イタチとテンの簡単な見分け方|人や農作物に与える被害や駆除方法を紹介

B!

みなさんは、イタチやテンの見分け方がわかりますか?
普段、生活している上で見分ける必要はありませんが、自宅に住み着いてしまったり、農作物に被害が及んだ場合には見分ける必要があります。

それぞれの害獣を見分けることで、駆除など、必要な対処方法がわかるでしょう。
イタチやテンではそれぞれ対処方法が異なるため、今回の記事を参考に確認してみてください。

また、簡単な見分け方だけではなく、「どのような被害があるのか」や「駆除の方法」、「駆除の注意点」なども解説していきます。

イタチに似た動物

最初に、イタチに似た動物を3種類、紹介していきます。
他にも、オコジョやフェレットなど、似た動物がいますが、今回は省きます。

オコジョは個体数自体が少なく、限られた土地にしか生息していません。
また、フェレットは基本的に野生化していないため、見かけることがないでしょう。

イタチ

オス メス
体長 27cm〜37cm 16cm〜25cm
尾の長さ 12cm〜16cm 7cm〜9cm

イタチは全国的によく見られる動物で、日本には2種類、分布しています。
1種類は日本の固有種である「ニホンイタチ」、もう1種類は中国大陸から入ってきた「チョウセンイタチ」です。

上記の表はニホンイタチのもので、チョウセンイタチはもう少し大きくなります。
西日本ではチョウセンイタチを中心に分布が広がっています。

また、イタチは冬眠せず、昼夜問わず活動することも大きな特徴です。

テン

体長 40cm〜55cm
尾の長さ 15cm〜20cm

イタチと一番似ているのがテンです。
体の大きさはイタチよりも大きくなります。

基本的な分布は、本州と四国、九州で、絶滅危惧種に指定されています。
しかし、北海道と佐渡島には人為的に移入し野生化していますが、絶滅危惧種には指定されていません。

ハクビシン

体長 51cm〜76cm
尾の長さ 40cm〜60cm

イタチとテンよりも、さらに大きいのがハクビシンです。
また、ハクビシンは、イタチやテンのようなイタチ科ではありません。

ハクビシンは食欲が旺盛な雑食性で、小動物や昆虫から、果物まで幅広く食します。


イタチ・テン・ハクビシンの見分け方

この項目では、イタチとテン、ハクビシンの見分け方を解説していきます。
全体的には似ている3種類の動物ですが、細かく見ていけば判断できるでしょう。

どの害獣なのかを判断することで、駆除や予防がしやすくなります。

イタチ・テンの撃退グッズはこちら

見た目

まずは見た目から確認していきましょう。
主に毛色や模様で見分けられます。

イタチ

日本イタチは茶褐色で、チョウセンイタチは夏が暗い茶色、冬には明るい茶色になります。
顔まわりなど、多少の色が入っていることもありますが、基本的にイタチは1色なので、見分けやすいです。

テン

見た目はイタチと大きく変わりません。
しかし、毛色と模様には大きな違いがあります。

夏は黒めの黄褐色で、冬は明るい黄褐色です。
また、胸元は全体の毛色よりも薄い色になるため、体全体で2色ほどになります。

ハクビシン

ハクビシンは全体が茶色から灰色、頭部分と足先は黒色です。
また、顔の中心に白い線が入っているため、他の種類よりも見分けやすいでしょう。

顔はイタチやテンほど鋭くないため、どちらかと言えば、タヌキと間違われます。
イタチよりは丸く、タヌキよりは鋭い見た目です。

基本的には顔に白い線がはいっていれば、ハクビシンと考えて間違いありません。

大きさ

大きさは、3種類の中でハクビシンが一番大きく、テンが中間、イタチが一番小さくなります。
イタチとテンは10cmほどしか大きさが変わらないため、大きさの違いはそこまでありません。

しかし、ハクビシンは体が大きく、体型もイタチやテンほど細くないため、分かりやすくなっています。
イタチのオスはテンに近い大きさになるため、イタチとテンは大きさで見分けにくいです。

