草刈り業者の費用相場は?|選ぶポイントや作業内容・値段を抑える方法

B!

草刈り業者を知りたい方のために本記事でおすすめの草刈り業者をまずはご紹介します。

草刈り110番は、即日対応が可能で、1㎡あたり180円~(税込)と明朗会計です。

日本全国に展開し、さらに年中無休かつ24時間対応により、いつでもどこでも利用可能です。

価格もリーズナブルなうえ、見積もり後の追加料金が発生しない安心な料金体系も魅力といえます。

シェアリングテクノロジー株式会社という東証上場企業による運営のため、業者への依頼が初めての場合でも安心して利用できます。

見積もりだけなら無料でできるので、まずは気軽に問い合わせをしてみましょう。

今すぐ「草刈り110番」で無料見積もり

草刈り業者の費用相場と費用の内訳

農業とお金

草刈りの費用は業者によって見積もりの出し方が異なります。

よくあるパターンは下記の3つがあげられます。

  • 施工する面積
  • 作業にかかる時間
  • 刈る草の丈の高さ
  • 作業内容

施工する面積

施行面積での費用はあらかじめ1㎡あたり1万円など㎡単位や坪単位で計算されます。
小さな庭などある程度狭い面積の草刈りや草むしりであれば、施行面積で費用が決まる業者が安く抑えられるかもしれません。

土地の面積ごとの費用相場

先程紹介した草刈り110番では、1㎡あたり180円(税込)~で対応しています。草刈りを行う土地の広さごとの費用相場を紹介しますので、参考にしてください。

草刈りだけでなく、除草の処理や防草対策など行った場合は価格が変動しますので、事前に見積りをして確認するのがおすすめです。

草刈りをする土地の広さ 費用相場(税込)
1坪(約3.31㎡) 595円
5坪(約16.53㎡) 2,975円
10坪(約33.06㎡) 5,950円
50坪(約165.29㎡) 29,752円
100坪(約330.58㎡) 59,504円

引用:草刈り110番

作業にかかる時間

作業時間での費用は「作業員1人に対していくらの費用」という計算がされます。さらに出張費もかかるでしょう。
時間がかかりそうな背の高い草や広い敷地での草むしりなどでは費用がかさむ可能性があります。

刈る草の丈の高さ

草丈の高さでの費用は「100センチまでの高さならいくらの費用」というような形で料金決められています。
草丈の低い雑草の草むしり・草刈りでは費用を抑えられますが、草丈が高いブタクサなどの場合は費用がかかりますね。

作業内容

作業内容での費用は、草刈りなのか、草むしりなのか、また抜根といって根から排除するのかという方法別で費用が変わります。

草刈り後のごみ処理や雑草対策などは別料金としている業者もあるので、基本料金に何が含まれるか確認することが大事です。

草刈りの相場

草刈りとは、電動の草刈り機を使って、伸びてきた草の長さを短くする作業のことです。

一般的な相場は、50㎡で7,000円~25,000円ほどです。

草むしりの相場

草むしりは、手作業で地面に生えている草を引き抜く作業を指します。

つまり、草むしりは「除草」のことです。草むしりは手作業であるため、人手も時間もかかります。

相場は50㎡で30,000~50,000円ほどになるでしょう。

抜根の相場

抜根とは木を根こそぎ抜く方法で、切り株の処理などの際に行います。

抜根の相場は、木の太さや高さによって変動します。

  • 幹周り30cm以下の場合 5,000円~10,000円
  • 幹周り31cm~50cmの場合 15,000円~20,000円
  • 幹周り51cm~80cmの場合 25,000円~30,000円
  • それ以上の場合 50,000円程度

