トラクターをお得に買取してもらおう!高く売るための方法も解説!

B!
トラクターを売却したい

使わなくなったトラクターはどうしていますか?倉庫の奥など、目立たないところに置きっぱなしにしているという方も多いのではないでしょうか。

このようなもう使わないトラクターは、業者に依頼し買取をしてもらいましょう。この記事では、トラクターをより高く売るコツ、業者の選び方などを解説しています。現在、いらないトラクターの置き場所に困っている方はぜひ参考にしてみてください。

トラクターは買取してもらえる?

トラクターは農機具の中でも人気があり、中古を購入する人は多くいます。一般の農家の人のほか、UターンやIターンで農業を始める人が、まずは中古で必要な農機具を揃えようと購入する場合も珍しくありません。

さらに、日本製の農機具は海外でも大変需要が高く、中古のトラクターは海外に輸出されるケースも多々あります。このような背景からトラクターを買取する業者は多く存在します。

現在いらないトラクターがあるから買い取ってもらいたいという方は、買取業者を使ってなるべくお得に処分しましょう。いらなくなったからといって捨てるのはもったいないことです。買取に出せば処分費用が掛かることもなく、場合によっては思った以上の査定額がつくかもしれません。

トラクターの買取方法とは?

トラクターの買取には、大きく分けて二つの方法があります。

まず一つ目は、業者に出張買取を依頼する方法です。出張買取の場合、実際にトラクターがある場所まで業者に来てもらいます。そして、業者が実物を査定しその場で見積もり金額を出すというものです。見積もり金額に合意できたらその場で契約をして終了です。

二つ目は、あらかじめインターネットや電話でトラクターのメーカー・状態・型式などを伝え、業者がその情報をもとにおおよその見積もり金額を出すという方法です。その金額で双方が納得すれば、引き渡し当日、現地に業者が赴きあらためてトラクターの状態を確認し、問題がなければ引き渡し、支払い方法の確認をして終了します。

直接現物を見て査定してもらった方が安心だという方は、一つ目の直接実物を査定してもらう方法を選びましょう。一方、「時間がない」「売れればよい」「金額にはこだわらない」という方は、インターネットや電話で査定してもらう方を選ぶのもよいでしょう。いずれにしても、プロの査定士が査定しますので、相場に合った額で買取をしてもらえます。

トラクターの状態が心配

長年使ってきたトラクターを売りたいと思っても、古かったり一部壊れてしまったりしていて、とても売れる状態ではないと心配している方もいるかもしれません。しかし、状態については心配しなくても大丈夫です。状態が悪いものでも買い取ってもらうことは十分可能です。

古いトラクターでも大丈夫

「古いトラクターは買取対象にならないかも」と自己判断して、処分するのは避けましょう。古いものでも、十分に買取対象になります。

古いトラクターは、輸出され海外で使用されることが多いのです。海外では日本製のものが人気ですから、古くても輸出用として意外と高く売れることがあります。以前使っていたけれど今は使わずに倉庫などに置いてある古いトラクターがあったら、捨てずに買取に出すことをおすすめします。

なお、買取時には、トラクターの製造年月日がいつかという情報は必要です。製造年月日、つまり古いか新しいかは査定する上での重要なポイントだからです。トラクター本体に製造年月日が書かれていない場合もあるため、そのときは製造番号や型式をメーカーに伝え製造年式を教えてもらい、把握しておきましょう。

壊れたトラクターでも大丈夫

「壊れたトラクターはさすがに買取できないでしょう」と考える方もいるかもしれません。しかし、たとえ動かないトラクターでも中の部品はまだ使えることがあるため、車体を解体し部品のみを専門業者などに再販売するという需要があります。

したがって、トラクターが壊れているからと、買取をしてもらえるか不安になる必要はありません。壊れているトラクターでも、業者からすれば十分査定対象になるのです。

高く買取してもらえるトラクターの特徴は?

高く買取してもらえるトラクターとはどのようなものなのでしょうか。以下に紹介するトラクターをお持ちの方は、買取をぜひ検討してみてください。

使用年数が短い

トラクターには、どのくらい使っているかがわかる「アワーメーター」と呼ばれるものがついています。このアワーメーターが1,000時間を越していると、再販するとしても海外向けになってしまうことが多く、査定額も安くなる傾向です。

一方、このアワーメーターで記録された時間が短ければ短いほど新しいトラクターだといえるため、国内販売向けの商品として高額で買取される可能性が高まります。お持ちのトラクターのアワーメーターを見て、どのくらい使用したのかチェックしておきましょう。

高額買取の対象になるメーカーがある

日本製のトラクターは日本国内のみならず海外でも高い人気と需要を誇ります。さらに人気メーカーのものであれば、買取価格がより高くなる傾向があります。日本製のトラクターをお持ちで買い換えを考えている方は、ぜひ買取依頼をすることをおすすめします。

人気のメーカーは、「クボタ」「ヤンマー」「イセキ」などです。もちろん、そのほかでも「ミツビシ」「ホンダ」など日本製であれば、高額買取が期待できるでしょう。

トラクターを少しでも高く買取してもらうためには?

