農業経営の資金調達方法ご紹介!即日OK!おすすめファクタリング3選

B!
ファクタリング

農業を始めるために必要な資金を具体的に説明しています。また、資金を用意するための手段や、運営コストを抑える方法についてもご紹介。さらに、農業を継続していくためにおすすめの資金調達手段「ファクタリング」について見ていきましょう。

農業は自然に触れ合いながら作物を育て、収穫物を消費者に届けられるやりがいのある仕事です。現代においても農業に興味のある方は決して少なくありません。

新規に農業を始める場合には資金が必要です。しかし、新規就農は準備する土地や設備が多く、農業を始めるためにはどの程度の資金必要なのか、分からない方も多いのではないでしょうか。今回は、新規就農に必要な資金の額や、就農前後の資金調達について詳しく解説します。

農業を始めるために必要な資金はどれくらいかかるのか

「全国新規就農相談センター(一般社団法人全国農業会議所)」が実施した調査によると、2016年に新規就農者が営農にかけた金額は569万円にも上ります。その反面、新規就農者が用意した自己資金の平均額は営農費用が232万円でした。

その差額は倍以上あり、金額は337万円です。また、営農資金を除いた生活資金として準備した資金は159万円でした。

つまり新規就農者が準備した全資金の平均額は391万円であり、たとえ生活資金から営農費用を転用しても178万円も不足する状態だったのです。

就業案内読本2020

農業資金の初期費用を抑える方法

以上の結果から、農業を始めるための資金は、多くの新規就農者にとって予想以上の高額であったことが分かります。実際に農業を始めると、事前に想定できなかったさまざまな支出が発生するのです。これが、新規就農の難しさともいえるでしょう。

就農後、資金が不足しないようにするためには、十分な資金を準備したうえで、さらに可能な限り初期費用を抑える工夫が必要です。

借地の活用

農業を始めるには、必ず農地が必要です。購入する場合は多額の資金が必要になるため、経営が軌道に乗るまでは借地で営農するのが一般的です。

財団法人「日本不動産研究所」が発表した資料によると、全国の農地賃借料の平均価格は10アール当たり田んぼが1万778円、畑が5,562円でした。その反面、農地を購入する場合には、10アール当たり田んぼが81万8,405円、畑が46万9,785円必要です。

農地の購入は賃借数十年分に相当することが分かります。もちろん、購入した場合、自分の土地として将来にわたって営農に使えるのは大きなメリットです。とはいえ、少なくとも営農が安定するまでの段階では、借地の方がコスト面では望ましいでしょう。

農地の価格と賃借料

低資金でも取り組みやすい作物を選ぶ

初期費用を抑えるためには、低資金でも取り組みやすい作物を選ぶことが大切です。「絶対にこの作物を作りたい」といったこだわりがないのであれば、農業で十分な収入が得られるまでは、資金面を優先させましょう。

露地野菜

最も低資金で取り組める作物は、露地野菜と呼ばれる作物で、平均初期投資資金は319万円です。これらの野菜には、キャベツ・レタス・キュウリ・ナス・ハクサイ・ダイコン・エダマメなどがあります。消費量も大きい野菜ばかりなので、需要がなくなることはありません。

ただし、露地野菜はその年の気候や天候によって収量や取引価格が左右されやすいことや、栽培可能な地域が限られるといった特徴があります。実際に選択するかは慎重に検討しましょう。

果樹

次に低コストで開始できるのが、果樹です。ウメ・モモ・サクランボ・ブドウなどの果実に取り組む場合の平均初期資金は360万円で、限られた資金で農家になるという点では優れています。

ただし、果樹を苗木から育てるという条件の場合、収穫まで数年間かかるということを念頭に置いておく必要があります。新規就農者としての理想は、果樹が既に成木になっている農地を賃借することです。

初期費用が大きい作物

米を栽培する場合には平均で556万円の資金が必要です。米の栽培過程では、田植機やコンバイン、トラクターなどの農機を用意しなければいけません。さらに、初期投資金額がかさむ割に、安定性に欠けるという欠点もあります。

また、米の収穫は多くの地域で年1回です。そのうえ、台風などの気象変化による影響を受けやすい作物ですので、新規就農したその年に大きな被害を受けると、農業の継続が困難になってしまうおそれがあります。