おおよその相場観は上記の通りです。抜根の際に、ユンボなどの重機を使う場合には、別途1日当たりの費用が加わります。

1日当たり、20,000円~50,000円程度の費用が必要です。

こちらの記事では、抜根の費用に関して詳しく紹介しています。

オプションの費用

草刈りは草を刈って終了ではありません。

主に下記の作業が発生し、これらはオプションの料金として追加費用がかかることが多いです。

  • 刈った草の処分
  • 除草剤散布
  • 防草シートの設置
  • 砂利敷き

刈った草の処分

刈った草の処分については草刈り代の中に含まれていることもあります。

含まれていない場合は追加費用となります。見積もりを取る際に確認しましょう。

処分費用はおおよそ軽トラック1台分で3,000円~または45ℓのゴミ袋1袋ごとに300円のような形で加算されることが多いです。

なお、自分で処分することも可能です。その方法は後述します。

除草剤散布

新しい雑草が生えてくるのを抑制するのに必要な雑草対策として除草剤散布があります。

こちらは200~300円/㎡くらいの相場です。

防草シートの設置相場

防草シートの設置には、50㎡で50,000円~100,000円ほどかかります。

害虫を駆除する消毒作業は、50㎡で2,000円程度です。

防草シートの敷き方は、こちらの記事で紹介していますので自分で行いたい場合は参考にしてください。

砂利敷き

砂利には防草効果もありますし、砂利を敷くことにより通路や庭の模様替えにもなるので、申し込む方が割といます。

尚、防草効果を発揮するのは砂利を敷いたときの厚さが3センチを超える必要があるので、ホームセンターなどで砂利を購入し自分で敷くのはかなり大変な作業になります。

費用は砂利の種類によっても異なりますが、1㎡3,000~4,000円です。

今すぐ「草刈り110番」で無料見積もり

草刈り業者の選び方

業者

どの草刈り専門業者に相談をするのか迷う方のために業者選びのポイントについて解説していきます。
業者に依頼する前に、しっかりと押さえておきましょう。

草刈りを依頼できる業者の種類を確認する

草刈りを依頼できるのは、以下のような業者があります。

  • 草刈り専門業者
  • シルバー人材
  • 植木屋・庭師
  • 便利屋
  • ハウスクリーニング業者
  • ホームセンター

草刈り専門業者

草刈り専門業者は、草刈りや草むしり、芝刈りなどを専門的に行う業者です。ノウハウや経験が豊富なので、徹底的に雑草の対策をしたい場合は草刈りのプロに任せるのがおすすめです。

シルバー人材

草刈り業者の他に、シルバー人材が草刈りを行ってくれる地域もあります。

シルバー人材とは、高齢者などの公益社団法人で各地域によって作業内容や価格も異なりますので、ホームページを確認しましょう。

福岡市のシルバー人材センターでは、時間単価×時間数+作業に必要な材料費が金額の目安となっています。

福岡市シルバー人材センター 単価(税込)/時間 2時間以内・定額単価(税込)
機械による草刈り 1,364円 3,014円
手取・手刈り除草 1,023円 2,342円

時間単価は、2時間以内の作業が定額で決められており、2時間以上かかる場合は、1時間ごとの単価が追加されます。

植木屋

植木屋は、剪定や芝刈り、植木の販売など庭の手入れをしてくれる業者です。植物に関しての知識が豊富なため、専門的な作業も安心して依頼できます。また、庭師などの庭づくりを専門的に行っている業者もあります。

便利屋

便利屋とは、草刈りだけに関わらず生活での困りごとに対応してくれる業者です。草刈りの他に依頼したい内容がある方は、便利屋を活用すると効率的でおすすめです。

ハウスクリーニング業者

ハウスクリーニング業者は、部屋などの清掃を行う業者なので、草刈り以外に清掃なども依頼したい方におすすめです。

ホームセンター

ホームセンターは比較的に店舗も近くにあり、見積もりや依頼も気軽にできます。草刈りだけでなく、庭木や植込み剪定、消毒など庭の手入れも行っているいます。草刈機のレンタルをしてくれるホームセンターもあるので、自分で草刈りを行いたい場合はホームページや直接店舗で確認するのがおすすめです。

費用は総額か確認する

草刈りの費用は、ホームページなどに掲載されていることが多いです。

草刈りはごみの処分など草刈り以外の作業にも費用がかかります。

掲載されている費用は総額なのか、きちんと確認してから依頼をしましょう。

業者のHPを確認する

中抜き業者に依頼をしてしまうと、相場以上の費用がかかってしまう場合があります。

業者に依頼する際は、草刈りを専門にしているか、客からの質問にきちんと答えているか、会社概要が掲載されているかを確認しましょう。

見積もりをして業者を比較する

何社も見積もりをすることは、手間に感じるかもしれませんが、相見積を取ることでどの業者が最も安いのか、丁寧なのかなど比較することができます。

今すぐ「草刈り110番」で無料見積もり

草刈りを業者に依頼するなら「草刈り110番」

草刈り110番

本記事では初めて草刈りを依頼する方でも安心な業者として「草刈り110番」をおすすめします。

草刈り110番が初めての方でも安心な理由は下記のポイントがあります.

  • 1㎡あたり180円(税込)と「分かりやすい料金帯」
  • 「見積もり無料」
  • 「年中無休」で、「24時間365日」電話受付可能
  • 北海道から沖縄まで「全国対応」
  • 「東証上場企業」