鳴き声

続いて、鳴き声で見分ける方法です。
見た目が似ている3種類ですが、鳴き声は大きく違ってきます。

まず、イタチは「キーキー」や「ククク」といった鳴き声です。
テンは「フィヤフィヤ」、威嚇時には「ギュゥギュギュ」と鳴きます。

ハクビシンは「キューキュー」や「キーキー」といった鳴き声です。
文字ではわかりにくいですが、イタチは歯切れ良く高い声で鳴き、テンは鳥のように柔らかく鳴きます。

また、ハクビシンはイタチに近いですが、音の鳴るおもちゃのような声です。

糞も見分けるための重要な要素です。
畑や家の周辺など、害獣が住んでいる場合には糞が残っているでしょう。

先にそれぞれの特徴を表で紹介します。

形状 特徴
イタチ 細長い 臭いが強い
テン 細長い 量が多い
ハクビシン 丸い 5cm以上と大きい

糞の特徴は上記の通りです。
まず、イタチ科であるイタチとテンは細長い形で、臭いが強いことが大きな特徴です。

また、テンは糞の量が極端に多いので、わかりやすくなっています。
ハクビシンはイタチやテンと比べると糞が大きく、果物や木の実の種が混じっています。

残っている糞を見れば、ある程度の種類が特定できるでしょう。

イタチ・テン・ハクビシンが与える被害

イタチとテン、ハクビシンは人間に対して被害を与える害獣としても有名です。
ただし、直接的というよりは、間接的な被害と言ったほうが正しいかもしれません。

主な被害を見ていきましょう。

イタチ・テンの撃退グッズを購入する

農作物

最初に農作物ですが、害獣と呼ばれる「イタチ・テン・ハクビシン」は野菜や果物も食べるため、畑の被害もあります。
特に、山や森でも木の実といった甘いものが好きなので、果物を栽培している場合には注意が必要です。

3種類とも、大規模な畑を食い尽くすほどの被害はありません。
しかし、家庭菜園や兼業農家といった小規模な栽培では、収穫できなくなることもあり得ます。

糞害

一番、大きな被害とされているのが糞害です。
まず、イタチ科は糞の臭いが強く、主に家屋へ住み着かれた場合、大きな被害となります。

イタチは糞に水分を多く含んでいるため、屋根裏で糞をされると、木材が腐る可能性もあります。
家に住みつかれると、最悪の場合には家の寿命を縮めることにもなるため、早めの駆除が必要です。

病原菌

野生動物の多くは、人間にとって有害な病原菌を媒介します。
また、身近なところでは、ダニやノミなどを家の中に連れ込む可能性があります。

病原菌の危険は、今回紹介しているイタチやテン、ハクビシンに限った話ではありません。
しかし、日本に広く分布している3種は、身近に病原菌を媒介する要因となります。

イタチ・テン・ハクビシンの駆除方法

イタチやテン、ハクビシンの駆除方法を解説していきます。
工程は多くありませんが、自治体への確認や狩猟免許が必要です。

撃退グッズを探す

自治体への問い合わせ

最初に、駆除をしたい地域の自治体へ問い合わせましょう。
また、害獣の駆除には狩猟免許が必要です。

しかし、地域や限定された敷地などでは、狩猟免許が必要ない場合もあります。
各地域によって害獣駆除の許可内容が違うため、各自治体の指示に従いましょう。

被害を把握

受けている被害の全体像を把握することが大切です。
全体の被害がわかると、対策方法も見えてきます。

被害の大きさを参考にして、自分で対処するのか、専門の業者に依頼するかを考えましょう。

罠の準備

自分で駆除を行う場合には、罠を準備しましょう。
基本的には箱罠を使うことになります。

箱罠は通信販売でも購入可能なため、一番、簡単な罠です。
ただし、箱罠の設置には狩猟免許が必要です。

「知らなかった」では済まないので、十分に注意しましょう。

捕獲後に必要なこと

捕獲した害獣は、捕獲した人が処分しなくてはいけません。
処分方法はいくつかありますが、難しい場合には、専門の駆除業者に捕獲から処分まで依頼しましょう。

再発防止を行う

駆除だけではなく、予防もしっかりと行いましょう。
例えば、家屋に侵入されていた場合には、侵入口を塞がなければ再度侵入されてしまいます。

また、糞尿を清掃した後には消毒も必要です。

【イノホイ】で購入する

駆除の注意点

イタチやテン、ハクビシンといった害獣の駆除には注意点があります。
多くはありませんが、適当に捕獲や駆除を行うと法律に触れる可能性があるため、注意しましょう。

鳥獣保護管理法に注意

イタチとテン、ハクビシンは鳥獣保護管理法で守られています。
簡単に説明すると、野生の動物を守るための法律で、狩猟免許を持たない人は捕獲や駆除ができません。

また、保護されている動物は狩猟期間や自治体の許可が必要です。
鳥獣保護管理法に違反すると、「1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」が科せられるため、十分に注意しましょう。