トラクターに何もほどこさずそのまま買取に出してしまうと、本来はもっと高く買い取ってもらえたはずなのに、安めの価格になってしまうことがあります。せっかく愛用してきたトラクターですから、少しでも高く買取をしてもらいたいものです。そこで、より高い買取のためにできることをご紹介します。

洗車をする

きれいな状態でなければ、正しい査定は難しいものです。泥などの汚れがついているままでは、状態が悪いという査定結果になる恐れもありますので、洗車をしてすみずみまで磨いておきましょう。なるべくきれいな状態にしておくと、車体の状態がよいということで見積もり金額が上がることもあります。

修理できるところは修理する

トラクターは故障していても買取することが可能です。しかし、簡単に修理すれば直る程度の故障であれば、買取依頼をする前に直してしまいましょう。直すことで、故障車から中古のトラクターへとランクが上がり、見積もり金額がより高くなる可能性があります。

ただし、何十万もかけて新しい部品に交換するなどはしなくても大丈夫です。それだけ修理費用をかけても、その分買取金額に上乗せされるとは限りません。あくまでも「簡単に直せる」範囲と考えましょう。

車検証、検査記録表を揃えておく

トラクターの車検証や検査記録表は、買取業者に渡して見てもらった方がよいでしょう。定期的に検査を実施した記録は、そのトラクターを安全に動かせる客観的な証拠です。こまめに検査を受けていたという点も好印象を与えるため、より高い買取につながることもあります。

おすすめできる買取業者の見極め方は?

買取業者は多くてどこに依頼すればいいかわからないという方もいるでしょう。そこで、おすすめできる買取業者の見分け方について解説します。

見積もり・査定・出張料・仲介手数料などが全て無料か

買取業者が査定をする際には、実際にトラクターがある場所まで出張し、直接査定をする業者が一般的です。見積もりや査定にかかる料金はもちろんのこと、出張料、再販する会社への仲介手数料を請求するような業者は避けましょう。

良心的な業者は、これらの料金は全て無料です。金額に納得がいかなかったら買取をキャンセルすることも可能です。自身の納得のいく値段で売るようにしましょう。

そのためには、複数の業者から見積もりを取るのもよい方法です。複数の業者から見積もりを取って比較すれば、そのトラクターの相場がわかります。「本当はもっと高くなるのでは」などと納得がいかないまま売ることはなくなります。

海外にまで販路がある業者か

日本では売れないトラクター、海外で人気のトラクターは、海外に輸出して売ることになります。日本国内だけではなく海外にも自社で売ることができる業者は、トラクター買取の実績が豊富です。

それだけではなく、他社では安くなってしまうトラクターでも海外で売る販路があるために、比較的高額で買取できる可能性があります。HPなどを見て、海外への輸出も行っている業者かどうかチェックしてみましょう。

農機具を販売しているところを選ぶ

農機具の買取をするといっても、リサイクル業者などは買取だけしてそれをそのまま再販します。一方、農機具の販売をしている業者は、買取をしたあとで修理が必要な部分を自社で直して再販できるため、買取できるトラクターも多くなります。

また、自社で修理後に高めの値段で再販できるため、買取価格も高くなることが多いのです。トラクターを売るのであれば農機具販売業者を選ぶ方がお得になる可能性が高いといえるでしょう。

買取査定には「中古農機市場UMM」がおすすめ

中古農機市場UMM

トラクターを査定してもらうときには、「手間がかかるのでは」「結局査定がつかないのでは」と心配になる方もいるかもしれません。しかし、「中古農機市場UMM」なら、無料で全国各地の農機具を扱う加盟店へ一括で見積もりを依頼できます。

最大10社から見積もりがもらえ、農機具買取実績はなんと年間5,000台以上です。複数の業者から見積もりをもらえるなら、その中から一番高い金額を提示してくれた業者に売ればよいのですから大変便利でお得です。トラクターを買取してもらいたい方は、ぜひ一度UUM 中古農機市場へ見積もりを依頼してみてはいかがでしょうか。

無料で一括見積りを申し込む
中古トラクターを購入する

まとめ

トラクターは中古市場で需要が高い農機具です。古いものや壊れているものでも買取ってもらえる可能性が高いでしょう。よい業者かどうか見極めるには、見積もり・出張料・仲介手数料などが無料であるかをチェックしましょう。

売る際は、「汚れを取っておく」「検査記録表など客観的にトラクターを評価できるものを準備しておく」などに気を付けておくことで、査定額アップが狙えます。お持ちのトラクターをぜひ高額で買い取ってもらい、お得に処分しましょう。