他にも防草シートや除草剤の散布などの雑草対策もオプションでしてくれます。
これらは見積もりの時点で提案をしてくれるので、契約後の追加料金の発生はありません。

草刈り110番は法人でも個人でも申込ができ、さらに、何か月ごと、1年ごとのように定期的な草刈りの依頼も受け付けています。芝刈りにも対応しています。

都度依頼をしなくていいのでとても助かりますね。

尚、庭だけでなく駐車場や空き地、墓地などの草刈りも依頼が可能です。

支払いもクレジットカードが使えるので、とても便利です。

初めての方でも安心して草刈りを任せられる業者です。まずは気軽に無料見積もりを申し込んでみましょう。

今すぐ「草刈り110番」で無料見積もり

草刈り業者の作業内容

草刈りを業者に頼むと、どのような作業をしてくれるのでしょうか。

ある程度、作業内容を把握してから頼むと、やりとりもスムーズにできます。ここでは、主な作業内容を確認していきましょう。

刈り倒し

刈り倒しとは、草刈り業者の主な作業となる、草刈り機で草を刈る作業のことです。

自分では刈れない太めの草木も、機械できれいに刈ってもらえます。

業者によっては、刈った草を処分せず、刈り倒しのみの場合もあります。

粉砕処分

刈った草を粉砕する作業です。

粉砕された草は、そのまま土に還せるので、ごみとして回収する必要がありません。

刈った草を回収するのが面倒な場合は、粉砕処分も依頼しましょう。

ガーデンシュレッダーという機械を使用すれば、草刈りで出た、雑草や枝木などのごみを、より細かく粉砕することができます。

家庭用のおすすめモデルは、別の記事を参考にしてみてください。

残骸処理

刈った草をごみとして回収してくれることを「残骸処理」と言います。

刈った草をそのままにしておきたくない方は、こちらの作業も依頼しましょう。

費用を抑えたい場合には、自分でごみを回収してください。

ツタの処理

草を刈るだけでなく、壁などに張っているツタの伐採も依頼できます。

自分では届かないような場所でも、業者に依頼すれば伐採してもらえます。

草刈りとは料金が異なる場合があるので、見積もりの際に確認しておきましょう。

木の抜根

草刈りの業者は、木の抜根にも対応できる場合があります。

木の抜根は、自分ではなかなかできる作業ではありません。

木の伐根を検討しているときには、草刈りと一緒に依頼してみましょう。

草刈り以外の庭の手入れ

草刈りをする際に、一緒に庭のお手入れを依頼することもできます。

雑草が生えないようにする防草シートの設置や、害虫を駆除する消毒作業を行ってくれる業者もあります。

草刈りを依頼する際に、庭の手入れも依頼してみましょう。

今すぐ「草刈り110番」で無料見積もり

草刈りの費用を抑える方法

ゴミ処理

草刈りの費用は、工夫をすることで安く済ませられます。

草刈りにあまりお金をかけたくない方は、ぜひ参考にしてください。

庭の手入れを行う

業者が作業しやすいように庭を手入れしておくと、費用を抑えられます。

物がない庭であれば、作業は簡単になり、短時間で作業は終わります。
余分な経費や作業を省くことで、その分の費用がかかりません。

自分で庭の手入れをする際は、こちらの草刈機・刈払機を選ぶポイントを参考にしてください。

草刈り後のごみ処理費用を抑える

一見費用が安いと感じた業者は、基本料金にごみ処分の費用が含まれていない可能性があります。

ごみの処分費用や、保険料など、基本料金に何が含まれているのか、確認してから依頼しましょう。

ごみ処分の費用は刈った草の量にもよりますが、だいたい3,000円~5,000円です。

体力のある方は、自分でごみを処分すれば節約できます。刈ったあとの草をどう処分すべきかを紹介しますので、参考にしてください。

処分方法1,燃えるごみとして処分する

刈ったあとの草は、可燃ごみとして処分できます。

ただし、刈った草をそのままごみ袋に入れると、重くかさばってしまいます。

ごみ袋に入れる前に、シートなどの上で天日干しを行いましょう。

草は天日干しをすると軽くなるため、捨てるときに楽になります。
大量の刈った草を捨てるのは大変なので、なるべく軽くしてから捨てることをおすすめします。

自分で燃やすのは禁止されている

一つ注意点としては、自分で燃やして処分しないようにしましょう。

基本的に家庭内で出たゴミを燃やすことは禁止されています。また、近隣トラブルにもつながるので気をつけてください。

処分方法2,肥料として使う

刈ったあとの草は、捨てずに肥料としても使うことも可能です。

まずは、捨てるときと同じようにシートなどの上で天日干しして、草を乾燥させましょう。

乾燥し終えたら庭に穴を掘り、乾燥させた草・石灰・米ぬかを入れます。穴の中で草が発酵し、しばらくすると立派な堆肥が出来上がります。家庭菜園で野菜を育てている方は、ぜひお試しください。

まとめ

伸びた草を放置していると、周囲の迷惑になったり、防犯性を損ねたりします。

草が伸びてきたら、必ず刈るようにしましょう。自分で刈るのが難しい場合は、業者に依頼するのがおすすめです。

草刈りの料金は、面積や作業時間などによって変動します。事前に見積もりをして、費用総額を確認しておきましょう。

費用を抑えたい方は、刈った草を自分で捨てるなどの工夫をしましょう。

また、インターネットを活用すれば、安く請け負ってくれる業者を見つけやすくなります。

今すぐ「草刈り110番」で無料見積もり

こちらの記事では、草刈りの効率的な方法とコツを解説していますので、自分で行う際はこちらを参考にしてください。