突然トラクターのバッテリーが上がった!安全な対処方法とは?

B!
トラクターと女性と農業

トラクターのバッテリーが上がったときの対処方法をまとめています。トラクターのバッテリーが上がる原因やバッテリーの問題点を見つける点検の仕方、バッテリーが上がったときの対処方法、バッテリー上がりを予防する方法まで説明しています。

「冬の間使っていなかったトラクターのエンジンをかけようとしたらバッテリーが上がっていた」など、バッテリートラブルでお悩みの方もいらっしゃるでしょう。トラクターのバッテリートラアキレス腱を伸ばし始めた優しい笑みを浮かべる背中がいつもより大きく見えたブルは意外に多いので、トラブルを防ぐ方法や対処方法を覚えておくことが大切です。

そこで、今回はバッテリー上がりの予防や対処方法について解説していきます。注意点も取り扱っているので、ぜひバッテリートラブルの際の参考にしてください

エンジントラブルについて詳しい記事も紹介しておりますのでこちらの記事もご参照下さい。

トラクターのバッテリートラブルとは

トラクター

トラクターは自動車と同様に、エンジンの始動やライトの点灯などに電気が必要になるので、電気を蓄えておく働きがあるバッテリーを搭載しています。そのバッテリーにトラブルが起きると、いざトラクターを使おうとしたときにエンジンがかからなくなってしまいます。

バッテリートラブルはトラクターの機構が損傷したり、部品が使用不可能になったりする故障ではないので、比較的対処しやすいでしょう。しかし、適切に対処をするためには原因から対処法まで、しっかりと熟知しておく必要があります。

バッテリーが上がる原因

トラクターのバッテリーが上がる主な原因として、使用頻度や気温などが挙げられます。バッテリーは年数が経つと性能が落ちるので、経年劣化によりバッテリー上がりが生じるケースも考えられます。まずは、どのような原因によって不具合が起きるのかをチェックしておきましょう。

使用頻度

バッテリーに蓄えられている電気はトラクターを使っていない間も放出され続けています。農作業でトラクターを繰り返し使用している時期よりも、使わない時期に放電が進みやすいため「久しぶりにトラクターを使おうとしたらエンジンがかからない」といったケースが目立ちます。

長い期間使っていなかったトラクターは、使用前に状態を点検しておくと安心です。また、使用しない時期はケーブルを外しておくと長持ちします。

気温

バッテリーは寒さに弱いという特性があります。希硫酸と鉛の化学反応を利用して蓄電する仕組みなので、気温が下がると蓄電のための化学反応がにぶくなります。

また、低い気温の中ではエンジンオイルが固くなるため、始動時には通常よりも多くの電力を必要とします。気温が低い時期は、特にトラクターのバッテリーが上がりやすいので気をつけましょう。

経年劣化

バッテリーの寿命は、一般的に2~3年程度といわれています。使い方によっても劣化状況は変わりますが、購入から2年以上経って不具合が気になり始めたら寿命の問題も考えられるでしょう。

放電が続いた場合や寒さで不具合が起きている場合とは異なり、寿命が近づいたときには新しい製品へ交換する必要があります。近年はバッテリー性能の向上が目覚ましく、前触れがなく突然エンジンが止まってしまうパターンもみられます。故障して全く使えなくなってしまう前に、定期的に点検をするなどして備えておくと安心です。

バッテリーの故障

バッテリーに変形や損傷がある、液量が少ない、端子がさびているといった問題が起きているときもトラクターのエンジンはかかりません。不具合が起きている状態で無理にトラクターを使うと、バッテリーが上がるだけではなくオーバーヒートしてしまう恐れもあります。見た目に問題がなくても内部が故障のため不具合が生じているときもあるので注意が必要です。

バッテリーが上がったときの対処方法

バッテリーが上がってしまいエンジンがかからなくなったときは、ジャンピングスタートや充電・交換などの対処があります。突然エンジンがかからなくなったときの対処方法も確認しておきましょう。

ジャンピングスタート

バッテリーが上がったときは、救援車の電気を利用してエンジンを始動するジャンピングスタートでの対処が可能です。ブースターケーブルを使ってトラブルの起きたトラクターと救援車のバッテリーをつなぎ、トラクターのエンジンをかけます。

ジャンピングスタートはエンジンがからなくなったときの一時的な処置です。そのため、バッテリーの不具合が起きているときは、すぐにトラクターが使えなくなるかもしれません。完全に不具合を解消するには早めにバッテリーの点検や交換を行うようにしてください。

バッテリーを充電する

バッテリーの故障や寿命ではなく、放電が原因のときは充電すると使い続けられるケースがあります。充電は液口栓を取り外せるバッテリーにしか行えないので、可能かどうかを取扱説明書で確認してから実施しましょう。充電時間は容量によって大きく変わるので、説明書などを参照してください。

トラクターからバッテリーを取り外した後、液口栓を外してから電解液を入れます。電解液が皮膚や衣服につかないように充分注意します。また、充電中に発生する酸素ガスや水素ガスに引火しないよう、火気厳禁で行いましょう。

バッテリーを新品に交換

バッテリーを交換目安時期といわれる2~3年を過ぎて使用している場合、故障や不具合などが生じたら回復は難しいため、新しい製品への交換をおすすめします。2年以上経過していないものでも、完全に放電してしまうと以前の性能には戻りません。

また、かなり劣化が進んでいるものは使用年数に関わらず使用できなくなるため、充電をしても改善できません。バッテリーがダメになったときは、早めに適合する新品の製品に交換しましょう。