多額の初期投資資金が必要となるのは、施設野菜と呼ばれる作物です。メロンやイチゴ、トマト、ピーマンなど、ビニールハウスなどの施設を設置して栽培する品目が該当します。

その平均額は826万円にも上ります。また、初期資金のみではなく、ビニールハウスの補修や、温度管理のための機械、燃料などの費用が毎年必要です。

新規就農者の就農実態に関する調査結果

中古農機を購入することでコストを抑える

中古農機市場UMM~農機具一覧~

日本製の農機は高性能なだけでなく、メンテナンス性に優れ長持ちする傾向があるため、中古市場も充実しています。

『中古農機市場UMM』を利用すれば、就農に必要となる中古農機を探しやすいでしょう。程度にもよりますが、まだまだ使える農機が新品価格の1/3程度で購入できる場合もありますので、ぜひ検討してください。

アフタサポートや特別会員価格でさらにお得に購入することも可能となっております。販売店も一定の基準審査を通過した業者のみが登録しているので、安心して購入ができます。

中古農機具の購入はこちらから

関連記事 トラクターの選び方

就農資金を準備する方法

では就農資金を準備する方法には、どのようなものがあるでしょうか。農業は気候や天候の影響を受け、計画した収入が得られない場合もあるため、予備資金は多いほど安定します。可能な限り複数の手段で就農資金を準備するとよいでしょう。

貯金する

最も優先するべきは、就農以前に働くなどして、貯金を十分にしておくことです。当然のことながら完全な自己資金ですので、返済や利息のことを考えずに済みます。

農家の担い手を募集している地域で、農業の仕事をしながら資金を貯められるのであれば、同時に技術も習得できるため一石二鳥です。

自治体などの助成金を申請する

新規就農者を支援するため、政府や自治体などが補助制度や給付金などを用意しています。就農しようとする方の年齢やさまざまな条件によって利用できる制度が変わるため一概にはいえませんが、民間で融資を受けるよりもはるかに有利な条件で資金を準備できます。

まずは就農する地域を決め、その地域の自治体などに助成金や制度の有無とその内容・条件などを問い合わせましょう。

クラウドファンディングを利用する

農業に限らず、事業を始める際に資金を調達する方法として「クラウドファンディング」が普及しつつあります。出資者を広く募るためにはアピールの手段や内容を充実させる必要はありますが、少ないリスクで資金を用意できるため、一考の余地があります。

最近ではSNSを活用して、農業関係者が多額のクラウドファンディングに成功している事例も多々あります。

日本の農業を守るため、魅力を十分に伝え共感を生むことで多くの人から協力を得ることができます。もちろんリターンも必要になってきますが試してみる価値は十分にあります。

農業の事業安定に最適な資金調達方法「ファクタリング」

新規に就農を開始できても、安心はできません。初年度の収穫を次年度以降の営農資金として、農業経営の安定を図る必要があります。

新規就農以降の資金調達方法として、融資など以前からある方法も選べますが、近年特に注目を集めている方法が「ファクタリング」です。

ファクタリングの仕組み・メリットとは?

ファクタリングとは、売掛金を債権として、事業資金を調達することをいいます。従来の融資と違う点は、利息負担などが発生せず、利用に自分の審査が必要ないことです。

また即日調達対応が可能な会社も多く、急なキャッシュフローの変化にも準備することができます。

農業とファクタリングは相性が良い!

このファクタリングが特に農業経営者から注目されているのは、農業とファクタリングの相性が良いためです。

農業においては、天候・気候・気象変化という避けられないリスクがあり、いつ営農に問題が発生するか見通すことは難しいものです。ですので、突然農機や施設が破損した場合には、すぐにカバーできる資金が必要です。

ファクタリングは予備資金が不足している場合に、迅速かつ低コストで資金の調達が叶います。つなぎ資金として活用することで、農家の資金繰りが容易になるでしょう。

具体的には、直接契約している業者や道の駅、特産品販売店などに売掛金がある場合、それを事業資金に変えて農機や設備の修復や購入に充てることが可能です。ファクタリングを利用することで、収穫までの農作業を継続できるでしょう。

おすすめファクタリングサービス3選

ファクタリングは、今日では様々な企業、団体が提供しています。経営のリスクを最低限に抑えながら事業を拡大できるメリットから現在注目されているビジネスでもあります。今回はその中でも厳選したおすすめサービスを紹介いたします。

