脱穀専用機ハーベスターの概要とコンバインとの違いを詳しく解説

B!
コンバインで小麦の収穫風景

ハーベスターは作物の収穫の際に稲などの脱穀をする機械です。多くの場合、刈り入れの機械であるバインダーとセットで使います。特徴、脱穀の歴史、同じく収穫に用いる機械であるコンバインとの違い、自走式やけん引式といった種類、使用上の注意などについて解説します。

ハーベスターは収穫のときに脱穀を専門に行う農機具です。この記事では、ハーベスターと間違われやすいコンバインとの比較や、ハーベスターの詳しい活用方法と保管要領などについてご紹介します。

また、特に脱穀の効率化を考えて専用機であるハーベスターを購入する場合や、他の農作業でも使えるコンバインなどを中古で導入する場合に考慮すべき事項についてもまとめました。農機具を中古で安く購入する方法もチェックしましょう。

ハーベスターとは何か

ハーベスター 中古農機市場UMMの商品写真

ハーベスターは農作業のうち収穫を専門に担当する機械で、収穫を意味する英語である「ハーベスト」がその名の由来です。東南アジアを中心とした外国に輸出されることもあり、その場合は動力脱穀機(パワー・スレッシャー)と呼ばれます。

ハーベスターは収穫を担う機械全般を指し、農業だけでなく林業でもハーベスターと呼ばれる専門の機械が活躍しています。いずれも手作業で収穫するのに比べ、作業を圧倒的に効率化してくれるのがメリットです。

農作業で用いるものは、日本では米作りでよく使用されます。ハーベスターの機種によってはジャガイモなど他の作物を収穫することも可能です。

脱穀の歴史とハーベスター

ハーベスターで収穫している写真

米を主食としてきた日本では、脱穀を含む農作業を機械化するのは古くからの課題でした。

江戸時代には「千歯扱き(せんばこき)」と呼ばれる、櫛のような歯のついた道具に稲穂をくぐらせて脱穀しました。明治時代には足踏みの上下運動を回転運動に変換して脱穀する「足踏み式脱穀機」が発明され、脱穀の作業を大きく省力化します。やがて回転の動力がモーターに変わるなど、機械化が進んだのです。

ハーベスター以前の機械の脱穀機はエンジンを積んでおらず、別に発動機や耕耘機といった動力を必要としました。また、タイヤなどもついてなく、発動機と合わせての移動が大きな負担となっていたのです。

これに対してハーベスターはエンジンと、移動するためのキャタピラーなどを備え、さらに作業効率を高めていきました。現在では、主に「クボタ」「イセキ」「ヤンマー」といった国内農機メーカーがハーベスターを生産しています。

使われる場面

米作りの場合、稲を収穫する時期に使用されます。収穫には稲の刈り取りと脱穀、籾の選別が必要ですが、ハーベスターに刈り取りの機能はありません。収穫の際は鎌を使用して手作業で刈り取りをすませるか、刈り取りを専門に行うバインダーと合わせて使用するのが一般的です。

ハーベスターとセットで用いられることが多いバインダーは、「デバイダー」とも呼ばれます。倒れてしまった作物を引き起こす、刈り取りする、一定量の稲を紐で結束する、走行する、という4つの機能で構成される機械です。車体は小さめで、比較的馬力の低いガソリンエンジンを搭載しています。

収穫の際にはまず、刈取りした稲を乾燥させた後、ハーベスターで脱穀し選別します。稲の乾燥は、はぜ掛けと呼ばれる天日によるものですが、新しい機種であればはぜ掛けで乾燥しなくても脱穀することが可能です。

コンバインとの違い

ハーベスターと同じように収穫の時期に活躍するものにコンバインがあります。コンバインの特徴、そのメリットデメリット、さらには一部同じ作業を行えるハーベスターとの違いや使い分け方について説明します。

コンバインとは

コンバインは作物の刈取と脱穀と選別を全て引き受けることができます。複式収穫機(ふくしきしゅうかくき)とも呼ばれます。アメリカから導入された普通型と、日本の稲作に合うように独自に開発された自脱型に分かれます。

コンバインを生産している主要メーカーは、イセキ・ヤンマー・三菱マヒンドラ農機・クボタなどです。

コンバインがハーベスターより適している場面

コンバインとハーベスターはできる作業が違います。収穫の際、バインダーは刈り入れ、ハーベスターは脱穀に特化していますが、コンバインは同時に全てを担います。一台で収穫作業のほとんどを終えることができるため、作業効率はコンバインがハーベスターに勝ります。

土地や経営規模が大規模な農地であれば、作業効率の面からコンバインの購入を検討してもよいでしょう。

コンバインよりハーベスターが適している場面

コンバインの弱点としては価格が挙げられます。高機能なだけに価格もバインダーやハーベスターよりも高く、経済的な余裕がないと購入が困難です。

また、もともと大規模農業が盛んなアメリカで開発されたコンバインは車体が大きいのも特徴です。のちに日本で稲作に適した自脱型コンバインが開発されて車体がコンパクトになりましたが、それでも平野部のある程度面積のある棚田でないと使用しにくいという問題があります。

コンバインの短所を埋めるのが、ハーベスターの長所です。一般的なハーベスターは比較的手頃に入手できるため、コンバインに比べて購入に踏み切りやすいのがメリットでしょう。