ジャンピングスタートの方法

ジャンプスタータ バッテリー

ジャンピングスタートは、トラクターと救援車のバッテリーをブースターケーブルでつないで行う方法です。覚えておけばいざというときに非常に役立ちます。

ジャンピングスタートの手順

1.トラクターの近くに救援車を置き、赤と黒のブースターケーブルを準備します。
2.トラクターと救援車のバッテリーが同じ電圧、同容量かどうか確認します。
3.赤いケーブルをトラクターのバッテリーにあるプラス端子につないでからケーブルの反対側を救援車のプラス端子につなぎます。
4.黒いケーブルを救援車のマイナスにつなぎ、逆側をトラクターのマイナスにつなぎます。
5.救援車のエンジンをかけます。
6.トラクターのエンジンをかけます。
7.トラクターのエンジンがかかったら、つけたときと逆の順番でケーブルを外します。

ジャンピングスタートの注意点

トラクターと救援車が同じ電圧のバッテリーを積んでいることを確認してください。トラクターや自動車は12Vのものが一般的ですが、トラックやSUV車の中には24Vのバッテリーを積んでいるケースがあるので注意が必要です。

また、ケーブルをつなぐ順番も重要です。つなぐ順番とはずす順番を間違えると、故障したり発火したりする恐れがあるので、必ずトラクターのプラスからつなぎ始めてトラクターのマイナスで終わるようにしてください。ケーブルの許容電流もバッテリー容量に合わせて選びましょう。

加えて、ケーブルが外れないようにしっかり固定しつつ、周りのファンやベルトにケーブルが巻き込まれないように接続時は目視で確認します。ジャンピングスタートのあとには、一度エンジンがかかってもバッテリーに根本的な問題が生じていないかどうか、早めに点検・交換をすることをおすすめします。あくまでもジャンピングスタートは一時的な措置として考えるようにしましょう。

便利なジャンプスターター

救援車が近くまで入れない狭い場所でバッテリーが上がったときなど、救援車を利用しにくい場合は「ジャンプスターター」を利用すると便利です。「ジャンプスターター」は、バイクや自動車にも使用できる大容量のバッテリーです。トラクターのバッテリーにジャンピングスタートと同じ手順でつなぐと、簡単にエンジンをかけられます。

軽量でコンパクトな、スマートフォンの充電に使えるタイプも販売されているので、準備しておくといろいろと役に立ちます。久しぶりにトラクターを使うときには、前もってジャンプスターターを購入しておけば、バッテリーが上がったとしても慌てずに対処できます。

また、劣化状況を把握するためにも定期的に点検を行い、バッテリーの劣化に気づいたら新品に交換しましょう。細やかなメンテナンスや定期的な点検がバッテリーの延命につながります。

バッテリーの点検

バッテリー修理の写真

バッテリーの点検では、外観、液量、内部を確認します。外観の点検では、変形や液漏れ、端子の腐食やゆるみがないかどうかをチェックします。

液量が規定の範囲内に収まっているかどうかも重要です。液が少ないのにエンジンをかけてトラクターを使うと、バッテリーの寿命が短くなったりスパークが発生して爆発事故の原因になったりする恐れがあります。

バッテリーには、インジケーターがついている製品が多いので、インジケーターで液量と充電の状態をある程度チェックできます。液量が減少しているだけの状態なら、液を補充すれば継続して使用可能です。

内部に関しては、見た目での点検ができません。バッテリーテスターや比重計を使って点検すると内部抵抗や電圧の状態まで点検できます。確実に点検したいときや不安があるときは比重計などでチェックしましょう。

バッテリー上がりを防ぐには

バッテリー上がりを防ぐには、定期的にトラクターを使用して充電しておくことが大切です。トラクターの使用回数が少ない時期は、少なくとも3ヶ月に1回程度充電を行いましょう。

トラクターを保管するときは、保管場所にも注意が必要です。直射日光や雨露が当たる場所はバッテリーの劣化が進みやすいので、湿度が少なく直射日光の当たらない場所で保管し、急速な劣化を防ぎましょう。

お得にバッテリーを購入するには?

交換用のバッテリーは、扱っているバッテリーの種類が豊富な激安バッテリー市場での購入がおすすめです。例えば、業界最安値にチャレンジしている「カーエイドストア」では電力効率が高く、コンバージョン率3.0%を超える超優良商品が揃っているため、安心してバッテリー交換をご依頼できます。お得な価格で交換できるとトラクターのランニングコスト低下にも貢献するでしょう。

参考:カーエイドストア

中古農機具を買うなら・売るなら「中古農機市場UMM」

トラクターなどの農機具はメンテナンスコストは必ずかかります。場合によっては修理に出すより新しく購入するほうがトータル的に考えるとお得な場合もございます。

新しく農機具を導入するのも新品ではなく、中古農機具という選択肢もあります。日本のメーカーは丈夫で性能が優れている機械が多いので是非一度探してみてはいかがでしょうか。

中古農機市場UMMの詳細をみる

まとめ

トラクターのバッテリーは、長期間使用しない状態が続いたり、気温が低いところで使ったりすると不具合を起こしやすいので注意が必要です。バッテリーが上がってしまっただけであれば、ジャンピングスタートで対処できますが、劣化などの問題が起きている場合は早めの交換が必要になるでしょう。

交換用のバッテリーは、「カーエイドストア」など種類が豊富で信頼性の高いネットストアを利用し、よく比較検討してから購入するとよいでしょう。近隣のホームセンターよりも品揃えが豊富なので、賢く利用しましょう。