「日本中小企業金融サポート機構」

営利企業より有利な条件でファクタリング

「郵送ファクタリング」で時間と資金のコスト削減

郵送ファクタリングサービスを利用した場合、時間と資金のコストを最大限に削減できます。従来であれば、契約のために業者まで赴かなければならず、そのためには時間と交通費が必要でした。契約までの所要時間は往復時間を含まずに概ね3時間程度です。

郵送ファクタリングであれば、最短30分、510円の送料で済みます。書類に捺印しポスト投函するだけでいいので、忙しい農作業の隙間時間で契約が可能です。

10秒無料査定はこちら

従来のファクタリングとの違い

  • 【従来】平均3時間30分+交通費5万円(契約および往復時間を含む)
  • 【郵送】最短30分+送料510円
  • 日本中小企業金融サポート機構が提供するファクタリングのメリット

    ファクタリングのメリットとしては、早期の資金調達が可能な点や、赤字や負債、税金を滞納しているなどの資金トラブルがあっても利用できる点、借入ではないことから銀行融資に響かない点、取引先に知られることなく利用できる点などが挙げられます。また、個人事業主・法人経営にかかわらず利用できるサービスです。

    ファクタリング以外でも農業経営の安定化を支援

    日本中小企業金融サポート機構は非営利団体です。売掛金が不足している、持っていない方でも、ファクタリングでの資金調達以外にもトータルでの営農支援を受けられます。

    サポート業務とは、助成金・補助金に係わるサポート、作物などの在庫買い取り支援、事業継承等に係わるサポート、事業マッチングなどです。農業経営をさらに安定させたいという方は、一度確認するとよいでしょう。

    日本中小企業金融サポート機構

    「アクティブサポート」

    とにかく簡単!会社にいながら最短30分で調達が可能なファクタリング

    今すぐ資金化したい!なるべく手数料を抑えたい!
    そんな方にお勧めなのは株式会社アクティブサポートのファクタリングサービス

    アクティブサポートとは?

    審査のスピードが最短30分という驚異的なスピードに加え、業界最安水準の手数料2%~を実現。300万までなら即日融資が可能で、急な出費が発生しても心配ありません。

    こんな方におすすめ

  • 売り上げはあるのに、支払いサイトが長く入金までのキャッシュフローが追い付かない
  • 仕事は受注したが、先出の費用・仕入れが必要になった
  • 税金滞納があり、銀行・ビジネスローンからの融資がでない
  • 個人情報や信用情報がでまわりそうで不安
  • 季節的に仕入れ、販売の数にどうしても差が出てしまう農機具にとって、高額商材まで柔軟に対応できることから、非常に親和性も高く安心して利用することができます。

    他社から乗り換えを検討している方も、簡単に申し込みが可能ですので是非一度お試しください。

    資金調達は弊社へ!完全無料見積30分

    「チョウタツ王」

    ファクタリングの一括見積査定で事業資金を早期調達!

    ファクタリングを申し込む際は複数(2~3社)程度申し込みを行うのが一般的となっています。

    どこへ申し込めばいいかわからない。いちいち申し込むのが面倒くさい。

    そんなお悩みをお持ちの方必見のサービスプランが「チョウタツ王」

    完全無料の一括見積査定

    ファクタリングは会社によっても条件は異なり、初期段階の審査に落ちてしまうこともよく見受けられます。

    「チョウタツ王」では全国の100社を超える会社の中から、信頼性の高い企業を厳選し、一括で査定見積もりを出すことが可能です。

    事業とマッチする条件を比較することができ、時間・労力ともに短縮できるのが一番の魅力です。ぜひ一度お試ししてみてはいかがでしょうか。

    融資よりも≪≪爆速早い≫≫借りない資金調達!

    まとめ

    新規に農業を始めるためには、多額の資金が必要であり、その額は平均で569万円にも上ります。しかし、新規就農者が用意する平均資金は大幅に不足していることが分かっています。また、初期資金だけではなく、次年度以降の営農資金にも考慮が必要です。

    非営利活動団体である日本中小企業金融サポート機構が提供するファクタリングは、低リスクでの資金調達ができます。即日の入金ができるなど多くのメリットがありますので、事業資金が必要な方におすすめできるサービスです。