野菜の保存方法一覧!常温・冷凍・冷蔵での保存するテクニック・コツとは!?

B!
野菜

野菜には色々な種類がありますが、「正しい保存方法は?」「いつまでに食べたらよい?」などの様々な疑問があります。今回は、根菜類、葉菜類、果菜類、それぞれの保存方法や保存期間、保存にまつわるテクニックを紹介します!

日頃から料理に使う野菜の正しい保存方法を知り、野菜を最後までムダなく美味しく使い切りましょう!

保存方法で野菜の鮮度は大きく変わる

冷蔵庫

野菜は、種類によって最適な保存方法や保存期間が異なります。野菜を保存する際は、主に常温・冷蔵・冷凍のいずれかで保存します。それぞれの保存方法のコツを見ていきましょう。

野菜を常温保存するコツ

野菜を常温保存する場合は、直射日光が当たらない、風通しのよい冷暗所で保管するようにしましょう。新聞紙で野菜を包んでおくと乾燥や湿気対策になり、長持ちします。また、通気性のよいかごやざる、ネットなどに入れておくのもおすすめです。夏場などの暑いときは、傷みやすいので新鮮なうちに使い切りましょう。

常温保存で日もちする野菜

  • 玉ねぎ
  • じゃがいも
  • 白菜
  • スイカ
  • なす

野菜を冷蔵保存するコツ

冷蔵庫内は乾燥しているため、水分が抜けて野菜のみずみずしさがなくなってしまうので、注意が必要です。野菜を冷蔵で保存する場合は、ラップをかけたりビニール袋や新聞紙に包んだりして、冷やしすぎや乾燥を防ぎましょう。また、野菜はいちど包丁を入れてしまうと傷みやすくなるので、カット野菜もラップを巻くかビニール袋に入れて冷蔵庫で保管してください。

冷蔵保存で日もちする野菜

  • にんじん
  • 大根
  • 長ネギ
  • キャベツ
  • レタス
  • ほうれん草
  • トマト
  • きゅうり

野菜を冷凍保存するコツ

水分の多い野菜は冷凍に向かないため、下茹でなどの加熱処理をしてから冷凍します。いちどに使う量ずつ小分けにして、ラップをしてから密閉容器に入れましょう。生のまま冷凍する場合は、野菜についた水分をキッチンペーパーなどで拭き取ることがポイントです。また、きのこは洗わず石づきを切り落として、保存袋に入れると栄養価を保てます。

冷凍保存で日もちする野菜

  • しいたけ
  • しめじ
  • えのき

野菜の種類別の適した保存方法

野菜は、根菜類・葉菜類・果菜類に分けられます。それぞれの特徴、保存方法、保存期間をご紹介します。

根菜類

乾燥しないように新聞紙やポリ袋に包み、室温の冷暗所か冷蔵庫の野菜室がおすすめです。葉がついているものは、切り落としてから保存しましょう。

にんじん

にんじん

[おすすめの保存方法]

キッチンペーパーに包んで、立てて冷蔵保存

にんじんは夏は冷蔵保存がおすすめです。水分に弱いため、湿度があるとすぐに鮮度が落ちてしまいます。表面の水気を拭き取り、新聞紙やキッチンペーパー等に包んで、保存袋に入れ頭を上にして冷蔵保存しましょう。葉がついている場合は、切り落としてください。

※寒い時期は、新聞紙にくるんだりダンボール箱に入れて冷暗所に保存することもできます。

[冷凍保存]

薄くスライスして、冷凍用保存袋に平らになるように入れそのまま冷凍します。使うときは解凍せず、凍ったまま調理します。

[保存期間の目安]

冷蔵保存:約2〜3週間

冷凍保存:約1ヶ月

大根

大根

[おすすめの保存方法]

ラップに包んで立てて冷蔵保存

大根は葉を切り落とし、3等分に切り分けて冷蔵保存する方法がおすすめです。ラップでしっかりと包み、頭の方を上にして立てた状態で保存しましょう。葉にはベータカロチンが豊富なので、捨てずに漬物などにして食べましょう。

