イタチの駆除方法は?自分で行う駆除方法や業者の選び方を解説

B!
害虫駆除

イタチの駆除はセルフでも可能です。当記事では、イタチの被害に悩まされている方に向けて、駆除の方法をご紹介します。イタチによる代表的な被害や駆除時の注意点、害獣駆除業者の選び方、業者へ依頼するメリットなどについてもあわせて解説します。

イタチの被害に悩まされていませんか?イタチは日本各地に生息する動物で、さまざまな害をもたらす害獣としても知られています。

もしイタチが出没しているのなら、なるべく早めに駆除しなくてはなりません。繁殖力が高く、今後どのような被害をもたらすかわからないからです。ただ、イタチを駆除するにもいくつか注意点があります。

そこで今回は、イタチがもたらす代表的な被害や駆除方法、注意点などをご紹介します。

イタチがもたらす被害

イタチによる被害はさまざまです。まだ目に見える被害がなくとも、イタチの姿を確認できているのなら、1日でも早く駆除を検討しなくてはなりません。まずは、イタチがどのような被害をもたらすのかを見てみましょう。



建物が劣化する

イタチは夜行性で、木登りが得意な動物です。3cm程度の小さな穴からでも侵入してしまうため、知らない間に屋内へ棲みつくことも珍しくありません。

天井裏や床下などに棲みつかれると、糞尿が溜まり、家屋へダメージを与えます。天井板や石膏ボードの劣化が進むほか、柱や梁などにも影響を及ぼし、資産価値を下げてしまうのです。

騒音による安眠妨害

夜行性のイタチは、夜になると行動を始めます。住人が寝静まる中でもお構いなしに、天井裏などを活発に走り回るため、騒音で安眠を妨害されてしまうのです。

複数のイタチが棲みついている場合、ケンカによって騒音が生じることも考えられます。夜になると天井裏が騒がしかったり、床下から何か動く音が聞こえたりする場合には、イタチが棲みついている可能性を疑いましょう。

排泄物による悪臭

イタチが棲みついた場所には、糞尿が堆積します。肉食に近い雑食のイタチは、糞尿の臭いが強烈です。棲みついてすぐには気づかずとも、次第に強烈な悪臭の被害がもたらされます。

悪臭は何も、糞尿によるものだけとは限りません。「イタチの最後っ屁」という言葉の由来通り、イタチは危機を感じると、肛門近くの臭腺から悪臭を発生させます。糞尿以外にも、こうした悪臭被害に遭う恐れがあります。

危害を加えられる恐れ

かわいらしい見た目のわりには、イタチはとても凶暴です。獰猛な性格のため、犬やニワトリ、猫などほかの動物を襲うことも珍しくありません。

そのため、ペットが襲われてケガをするリスクが考えられます。動物だけでなく、そこに住む人間にも危害を加える可能性があるため、注意しなくてはなりません。

イタチの駆除方法

騒音や悪臭のみならず、直接的な危害を加えられる恐れもあるため、イタチが棲みついているのなら早めに駆除を考えなくてはなりません。以下、すぐにできる駆除の方法をいくつかピックアップしました。

市販のアイテムを使う

イタチをはじめとする、害獣の駆除に役立つアイテムがいくつも市販されています。音波や光で追い払えるものや、スプレータイプの忌避剤などもあります。さまざまなアイテムがあるため、チェックしてみましょう。

これらのアイテムは、ホームセンターやネットショップで扱われています。口コミも参考にしつつ、よさそうなものを試してみてはいかがでしょうか。

臭いで追い払う

イタチは嗅覚に優れているため、臭いを使った撃退法が有効といわれています。漂白剤やお酢の、クレゾール石けん液、木酢液などは強烈な臭いを発するため、高い効果が期待できるでしょう。

ただし、これらはある程度範囲を絞って散布・設置しないと、効果を発揮できません。イタチが棲みつく場所や通り道などを正確に把握することがポイントです。

バルサンを使う

ダニやノミなど、害虫駆除に効果が期待できる「バルサン」。実はイタチにも有効といわれています。手軽に入手できるうえ、即効性が期待できるのもバルサンを使うメリットです。

ただバルサンというのは家庭内で安全に使用できるように作られているので、よほど大量に使用しない吸わない限り、動物や哺乳類には効果がありません。
効果があるとしたら、その煙です。警戒心を抱かせて殺傷せずに追い出すことは可能です。

ただ、バルサンはイタチに直接的なダメージを与えるわけではありません。煙が消えたらまた戻ってくる可能性がありますため、まさにイタチごっことなる恐れがあります。侵入経路をしっかり塞ぐ必要があるでしょう。

イタチ駆除における注意点

上記の方法であれば、イタチの駆除はセルフでも可能です。ただし、イタチの駆除にはいくつか注意点があります。というのも、ときに人へ害をなすイタチですが、実は鳥獣保護管理法により保護されている動物でもあるのです。

捕獲してはいけない

鳥獣保護管理法により守られているイタチは、捕獲が禁止されています。自治体の許可を得れば、狩猟期間に限りオスは捕獲できますが、メスはできません。素人がうかつに捕獲してしまうと、法律違反になる恐れがあるため注意してください。

毒殺してはいけない

何度も被害に遭っている方なら、イタチに対し怒りを感じても無理はありません。だからといって毒殺を図ったり、完全に駆逐しようとしたりすることはNGです。鳥獣保護管理法違反となり、罰則を科される恐れがあります。

