(税込):1,361万円~(5711)/1470万円~(5713)

中古トラクターを探す

中古トラクター選びのポイント

日本製のトラクターは高品質でメンテナンス性がよいため、長い期間使えます。イセキトラクターも最新型にこだわらなければ、中古品でも新品レベルのものが見つかるはずです。ここからは中古トラクターに絞って、購入する際のポイントを解説します。

稼働時間・年式・馬力を確認

中古トラクターでチェックすべきなのは、まず稼働時間の目安になるアワーメーターです。同時に年式も確認して、今後どのくらいの期間使用可能なのかを見積もりましょう。

中古トラクターの価格を左右する要素として、出力(ps:馬力)もチェックしてください。必要以上に高出力のタイプを選ぶと、それだけ価格も高くなります。圃場の規模と作業内容に合わせて、適切な出力のモデルを選ぶことが重要です。

他にも作業機がセットになっているか、きちんとメンテナンスされているかなど、コストダウンにつながるポイントもチェックしましょう。中古品の最大のメリットは購入コストです。なるべく高品質で低価格なトラクターを探してみてください。

トラクターの馬力の選び方についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

中古農機具探しは「中古農機市場UMM」からスタート

中古農機市場UMM

UMM中古農機市場は、全国の農家と農機具店とを結ぶオンライン取引サービスです。UMMのWebサイトで会員登録しておけば、自分がほしい農機具の情報がメールで手元に届きます。ユーザーは希望の農機具を、事前にサイトで登録しておくだけでOKです。

他にも農機具店からのキャンペーン情報などが受信でき、中古農機を安くお得に買いたい農家の方に
中古農機具を探す

まとめ

先進的な技術をとり入れたイセキのトラクターは、高性能・多機能で、しかも他のメーカーと比較してコストパフォーマンスにも優れています。現在は中古市場でも高ランクのトラクターが見つかるので、一度探してみることをおすすめします。

現代農業にトラクターは欠かすことのできない存在です。自家用車と同じくパートナーにもなるのがトラクターなので、長く付き合える1台を探してみましょう。

関連記事