スズメの駆除方法|巣を作らせない対策グッズや被害を防ぐ撃退方法

B!
スズメ駆除

スズメは一見すると小さくかわいい姿をしているため、害鳥と考える人は少ないかもしれません。

ただし家に巣を作られた場合は、フン害や鳴き声や害虫の発生など、さまざまな被害を招く可能性があります。

農家であれば、野菜やお米が被害にあうことも珍しくありません。しかしスズメは法律で保護されているため、基本的に捕獲や駆除は禁じられています。

スズメを駆除したい場合は、専門の駆除業者に依頼することをおすすめします。
ホームレスキューは駆除だけでなく、清掃や再発防止のための修繕工事もやってくれます。最長10年の保証もあるので初めての方でも安心です。

「ホームレスキュー」で今すぐ無料見積もり

スズメを駆除するのは法律で禁止

スズメ駆除

スズメは「鳥獣保護管理法」で保護されている動物です。捕獲や駆除、卵の採集は違法であり、違反した場合には1年以下の懲役または100万円以下の罰金が課せられます。

ただし、これはあくまでスズメ自体に触れる場合です。巣を作り始めたころやヒナが巣立った後であれば、ヒナもおらず卵もないため巣の駆除は可能です。

スズメ駆除を業者に依頼した時の費用

かかる費用

自分でも巣の駆除は可能です。ただしスズメは巣を高いところや狭い場所に作ることが多く、素人では危険な場合もあります。

業者であれば費用はかかりますが、安全に駆除が可能です。また業者は鳥獣保護管理法に触れないよう、申請と許可を取れるため安心して任せられます。

スズメは決して清潔な生き物ではありません。感染症のリスクなどを下げるためにも業者への依頼が無難でしょう。

業者に駆除を依頼した場合には費用が発生します。大まかには巣1箇所につき2万円から3万円ほどです。(料金は業者や地域、駆除する内容によっても変化します。)

巣を作られないように対策を行えば、さらに料金は上乗せになります。基本的には前もって見積もりを作成してもらえるため、納得できる料金で依頼しましょう。

スズメの駆除業者おすすめ5選

おすすめのスズメ駆除業者を紹介します。

費用を抑えたいなら!ホームレスキュー

ホームレスキュー

出典:ホームレスキュー

ホームレスキュー」は、関東・関西・東海エリアを対象としている駆除業者です。
見積もりは必ず駆除担当者が対応するため、追加料金は発生しません。

もちろん現地調査や見積もりは無料でしてくれます。

中間マージンなしや薬剤の大量発注などにより、あらゆるコストをカットしているため業界最安値を実現しています。

年中無休で営業しているため、急な依頼でも対応可能。
メールでは24時間受け付けているため、夜しか連絡できない場合でも問題ありません。

さらに、問い合わせの電話から最短30分で自宅にかけつけてくれるところも魅力的です。

駆除後の消毒や掃除、リフォームまで対応しているため、何度対策をしても鳩が巣を作ったり侵入したりして困っているなどのお悩みも解決してくれます。
修繕工事を行った場合、最長10年の保証をしてくれるので安心して依頼できますね。

「ホームレスキュー」で今すぐ無料見積もり

point!

  • 費用最小限!圧倒的なコストパフォーマンス
  • 追加料金一切なし!
  • 最短30分で現地到着!

利用シェアNO.1!害獣駆除110番

害獣110番

出典:害獣110番

害獣駆除110番は日本全国に対応しており、24時間365日受付対応しているため、おすすめの害獣駆除業者です。
あらゆる害獣に関して専門知識が豊富で、最適な駆除方法を提案。
さらに、駆除だけでなく殺菌・消毒、駆除後の清掃まで徹底的にしてくれるので、再発を防げます。
現地調査や見積もりは無料!

天井から害獣がいる気配がしたり、畑が荒らされているなど少しでも心配な方は、お気軽に相談してください。

24時間365日全国受付対応中!
\通話料無料!害獣駆除をすぐ相談/

0120-578-046

point!
  • イタチ・ハクビシン等の駆除 利用シェアNo.1
  • 低料金で安心!調査見積り0円
  • 問い合わせ実績210万件!

アットレスキュー

アットレスキュー

出典:アットレスキュー

害獣でお悩みなら、アットレスキューがおすすめです。2007年に創業してから害獣駆除の実績と経験を重ね、多くのお客様から満足度を得ています。駆除のみだけでなく、消毒や清掃まで行ってくれて、最長5年の保証付きなので安心して依頼できます。24時間受付をしているので、自分の都合に合わせて相談ができて、便利です。現地調査や見積もりは無料でできますので、ぜひお気軽に相談してみてください。

【アットレスキュー】に見積もりする

ハウスプロテクト

ハウスプロテクト

出典:ハウスプロテクト

ハウスプロテクトは「関東・関西・東海・中四国・九州」と、幅広い対応エリアを持ちます。スズメを含む害鳥だけではなく、多くの害獣駆除にも対応しています。

現場での調査や見積もりは無料で、追加料金も発生しません。ハウスプロテクトはリフォーム会社が母体となっているため、被害を受けた場所の修復だけではなく、再発防止の施工も任せられます。