[冷凍保存]

大根は、使いたい大きさにカットするか、大根おろしにすれば冷凍可能です。水分が多く、凍った水分が膨張して大根の繊維を壊してしまうため、解凍後に使用する料理はおでんなどの煮物が向いています。大根おろしの場合は1回分ずつラップに包み冷凍用保存袋に入れて凍らせます。

[保存期間]

冷蔵保存:葉も身も約10日

冷凍保存:約3〜4週間

じゃがいも

じゃがいも

[おすすめの保存方法]

新聞紙に包んで冷暗所で保存

じゃがいもは、新聞紙か紙袋に入れて冷暗所で保存する方法がおすすめです。芽が生えてきたり、芋に日が当たって緑色になった部分には毒素が生成されているので注意してください。

[冷蔵保存]

気温が上がる夏場は芽が出やすいため冷蔵保存をしましょう。乾燥を防ぐために、小分けして新聞紙やキッチンペーパーで包んでからビニール袋などに入れて保存しましょう。

[冷凍保存]

皮をむいて使いやすい形に切り、冷凍用保存袋に入れて冷凍しましょう。調理するときは凍ったまま、カレーなどの煮込み料理に使うのがおすすめです。

[保存期間]

常温保存:約1ヶ月

冷凍保存:約1ヶ月

じゃがいもの栽培方法病気・害虫対策についてはこちらの記事を参考にしてください。


果菜類

果菜類は暑さに強い半面、冷えには弱いため、冷やしすぎに注意が必要です。また、水分を多く含んでいるため、カットしたら早めに食べきりましょう。

きゅうり

きゅうり

[おすすめの保存方法]

表面の水気を拭き取り、キッチンペーパーで包んで冷蔵保存

[冷凍保存]

きゅうりを縦半分に切り、スプーンなどでタネの部分を取り除き、それを薄切りにしてから保存袋にいれ冷凍しましょう。

[保存期間]

冷蔵保存:約10〜14日

冷凍保存:約1ヶ月

きゅうりの栽培方法や、きゅうり栽培でかかりやすい病気・害虫対策についてはこちらの記事を参考にして下さい。


ピーマン

ピーマン

[おすすめの保存方法]

キッチンペーパーに包んで保存袋に入れ冷蔵保存

ピーマンの表面を洗い水気を拭いたら、2~3個ずつキッチンペーパーに包んで、保存袋に入れ冷蔵保存します。カットしてしまうと保存期間が短くなるので、まるごと保存しましょう。

[冷凍保存]

使う用途が使っていない場合は、まるごと保存しておくと便利です。ピーマンは凍ったままでも切りやすいので、まるごと保存袋に入れ冷凍庫に入れましょう。

[保存期間]

冷蔵保存:約2週間

冷凍保存:約2ヶ月

なす

なす

[おすすめの保存方法]

新聞紙や紙袋に入れ、風通しのよい涼しい場所で保存

なすはむき出しの状態だと水分が蒸発してしまいます。新聞紙などで包むか、紙袋に入れて風通しのよい場所に置きましょう。

[冷蔵保存]

1本ずつ、新聞紙やキッチンペーパーで包んで保存袋に入れましょう。

[冷凍保存]

食べやすい大きさにカットしたものを水に10分ほど浸して、アク抜きをしてから、小分けしてラップに包み保存袋に入れ冷凍します。

[保存期間]

常温保存:約3日

冷蔵保存:約1週間

冷凍保存:約1ヶ月

ナスの栽培方法についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

トマト

トマト

[おすすめの保存方法]

青いトマトは常温、完熟したら冷蔵保存

緑色の部分が残っているトマトは、常温で置いておくと赤く熟します。赤く熟したトマトは、ヘタを下にしてポリ袋などに入れて冷蔵保存します。

[冷凍保存]

丸ごと:ヘタ付きのまま保存袋に入れて冷凍します。冷凍すると細胞組織が壊れ面倒な皮むきが簡単です。

刻んだもの:粗みじん切りにして、保存袋に入れて平らにして凍らせます。

[保存期間]