一般の人にとって駆除は難しいですが、電気柵の設置といった予防は法律上問題ありません。

ただし、電気柵の設置には「危険表示版」の表示や、注意喚起を怠らないようにしましょう。

イタチのメスは捕獲できない

イタチに関しては少し複雑で、メスの捕獲、駆除は禁止されています。
オスであれば、狩猟期間中や自治体への申請で捕獲と駆除が可能です。

しかし、一般の人にイタチのオスメスを見分けることは難しいでしょう。
大きさも年齢によって変化するため、見た目ではわかりません。

イタチの駆除は難しく、専門の駆除業者へ依頼することをおすすめします。
また、自分で駆除したい場合には、イタチに危害を加えない方法で追い払いましょう。

こちらの記事では、モグラの退治方法アライグマの駆除方法についてまとめていますのであわせて参考にしてください。


イタチ・テン・ハクビシンの駆除業者

害獣は、自分でも駆除や予防が可能です。
しかし、イタチやテン、ハクビシンの駆除には、狩猟免許の保持や鳥獣保護管理法を守らなければいけません。

自分で害獣を駆除するには難しいことが多いため、専門の駆除業者への依頼をおすすめします。
ここでは、おすすめの害獣駆除業者を3社紹介します。

害獣駆除専門のホームレスキュー株式会社

出典:ホームレスキュー

ホームレスキュー株式会社は、関東・関西・東海地域対応の害獣・害虫駆除専門業者です。現地調査や駆除の様子を公開しているため、実績がわかり安心して依頼できます。困っていたら相談してみましょう

業界最安級の料金

ホームレスキューでは、薬剤・施工部材等の大量仕入れにより、安くサービスを提供しています。また、駆除担当者が現地調査をして正確な見積もりを出してもらえるので、追加で料金がかかることはありません。

最長10年の保証付

万が一再発してしまった場合も、10年保証で専門知識と技術をもつスタッフが責任を持ってフォローしてくれます。

清掃から修繕までトータルでおまかせ

清掃はもちろん、消毒、除菌から、原状回復までの修繕・リフォームも可能です。自分で駆除をすると手間や時間がかかりますが、駆除を依頼すればすべてをまとめて行ってくれるので助かります。

【ホームレスキュー】に申込む

生活110番

出典:生活110番

「生活110番」は、シェアリングテクノロジー株式会社が運営している害獣駆除サービスです。上場企業運営のサービスであるため、安心して利用できます。害獣の被害に悩まされているのなら、まずは害獣駆除110番へ相談してみましょう。

安くて安心の料金システム

害獣駆除110番は、低価格でサービスを提供しています。1.3万円~という手ごろな価格設定のため、依頼しやすい魅力があります。また、追加料金の発生しない料金システムを採用しているため、自動的に金額が高くなることもありません。

年中無休で24時間対応

常に迅速かつスピーディな対応を心がけているのも、生活110番の特徴です。年中無休の24時間対応をしているため、相談したいときにすぐ対応してもらえます。しかも全国対応しているので、どこに住んでいる方でも相談や駆除の依頼ができるのです。

駆除だけでなく清掃や消毒にも対応

怪獣を追い出しても、悪臭が残るケースもあります。生活110番では、追い出したあとの清掃や消毒のサービスもあわせて行っているため、駆除とまとめて依頼できます。駆除後のアフターサポートが充実しているのも、多くの方から選ばれている理由です。

【生活110番】に申込む

徹底駆除のハウスプロテクト

出典:ハウスプロテクト

ハウスプロテクトは、関東・関西・東海・九州エリア全域に対応しています。最短即日30分で駆けつけてくれるので、すぐに駆除したい方におすすめです。

再発までしっかり防止

ハウスプロテクトは、リフォーム会社が母体です。そのため、害獣駆除に関するノウハウはもちろん、清掃や消毒、消臭などの再発防止施工に関しても任せられます。

再発に備えた最長10年の安心保証

万が一再発した場合、安心保証期間であれば、無償で対応してくれます。保証期間が長いので、安心しておまかせできます。

安心の明朗会計

最初の見積もり以外には、追加費用がかかりません。また、広告から施工までを一貫して行っているため、質の良い施工を安く提供しています。まずは、無料で見積もり相談できますので、お試しください。

【ハウスプロテクト】に申込む

まとめ

今回はイタチとテン、ハクビシンなどの見分け方を解説してきました。
全体的に似ている動物ですが、それぞれ特徴を確認すると、見分けられるでしょう。

また、イタチやテンなどの害獣は、家や農作物などに被害を与えます。
害獣を駆除しなければ、農作物の収穫が減ったり、家に住みつかれた場合は、健康被害や家屋を傷める可能性があります。

自分で駆除をする場合には、狩猟免許を取得し、鳥獣保護管理法に従いましょう。
しかし、自分での駆除が難しい場合には、駆除業者への依頼がおすすめです。

業者であれば怪我などのリスクもなく、確実に駆除してもらえます。
まずは今回の記事を参考に、被害を与えている害獣を特定し、駆除の方法を考えてみてください。

駆除には、害獣と対面した時や、罠の設置で怪我をする可能性が十分にあります。
できる限り専門の駆除業者を頼りながら、駆除を安全に進めてください。