すべての工程を一任できるのも、ハウスプロテクトの強みです。

【ハウスプロテクト】に見積もりする

害獣駆除専門 ムシプロテック

害獣駆除専門 ムシプロテック

出典:ムシプロテック

ムシプロテックも全国に加盟店を持っているため、全国の駆除に対応可能です。見積もりも無料であり、365日対応しています。

また駆除実績が豊富なため、さまざまな状況にも対応可能です。対応している時間帯も24時間なので、急な依頼や夜中の作業もできます。

【ムシプロテック】に見積もりする

スズメの特徴

スズメ

スズメの特徴や生態について解説しましょう。特徴や生態を知ることで、駆除だけではなく今後の対策にも役立ちます。

スズメの生態

スズメは臆病な性格から集団で行動するため、鳴き声やフンなどが集中し、人に被害を与えることも多くなります。

稲科の植物を好んで食べます。基本は雑食性なので、人間の出したゴミがエサになることも珍しくはありません。

繁殖期は1年に2回あり、時期は3月から8月です。繁殖期が多いわけではありませんが、家に巣を作られると長期間過ごされることになります。

スズメは「空飛ぶネズミ」と言われることもあり、フンには感染症やアレルギーをもたらす菌が大量に含まれています。

人への健康被害は意外に多く、身近なスズメの巣は危険とも言えるでしょう。

スズメの巣や生息地

スズメは全国に広く分布しており、天敵のカラスが人を避ける傾向にあることから、人の近くで生活することが多いです。人の近くのほうが天敵に狙われる可能性が少ないため、繁殖場所も家や都心部に集中しています。

人の近くで生活するからこそ、スズメによる人への被害は想像しているよりも大きいのです。

スズメによる被害

スズメ

スズメによる被害は、大きく分けて4つあります。家や近くにスズメが集中していない場合には、被害を感じないでしょう。

しかし、巣を近くに作られた場合には、深刻な被害に発展する可能性があります。

フンによる被害

巣を作られた場合、周りにはフンを落とされます。

自分の家であれば外壁が汚れるだけではなく、ベランダに干している洗濯物につく場合もあります。

また、スズメのフンは大量の菌を含んでいるため、感染症やアレルギーを発症する要因となる可能性も高いです。

自分の家に巣を作られた場合には近隣にフン害や騒音被害が及ぶこともあり、トラブルにも発展しかねません。

鳴き声による騒音被害

スズメの鳴き声は決して大きいものではありません。しかし、家の敷地内に巣を作った場合には騒音となる可能性があります。

とくにスズメは集団で行動するため、想像以上に大きな音になることも珍しくありません。

周りにもともと自然が多い地域では気にならないかもしれません。都心部などの早朝では、眠りを妨げられる原因になるでしょう。

またヒナが孵化すれば、早朝に限らず1日中鳴き声が聞こえることもあります。音に敏感な人の場合は、大きなストレスになるでしょう。

農家のお米が食べられる被害

スズメは稲科の植物を好んでエサにします。そのため、米農家にとっては農作物が被害に遭うこともあります。

収穫後であれば納屋など、スズメが侵入できない場所へ保管しましょう。しかし、スズメは実がなり始めたころの「もみ」を食べるため、収穫すらできなくなることもあります。

また、種もみを食べられてしまうことも多く、農家にとっては大きな被害になります。防鳥テープやかかしなどの利用が最も多く取り入れられている対策です。

害虫発生による被害

スズメにはダニやノミがついていることが多く、住みつかれた場合には家の中に害虫が侵入することもあります。

またスズメのフンに害虫が発生することもあり、害虫の直接的な被害だけではありません。ダニやノミが家の中で繁殖すると、さらなる健康被害の可能性も高くなります。

「ホームレスキュー」で今すぐ無料見積もり

自宅にできたスズメの巣を駆除する方法

鳥の巣

自宅にできたスズメの巣を駆除する方法は、大きく2つです。

  • 自分で駆除する
  • 駆除業者に依頼する

自分で駆除する場合は、「鳥獣保護管理法」に違反しないように注意しましょう。巣の駆除自体に問題はありませんが、スズメの捕獲は禁止されており、巣にヒナがいたり卵がある場合は駆除できません。

あくまで、巣のみを駆除することになります。また、スズメは同じ場所に巣を作る習性があるため、完全な駆除と侵入されない対策が必要です。

もう1つの方法は、駆除を専門としている業者に依頼することです。スズメは菌も多く持っているため、安易な駆除はよくありません。

基本的には、スズメを含む害鳥に詳しい業者へ依頼しましょう。安全面だけではなく再発防止の施工も可能なため、自分で駆除するよりも確実です。

自分で駆除する方法も詳しく解説します。

必要な道具を揃える

スズメの巣は、蜂の巣のように危険なものではありません。しかしスズメのフンには菌が大量に含まれており、安易な駆除は危険です。

最低限、次のものは用意しましょう。

  • マスク
  • 手袋
  • 長袖・長ズボン

自分で駆除する場合には最低限、上記の服装を徹底し、安全面に配慮しましょう。

安全面で不安な場合は、最初から業者への依頼がおすすめです。

巣を完全に駆除する

鳥獣保護管理法に従うため、巣の中にヒナや卵がないか確認しましょう。もし、どちらかが巣の中にある場合は駆除できません。

巣は頑丈なものではなく、木の枝などを集めただけのものなので簡単に除去できます。ただし高い場所に巣を作ることもあるため、必要に応じて脚立や長い棒などの準備をしましょう。