冷蔵保存:約10日

冷凍保存:約1ヶ月

トマトの栽培方法についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

かぼちゃ

かぼちゃ

[おすすめの保存方法]

タネとワタを取り冷蔵保存

タネとワタを取り除き、水気を拭き取り保存袋に入れて冷蔵します。

[冷凍保存]

タネとワタを取り除き、1個ずつラップで包み保存袋に入れて冷凍します。

[保存期間]

常温保存:約2〜3ヶ月

冷蔵保存:約1週間

冷凍保存:約1ヶ月

スイカ

スイカ

[おすすめの保存方法]

直射日光を避けて、風通しのよい涼しい場所で保存

[冷蔵保存]

カットしたスイカは、ひと切れずつラップをして冷蔵保存しましょう。

[冷凍保存]

ひと口大にカットして種を取り除いたら、保存袋に入れて冷凍します。

[保存期間]

常温保存:約2週間〜1ヶ月

冷蔵保存:約2〜3日

葉菜類

葉菜類は傷みやすいため、冷蔵保存がおすすめです。とくに、小松菜などの非結球野菜は傷みが早いため、新鮮なうちに使い切りましょう。

玉ねぎ

玉ねぎ

[おすすめの保存方法]

日の当たらない、風通しのよい場所で保存

玉ねぎは、ネットやカゴに入れて風通しのよい場所で保存する方法がおすすめです。湿度の高い時期を避ければ、常温でも長く保存できます。

[冷蔵保存]

皮を剥いたり、カットしたものは、1個ずつラップで包んで保存しましょう。

[冷凍保存]

使いやすくカットし、1回に使う量ずつラップで包んで保存しましょう。凍ったまま直接料理に入れられるので便利です。

[保存期間]

常温保存:約3~4ヶ月

冷蔵保存:皮をむいた場合は1ヶ月、皮付きの場合は2ヶ月。

冷凍保存:約1ヶ月

長ネギ

長ネギ

[おすすめの保存方法]

切り分けて、立てた状態で冷蔵保存

長ネギは、白い部分と緑の部分の境目で切り分け、新聞紙やキッチンペーパーで包みます。それをポリ袋に入れて、立てた状態で保存しましょう。ジッパー付きの保存袋に入れて、3〜5cmくらいの水を入れておくと、さらに長持ちします。

[冷凍保存]

長ネギを洗い水分を拭き取ってから、好みのサイズにカットして保存袋に入れて冷凍します。使うときは、解凍せずにそのまま手早く切ります。

[保存期間]

冷蔵保存:約10〜14日

冷凍保存:約3〜4週間

長ネギの栽培方法についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

キャベツ

キャベツ

[おすすめの保存方法]

ひと玉なら芯をくり抜き、キッチンペーパーで包んで冷蔵保存

キャベツをひと玉丸ごと保存する場合は、芯をくり抜き、穴の中に湿らせたキッチンペーパーを詰め込みます。それをポリ袋に入れ、芯を下側にして冷蔵庫に入れて保存します。芯に詰めたキッチンペーパーは定期的に交換しましょう。

○カット後は切り口を覆いポリ袋に入れて冷蔵保存

カットしたキャベツは、切り口全体をキッチンペーパーで覆いポリ袋に入れ、切り口を下にして冷蔵保存しましょう。

[冷凍保存]

芯をつけたまま小分けにして、それぞれをラップに包みましょう。使用する際は、凍ったまま丸ごと加熱調理しましょう。

[保存期間]

冷蔵保存:丸ごとの場合は約3〜4週間、カットしたものは8〜10日。

冷凍保存:約1ヶ月

レタス

[おすすめの保存方法]

丸ごとならポリ袋に入れて冷蔵保存

レタスは、ポリ袋に入れて冷蔵保存がおすすめです。乾燥を防ぎつつも、水っぽくならないようにしましょう。

○カット後はキッチンペーパーで包んで保存袋に入れて冷蔵保存

水気をきったレタスを、湿らせたキッチンペーパーで包み保存袋に入れて冷蔵庫で保存しましょう。

[冷凍保存]

