農機具の修理が必要となった場合に取り得る選択肢とは

B!
修理の写真

農機具の修理が必要となった場合、まずは修理方針を決めることが大切です。農機具の修理には、自分で修理したり、メーカーや整備業者に依頼したりなどいくつか方法があります。また別の農機具を買い替える選択肢もあります。本記事では、農機具が壊れたときの対処法について解説します。

中古農機市場UMMTOPページ

農作業中に農機具が故障するととても困ってしまいます。特に出荷まで時間がなかったり、作物の成長に影響する作業だったりすると、なおさら修理を急がなければなりません。また、時間的な問題だけでなく、費用面でも痛手になるでしょう。

農機具のトラブルに対して適切に対処できれば、その影響をより小さくできます。そこで、農機具が故障してしまった際の対処法についてご紹介します。

農機具の修理で、まず考えるべきこと

農機具は農家を支える生命線ともいえるほど大切な存在ですが、いずれ故障してしまう事態に直面します。その際は、まずは現在の状況を把握し、どのような修理方法が最適なのかを考えましょう。

壊れた農機具が直近の農作業に絶対的に必要なのかそうでないのか、どの程度の時間的余裕があるのか、といった状況によって取り得る手段は変わります。例えば、米農家において田植え機であれば比較的時間がありますが、台風の前日に収穫をしようとしている場合は修理を急がなければなりません。

また、修理にはコストがかかり、修理方法によって費用も違ってきます。海外からパーツを取り寄せたり、複数箇所の部品や構造が壊れていたりする場合は高額な修理費用を請求される可能性もあります。

もちろん、予算に余裕があるのであれば新品の農機具を購入するのが一番です。しかし、効率的な経営の中では、費用対効果を考えて故障した農機具の扱いを決定する方法がベストでしょう。

故障した農機具を修理する選択肢は?

農機具の修理に迫られた状況で、取り得る選択肢は主に3つあります。それは自分で修理する方法、メーカーや整備業者に依頼する方法、そして修理を諦めて再購入する方法です。ここでは農機具が故障した際の時間的余裕や修理に必要な予算を勘案し、ご自身に合ったよりよい選択肢を選べるように、それぞれの方法についてさらに詳しく説明します。

農機具を自分で修理する方法

農機具の故障がそれほど深刻ではなく、簡単な部品交換や調整で修理できる場合は、自分で修理をしてしまうという選択肢があります。自分で修理する最大のメリットは、費用を最低限に抑えられる点でしょう。

自分で農機具を修理する場合は、修理部品の入手を考えるところから始まります。幸いなことにネットが発達したため、近年は個人でも農機具の部品を入手しやすくなりました。単なる部品交換程度であれば十分対応可能です。

しかし、少し複雑な修理になると時間がかかってしまいます。故障部位を突き止めるのに半日程費やしてしまうこともありますし、部品が手元に届くまで時間がかかります。また、専門工具が必要な場合や、クレーンなどで重量のある部品を吊り下げるなど、一人では危険が伴う修理を個人でおこなうことは難しいでしょう。

ここからトラブルが多く発生する農機具の故障のうち、個人で修理できる具体例について紹介します。自分で修理できるかどうかの判断に活用してください。

管理機のエンジンが始動しない場合の修理方法

農機具の修理トラブルでもとりわけ多いのが管理機の故障です。そのなかでも管理機のエンジンをかけても動かないトラブルに悩まされた経験がある方は多いでしょう。

ほとんどの原因は「キャブレター詰まり」です。キャブレターとは、霧状にした燃料とガソリンを混合してエンジンに送るデリケートな装置のことです。時間が経って変質したガソリンを使ったり、空気中の塵が混ざり込んだりするとキャブレター詰まりを引き起こし、エンジンの稼働を邪魔します。

キャブレター詰まりは、分解して清掃すれば解消します。まずはエンジン本体からキャブレターを取り外します。この際、スマホなどで写真や動画を残しておくと、どの部分のネジを外したかを確認できて便利です。

分解できたら、パーツクリーナーなどを使って油分や塵などを落としていきます。ただし、ジェットノズルなどの繊細な部分は金ブラシなどでこすってはいけません。柔らかい布などで拭き上げるようにしましょう。

清掃が完了したら、分解した時の逆手順で組み上げてエンジンに取り付けます。その後エンジン始動をして、うまく動いたら修理完了です。

草刈り機・チェーンソーが動かなくなってしまった場合の修理方法

草刈り機・チェーンソーの故障も多くの農家が悩まされる問題です。これらの農機が故障したとしても、農産物の出荷などに及ぼす影響は小さいでしょう。しかし、故障する頻度が高いので、できるだけ自分で対処したいものです。

これらの故障は、搭載している2サイクルエンジンの不調によって引き起こされるケースが大部分を占めます。それぞれのケースについて症状別の対処法をご紹介します。

・エンジンスターターの紐が動かない場合

紐が絡まっている場合とエンジンが焼き付いている場合があります。紐が原因の場合は紐を外して再度取り付けるか、紐を交換します。エンジンが焼き付いてしまっている場合は、ピストンリング・ピストンピン・ピストンなどを確認して交換します。これで直らない場合は業者に修理を依頼するしかありません。