巣を完全に駆除した後は、周辺のフンを綺麗に掃除します。さらに、消毒液などで巣のあった場所を消毒すれば安心です。

再発防止の対策をする

巣を駆除した後は、新しく巣を作られないための対策が必要です。ネットを使って物理的に侵入できなくしたり、忌避スプレーなどで近寄り難い環境を作ります。

スズメは同じ場所で巣を作ろうとするため、対策は必須です。ただし個人での対策は限界があるため、駆除から再発防止の対策までを業者に依頼したほうが安心でしょう。

スズメの対策方法と対策グッズ

スズメに一度、巣を作られた場合には対策を行いましょう。被害対策をしなければ、再度、巣を作られることもあります。

さまざまな対策グッズが販売されているため、それぞれ紹介していきます。

自宅に新たな巣を作らせない対策グッズ

自宅に新たな巣を作らせない対策グッズです。購入や設置が大変なものばかりではなく、手軽なグッズもあります。

忌避スプレー

忌避スプレーは、スズメの嫌う匂いをスプレーしておくことで寄り付かないようにするものです。価格も手頃で、使い方も寄せ付けたくない場所にスプレーするだけと手軽です。

しかしスズメ専用の忌避スプレーは販売されておらず、主にはハト用が多いため、効果を感じにくい場合があるかもしれません。手軽に予防してみたい方向けの対策グッズです。

超音波

最近では、ネズミを含む害獣避けとして超音波式のグッズが注目されています。超音波は人に聞こえない周波数のため不快感もなく、安全に害獣や害鳥を追い払えます

価格も高くはなく、害獣にも害鳥にも効果を発揮することが多いのも大きな特徴です。ただし、対策グッズ全般に言えることですが、100%の効果は難しいため、他のグッズとの併用が好ましい部分もあります。

防鳥ネット

物理的な対策としては、防鳥ネットが一番でしょう。ネットを張っておけばスズメは侵入できないため、巣を作られることもありません。

ただし、網目は細かいものを使いましょう。網目が大きいと体の小さなスズメは侵入してしまいます。

目安としては、網目が20mm以下のものです。20mmより大きい網目であれば侵入される可能性があります。

また、防鳥ネットは端までしっかりと隙間を埋める必要があるため、難しい場合は業者へ依頼しましょう。

天敵カラスの人形

スズメの天敵は大型の鳥類であり、身近なのはカラスです。スズメはカラスから身を守るために人の近くで生活しているため、天敵であるカラスを本能的に避けます。

最近は安価でも効果の高いカラスの人形が販売されているため、最初の対策にもおすすめの方法です。

スズメからお米を守る対策グッズ

農家は規模が大きいため、家庭でできる対策とは違った工夫が必要です。

防鳥テープ

スズメは光るものや長い形状のものを嫌います。そこで、キラキラした防鳥テープが田んぼにはおすすめです。

ネットの場合は田んぼ全体を覆うのが難しいですが、テープであれば張り巡らすだけなので、農作業の邪魔にもなりません

爆音機

爆音機は、大きな音を出してスズメを追い払います。多くの商品はセンサーで動きを感知して音を出すため、音は鳴り続きません。

爆音機の種類は小型から大型まで幅広く、予算や場所によって選択できます。

ただし、自治体によっては周辺住宅への配慮が必要な場合もあります。近所のトラブルにもなり得る方法なので、自治体の方針なども確認しておきましょう。

かかし

昔ながらの方法では、かかしの設置があります。人型のかかしでも一定数の効果はありますが、スズメには大型鳥類のかかしがよいでしょう。

鷹などの猛禽類をモチーフにしたかかしも販売されており、価格的にも安価です。田んぼの場合は、範囲に合わせて複数個のかかしを設置することで効果が高まります。

防鳥テープなどを組み合わせれば、さらなる効果を期待できます。

まとめ

スズメは小さく身近な鳥なので、害鳥とはあまり考えられていません。しかし家に巣を作られた場合には、健康被害を含むさまざまな被害があります。

巣を見つけた場合には早急な駆除が必要です。スズメは鳥獣保護管理法で守られているため安易な駆除はできませんが、ルールさえ守れば駆除できます。

また稲科を好んで食べるため、米農家への被害もあります。いずれの場合も早めの駆除と予防が重要であり、個人で難しい場合には専門の業者へ依頼しましょう。

「ホームレスキュー」で今すぐ無料見積もり