水洗いし、水気をきったレタスを、使いやすい大きさにちぎります。ジッパー付きの保存袋に入れて保存しましょう。

[保存期間]

冷蔵保存:丸ごとの場合は7~10日、カットしたものは1〜2日

冷凍保存:約2週間

白菜

[おすすめの保存方法]

新聞紙に包んで、涼しい場所に立てて保存

白菜をひと玉そのまま新聞紙に包んで、涼しい場所に立てて保存しましょう。

[冷蔵保存]

暑い時期やカット済みのものはは、冷蔵保存がおすすめです。白菜の成長を止めて鮮度を保つために、芯に深い切込みを入れるか、芯を丸ごと切り落とします。切り口をキッチンペーパーで覆い、保存袋に入れてください。

[冷凍保存]

生のまま:ざく切りにして冷凍用保存袋に入れます。

茹でる:ざく切りにした白菜を固めに茹でて、水気を絞ります。少量ずつラップに包み冷凍用保存袋に入れましょう。

[保存期間]

常温保存:約3~4週間

冷蔵保存:約8〜10日

冷凍保存:約1ヶ月

ほうれん草

ほうれん草

[おすすめの保存方法]

汚れを取り除き、保存袋に入れて冷蔵保存

傷んでいる葉や、根元の汚れを取り除き、保存袋などに入れて、葉先を上に向けて冷蔵庫で保存しましょう。

[冷凍保存]

生で冷凍:水気を拭き取り4cmの長さに切って、保存袋に入れます。ゆでて冷凍:固めに茹でて水気を取り、食べやすい長さにカットします。使う量ごとにラップに包み、冷凍用保存袋に入れましょう。炒めものやスープには凍ったまま加熱調理、サラダなら冷蔵庫で1時間解凍してから使います。

[保存期間]

冷蔵保存:約10日

冷凍保存:約3〜4週間

きのこ類

きのこ類は水気に弱く、水がついた部分から傷み黒ずんでしまうので、洗わずに保存しましょう。キッチンペーパーなどで包み保存するとより日もちします。また、きのこ類は、冷凍保存すると栄養価が保たれ、美味しく食べられるのでおすすめです。

しいたけ

しいたけ

[おすすめの保存方法]

石づきとカサに分けて冷凍保存

洗わずに石づきとカサに分けて保存します。料理に使う際は、凍ったまま調理できるので便利です。

[冷蔵保存]

冷蔵保存の場合は、石づきは切らずにキッチンペーパーに包み、保存袋に入れ保存します。このとき、軸を上にした状態で保存しましょう。

[保存期間]

冷蔵保存:約1週間

冷凍保存:約1ヶ月

しめじ

しめじ

[おすすめの保存方法]

石づきを切り落とし、ほぐして保存袋に入れる

洗わずに石づきを切り落とし、ほぐして保存袋に入れて野菜室で冷蔵保存します。ほぐして保存すれば、調理する際に、すぐに使えて便利です。

[冷蔵保存]

冷蔵保存の場合も、石づきを切り落とし保存袋で冷凍保存します。

[保存期間]

冷蔵保存:約1週間

冷凍保存:約1ヶ月

えのき

えのき

[おすすめの保存方法]

石づきを切り落とし、ほぐして保存袋に入れる

洗わずに石づきを切り落とし、食べやすい大きさにほぐしたら保存袋に入れ野菜室で冷蔵保存します。食べやすい大きさにほぐして置くと調理の際に便利です。

[冷蔵保存]

冷蔵保存の場合も、石づきを切り落とし、食べやすい大きさにほぐして冷凍保存します。

[保存期間]

冷蔵保存:約1週間

冷凍保存:約1ヶ月

まとめ

野菜

今回は、野菜の種類別の保存方法や保存期間をご紹介しました。それぞれの野菜に適した保存方法を知って、美味しくいただきましょう!

こちらのは、有機野菜宅配のおすすめを紹介していますので、あわせて参考にしてください。

その他関連記事