・スパークプラグ不良で火花がでない場合

エンジンに設置されているスパークプラグを取り外して清掃します。正しく取り付けないと正常に動かないので注意が必要です。それでもエンジンがかからない場合はスパークプラグを交換してください。

交換しても直らない場合は始動スイッチや停止ボタン、配線などに原因があるかもしれません。スイッチやボタン、配線の故障判定は難しいので、専用の器具と知識がある場合を除いて修理に出すことをおすすめします。

・キャブレターまで燃料が届いていない場合

キャブレターに燃料が届いていない場合は、燃料タンクや燃料コック、フィルタ、ホースが詰まっているケースがほとんどです。また、プライマリーポンプが破れている可能性もあります。プライマリーポンプは一目見れば破れているかどうかが分かり、なおかつ安価で入手しやすい部品なので、自分で簡単に修理できます。

燃料の供給に問題がある場合は、タンク、燃料コック、フィルタ、ホースをよく確認し、詰まっていると思われる部品を清掃します。それでも解決しない場合は別の原因が考えられるので、自分での修理は難しいでしょう。

・エンジンはかかるが、すぐに止まってしまう場合

基本的にエンジンがすぐに止まってしまうトラブルは、上記のキャブレターや燃料系に問題があると考えられるため、一度清掃をしてみてください。それでも直らない場合は該当する部品を交換しましょう。

大型機械を自力で修理する方法

トラクターやコンバインといった大型機械の故障であっても、バッテリー不良によってエンジンがかからない場合は自力での修理も可能です。逆にいえば、それ以外の故障は個人では手が出しにくいため、修理箇所の特定をして「個人ではどうにもできない」と判断したら早めに修理に出しましょう。

バッテリーが原因でエンジンがかからない場合の判定は意外と簡単です。まず、エンジン始動をしてみると、バッテリーが正常な場合は「キュキュキュキュ」というモーターの動作音が聞こえてからエンジンが始動します。

バッテリーが不良の場合は電力不足によってモーターを動作させることができず、「キュッ、キュッ、キュッ」といったように音が間延びします。または、何度かエンジン始動を繰り返すと音が聞こえなくなるでしょう。

こうした症状の場合は、バッテリーを充電することで復旧できます。バッテリーの交換自体は個人でも十分に対応できるので、家庭用電源に接続してバッテリーを充電する装置を購入しましょう。

ただし、大型農機具に使われている大半のバッテリーは一度完全放電してしまうと性能が大幅に低下してしまいます。応急的な復旧はできますが、今後を考えて新しいバッテリーに交換することをおすすめします。


メーカーに修理を依頼する方法

農機具が故障した際に、自分ではどこが故障しているのかすら判定できない場合があります。また、故障原因が分かっても工具がなかったり、相当な知識がないと安全に修理できなかったりするケースもあるでしょう。

出荷を踏まえて差し迫った農作業中に農機具が故障した場合は、個人で修理をする時間的余裕がないはずです。例に挙げたように事情から個人で修理ができないと判断した場合は、メーカーや整備業者(自動車整備工場などを含む)への修理依頼を検討してください。

もちろん、修理を業者に依頼すると部品代以外に工賃がかかるため、費用は高くなります。しかし、点検などもしてくれますし、修理に手馴れているので安心して任せられます。購入した店舗やメーカーの担当者と普段から連絡を取りあっていたり、馴染みの整備業者があったりすると急ぎの修理でも融通してくれる可能性があるので、上手に利用しましょう。

処分して別途購入する

自分では修理が困難で、なおかつ修理費用が高すぎる場合には、修理を諦めて農機具を処分することも視野に入れましょう。中古農機を売って、その価格を元に別の中古農機を買うという方法もあり、うまくすれば経営コストを大きく削減できます。

実は日本の農機は世界的にも評価が高いため、中古農機を海外輸出する業者に依頼すれば、古い農機具でもある程度の値段がつく可能性があります。単純に廃棄物として処分するには費用がかかるので、中古で売るというのはよい選択肢でしょう。

中古農機の売却・購入に便利な「UMM中古農機市場」

中古農機市場UMM一括見積査定

中古農機を売却する場合は、UMM中古農機市場の一括査定の利用が便利です。全国各地の加盟店へ一括見積もりを依頼し、最大10社から査定見積もりを受け取れます。UMMでの中古農機具の買い取り実績は年間5000台以上にもなり、多くの農家が利用しているので信頼感もあります。

もちろん売却だけではなく、購入も可能です。会員になると探している農機の新着通知を受け取れるサービスもあるので、必要に迫られる前に登録をしておくとよいでしょう。

一括見積もり査定を申し込む

まとめ

農機具の故障は作業の進捗に影響するトラブルの1つですが、まずは落ち着いて修理の方向性を決めましょう。故障の症状を見て、自分で修理できれば一番効率的です。

しかし、故障原因が不明なケースや、修理するのが困難な場合は早めにメーカーや整備業者に修理を依頼しましょう。それでも修理ができない場合や、修理費用が高くなる場合は農機具の売却を検討してみてください。一括見積もりサービスなどを利用すれば、損をすることなく売却できるでしょう。