ハーベスターは山間部や小さな棚田でも活用できます。ただし、近年軽トラックに搭載可能なコンパクトなサイズのコンバインも登場しているため、「山間部や小規模農家にはハーベスターが最適」と一概にはいえません。

ハーベスターの種類

ハーベスターは自走式・けん引式の2種類に分けられます。自走式のハーベスターはエンジンと脱穀機能を一体にしたものです。けん引式のハーベスターはエンジンを搭載しておらず、トラクターの後ろにつけてけん引されるものです。

自走式のハーベスターは自走自脱機とも呼ばれます。脱穀の作業の処理能力はけん引式のものよりも優れています。人力で押して使う歩行型と、人が乗って使う乗用型があります。

自走式ハーベスターは大規模農場向けにアメリカで開発されたもので、車体が大きいので日本ではなかなか用いる機会がありません。大規模な土地活用が可能な北海道で主に用いられています。

けん引式のハーベスターは自走式よりは小型で値段も比較的リーズナブルです。主に小規模農場で活用されます。

米作りが盛んな日本では、これら二つの分類に限らずさまざまなハーベスターが展開されています。特に稲のハーベスターはコストを抑えて使用できるでしょう。

ハーベスターの購入

国内では、ヤンマー・クボタ・イセキ」といったメーカーがハーベスターを販売しています。それぞれに、選別の精度を上げたり安全性を高めたりといった工夫がなされています。根気よく探し、自分の使用方法に適したハーベスターを見つけましょう。

最近はコンバインの普及によりハーベスターの新規製造が少なくなっています。一方で中古市場は充実しており、後述のように中古のハーベスターも選択肢の一つです。

ハーベスターの構造と扱い方

ハーベスターの構造やその違いによってどのように作業方法が変化するのかといった点と、使用・保管する際の注意点を解説します。

仕組み・構造

ハーベスターの構造は、稲やトウモロコシやテンサイといった扱う作物により異なります。対象となる作物の商品になる部分が地表に出ているか地中にあるかといった構造によっても、ハーベスターの構造や作業の方法が変わります。

穀物用ハーベスターの一例では、稲藁投入口・脱穀胴・藁排出機構・籾袋受け・ゴミ排出口のある本体がキャタピラーの上に乗っている構造です。

また、ハーベスターの動力はガソリンまたはディーゼルです。ディーゼルの方が高馬力なので、作業の必要に応じて選びましょう。

ハーベスターは籾袋受けに籾袋をセットして使います。使用の際には他の農業用の機械と同じく安全対策が必要です。長袖長ズボンを着用し、周りに人がないか確認したうえで使用を開始しましょう。稲の束を投入する際に腕を巻き込まれないように注意します。

稲は雨や夜露で濡れていることがあります。稲が濡れているときには能率が上がらず詰まってしまうなど不具合が起こりやすいので、できるだけ一旦乾かすようにしてください。

手入れ・保管

カバーを外し、エンジンをかけて脱穀のスイッチを入れます。中の籾などが排出され始めるので、出てこなくなるまで待ちます。空になったら機械の奥や隙間などをしっかり洗浄しましょう。

点検時にはエンジンオイルを確認して交換します。脱穀用のベルトや走行用のベルトを確認し、消耗しているものは交換してください。

ハーベスターは穀物を扱うものだけに、保管するときに掃除が行き届いていないと生き物を招き寄せます。ネズミにケーブルをかじられたり、生き物の糞に汚染されたりする危険があるため、手入れの際には籾など有機物を落とすことが重要です。

長期間保管する際には燃料タンクの燃料を抜いておきます。風通しのいい平坦な場所を選んで格納しましょう。

ハーベスターを中古で安く入手するために

ここに書いてきたように、ハーベスターは手作業での収穫の負担を大きく軽減してくれる機械です。コンバインよりも手に入れやすいとはいえ、導入コストがかかることに変わりありません。コスト削減のためには中古での購入も検討の価値があります。

実はハーベスターは内部構造がシンプルで、中古のものでもよく手入れされていれば新品と遜色なく使用できます。コンバインへの乗り換えのためにハーベスターを手放す農家もいるので市場にも多く出回っています。

中古で購入するなら中古農機市場UMMをチェック

中古農機市場UMM

ハーベスターを手に入れたいと思っても、時季や店舗によっては目当ての商品がないことも珍しくありません。そんなときは「UMM 中古農機市場」を利用しましょう。UMM 中古農機市場は中古農機具を売りたい人と買いたい人、双方にとってメリットのあるサイトです。

UMM 中古農機市場に登録すると、新着機器をその都度通知してもらえるサービスを利用したり、お得に中古農機を購入できるキャンペーンなどの情報が受け取れたりします。会員登録は簡単なフォームに入力するだけです。お得な情報を手に入れて、ハーベスターを手に入れましょう。

中古農機市場UMMとは?

まとめ

ハーベスターは収穫時の脱穀に特化した機械です。稲作だけではなくさまざまな作物の収穫に使用されます。多くの場合、刈り入れに特化したバインダーとセットで使用することが多いでしょう。

複合的な機能を持つコンバインと比較すると作業効率などは劣りますが、導入コストが安いというメリットがあります。さらに、コンバインへの乗り換えが進んでハーベスターを手放す人も多いので、良い状態の中古品をより低いコストで購入できることも珍しくありません。

中古のハーベスターを探しているなら、UMM中古農機市場に登録してお得に手に入れましょう。