セルフ駆除のリスク

イタチのセルフ駆除は可能ですが、捕獲や毒殺が法律で禁止されている以上、素人にできることは追い出すことのみです。また、セルフでの駆除にはさまざまなリスクやデメリットがあることも覚えておきましょう。

余計に警戒心を高めてしまう

イタチは賢く、警戒心の強い動物です。1回でスムーズに追い出せればよいのですが、失敗するといたずらに警戒心を高めてしまうリスクがあるのです。

警戒心を強めたイタチには、同じ手が通用しません。前回の手法を学習しているため、別の方法を考える必要があります。

噛みつかれる恐れがある

凶暴な動物であるため、素人がうかつに手を出すと噛みつかれます。ときにイタチは、自分より体の大きな動物にも敵意を剥きだしにし、人間にも襲いかかることがあります。特に追い詰められたイタチは、より凶暴になるため注意が必要です。

イタチに噛まれると外傷だけでなく、「鼠咬症(そこうしょう)」と呼ばれる感染症にかかる恐れがあるため注意しましょう。これに感染すると、頭痛や発熱、潰瘍などの症状が出ます。

根本的な解決にならない

これがもっとも大きな問題です。そもそも鳥獣保護管理法で守られているため、勝手に捕獲ができません。素人にできることといえば、臭いや煙などで屋外へ追い出すだけです。

追い出せば、一時的に被害はなくなるでしょう。ただ、学習能力が高く賢いイタチは、簡単に棲み家を手放しません。一度追い出されても、侵入経路がそのまま残っていれば、再び侵入して棲みつきます。

▼関連記事


専門業者への依頼が安心

セルフで追い出せはしても、根本的な問題の解決には至りません。根本的な解決を望むのなら、専門業者への依頼がおすすめです。

害獣駆除の専門業者なら、確かなノウハウがあります。駆除はもちろん、再びイタチが侵入しないよう防止策も施してもらえます。信頼できる業者を見つけ、駆除を依頼しましょう。

業者の選び方

イタチをはじめとする害獣を駆除する業者はたくさんあります。ただ、中には法外な料金を請求する悪徳業者もいるため、注意が必要です。業者によって駆除のノウハウ、技術力にも違いがあるので、慎重に見極めましょう。

生活の中のトラブル解決は【生活110番】にお任せください!

実績をチェック

できるだけ豊富な実績をもつ業者に依頼しましょう。実績が豊富な業者は、害獣の駆除に関する確かなノウハウを有しています。蓄積した豊富なデータや経験をもとに、あらゆる手立てで駆除を行ってくれます。

業者の実績は、ホームページで確認してください。ホームページには、問い合わせ件数や施策実績などが記載されています。ノウハウや実績に自信をもつ業者なら、トップページでアピールしているため、チェックしておきましょう。

対応してくれる時間

たとえば、真夜中や早朝にイタチが出没するケースもあります。このようなとき、すぐに対応してくれる業者なら安心です。業者によって対応可能な時間が異なるため、注意してください。

おすすめなのは、24時間365日対応してくれる業者です。このような業者なら、深夜や早朝にイタチが現れたとしても、対応してもらえるでしょう。

ただし、24時間365日対応の業者でも、住んでいる地域によっては対応してもらえない可能性があるため、注意しましょう。営業可能エリアも業者によって異なるからです。対応可能な時間とあわせて、エリアも忘れずにチェックしてください。

料金システムを確認

わかりやすい料金システムを採用している業者に依頼しましょう。料金システムが複雑でわかりにくいと、思った以上の費用が発生する可能性もあります。知らず知らずのうちに料金が追加され、当初の見積もり金額を大きく超えることも考えられます。

基本料金も業者によって異なるため、システムとあわせてチェックしてください。なるべくリーズナブルな価格設定で、なおかつ明瞭な料金システムを採用している業者を選びましょう。

イタチ駆除なら「害獣駆除110番」へ



「害獣駆除110番」は、シェアリングテクノロジー株式会社が運営している害獣駆除サービスです。上場企業運営のサービスであるため、安心して利用できます。イタチの被害に悩まされているのなら、まずは害獣駆除110番へ相談してみましょう。

安くて安心の料金システム

害獣駆除110番は、低価格でサービスを提供しています。1万3,000円~という手ごろな価格設定のため、依頼しやすい魅力があります。また、追加料金の発生しない料金システムを採用しているため、自動的に金額が高くなることもありません。

年中無休で24時間対応

常に迅速かつスピーディな対応を心がけているのも、害獣駆除110番の特徴です。年中無休の24時間対応をしているため、相談したいときにすぐ対応してもらえます。しかも全国対応しているので、どこに住んでいる方でも相談や駆除の依頼ができるのです。

駆除だけでなく清掃や消毒にも対応

イタチを追い出しても、悪臭が残るケースもあります。害獣駆除110番では、追い出したあとの清掃や消毒のサービスもあわせて行っているため、駆除とまとめて依頼できます。駆除後のアフターサポートが充実しているのも、多くの方から選ばれている理由です。

『暮らしの困った』は【生活110番】へ!※日本全国受付対応

まとめ

イタチを放置していると、家屋の資産価値の低下や悪臭、ペットや人間への攻撃など、さまざまな被害に遭う恐れがあります。少しでも被害が確認できているのなら、一刻も早く駆除を検討してください。

今回お伝えしたように、セルフでの駆除はおすすめしません。根本的な解決にならず、再び被害に遭う可能性が高いからです。豊富なノウハウと実績をもち、安心して依頼できる専門業者に相談しましょう。