アライグマの鳴き声って?「クルルル」「シャー」と聞こえたらするべき対策

B!
アライグマ

タヌキやハクビシンなどと似ているアライグマ。
一目でそれぞれを見極めるのは、ある程度目が肥えていないと難しいでしょう。

しかし鳴き声を聞けば、しっかり見極められます。
アライグマの鳴き声やその意味、そして生態なども説明します。

アライグマの鳴き声は「クルルル」「シャー」

アライグマ

アライグマは通常時と威嚇時で、鳴き声が異なります。
アライグマ特有の鳴き声と、その意味を説明します。

アライグマが威嚇している鳴き声

通常時、アライグマは以下のような鳴き声を出します。

  • クルルッ
  • クックック
  • キュー
  • キュッキュッ

小刻みに鳴くのが特徴。
一方で身の危険を感じ、威嚇しているときは歯を剥き出して以下のような鳴き声を出します。

  • ギューッギューッ
  • シャー

アライグマはあまり鳴きません。
鳴いているときは、何かしらの意味があります。
とくに性格が荒くなる繁殖期は注意しましょう。

アライグマの鳴き声の意味

アライグマはあまり感情を出さない動物です。
喜んでいるときや楽しいときは、声を出しません。
しかし、威嚇しているときや喧嘩しているときは、よく鳴きます。

また、子が親を探しているときも鳴く傾向があります。
お腹が減っているときも、母親に空腹を知らせるために鳴くようです。

アライグマの生態

アライグマ

アライグマの存在に頭を抱えている人もいるでしょう。
その際、対策や対処が必要です。
しかし、アライグマの情報が分からなければ、対策も対処もできません。

生息場所や生息時期などを把握して、アライグマの生態を把握しましょう。
アライグマによる被害や、危険性についても説明します。

アライグマの生息場所

アライグマは、森林や草原地帯に生息しています。
体長は40cm、体重は28kgほど。
しかし、個体によって2~14kgほど体重の幅があります。
アライグマの見た目の特徴は以下の通りです。

  • 体毛が長い
  • 背中が銀色で淡い茶色が混じっている
  • 目から口の周辺は黒い
  • 鼻の上やあごは白い
  • しっぽには黒い輪のような模様がある
  • クマのようにかかとをつけて歩く

アライグマは夜行性です。
木にも登れますし水の中も泳げるので、移動範囲は広い傾向にあります。

アライグマの生息時期

アライグマの繁殖時期は1~3月です。
春が訪れる前に交尾をし、子どもを4~6月に出産。
一度の出産で大体3~6匹の子どもを産みます。
寿命は5年ほどです。

アライグマによる被害や危険性

アライグマは非常にかわいらしい見た目をしている動物です。
動物園では絶大の人気があります。
しかし、アライグマは何でも食べる雑食性。
排せつも決まった場所でしかしません。
そのため、農作業を営む人や山に住んでいる人からは害獣として少し嫌われています。
アライグマはどのような被害を及ぼすのか、説明します。

生態系への被害

アライグマは、カエルや希少生物とされているサンショウウオなどを食べます。
フクロウの巣を奪ったり、サギの巣を襲ったりもします。
エサを巡って他の動物と喧嘩することもしばしば。

非常に気性が荒く攻撃性の高い動物なので、放置しておくと生態系に影響を及ぼす場合があります。
ダニや寄生虫をまとっているアライグマも存在します。
そのアライグマに他の動物が触れて感染すれば、感染症は拡大するでしょう。

人の生活環境への被害

近年、アライグマは住宅街にも出現します。
住宅街に現れたアライグマが及ぼす被害は、主に以下の通りです。

  • 人間が出したゴミ袋を漁る
  • 屋根裏部屋や天井裏に侵入して繁殖する
  • 排せつ・排尿を繰り返して家の耐久性に悪影響を与える

アライグマは、人獣に共通する感染症をもっている場合があります。
そのため動物のみならず、人間もウイルスに感染するかもしれません。
非常に危険なので、鳴き声が聞こえたら早急に対策・対処しましょう。

農作物の被害

アライグマは雑食です。
カエルのような動物以外にも果物や野菜も食べます。
たとえば、みかんやブドウ、スイカやトマトなどです。
とくに甘い果物・野菜は好物。
牛のエサを横取りするために、牛舎に侵入する場合もあります。

自然のものであれば問題ありませんが、人が育てている果物・野菜であれば非常に迷惑でしょう。
牛舎に侵入されて糞尿をされれば、衛生面の被害もあります。

アライグマに似た動物の鳴き声

タヌキ

自然には動物がたくさんいます。
鳴き声を聞いてアライグマだと感じ、アライグマの対策をしても動物が違えばその対策は役に立たない場合もあります。
そのような失敗を防ぐために、他の動物の鳴き声も把握して本当にアライグマなのか再確認しましょう。

タヌキ

タヌキとアライグマは見た目が非常に似ています。
鳴き声も似ているので、間違えやすい動物として有名。

タヌキは、“キューン”や“キャン”と鳴きます。
子犬のように高い声で鳴くのが特徴。
アライグマと同じく基本野外で活動します。
屋根裏に住み着く場合もあるので注意しましょう。

こちらの記事では、タヌキの駆除方法を紹介していますので、あわせて参考にしてください。

イタチ

日本には、外来種のチョウセンイタチと在来種の二ホンイタチがいます。
しっぽが胴体の半分より長いのがチョウセンイタチ、しっぽが胴体の半分より短いのが二ホンイタチ。
どちらのイタチもゴミや農作物を荒らす害獣とされています。

イタチは非常に狂暴で怖いもの知らずです。
自分よりも体が大きい動物を襲ったり攻撃したりするので、変に挑発しないようにしましょう。
イタチは、威嚇の際に“キッキー”や“キャッキャッ”と甲高い声で鳴きます。

こちらの記事では、イタチの駆除方法を紹介していますので、あわせて参考にしてください。

ハクビシン

ハクビシンとは、体長50cm~1mほどの大きな動物です。
灰色の体をしていて、顔に白い縦線があるのが特徴。
臆病な性格ですぐ逃げ出します。
しかし、攻撃的な一面ももっているので注意しましょう。

子どものハクビシンは甲高い声で“クルル”や“キューキュー”と鳴き、大人は“キィーキィー”や“ギャアギャア”と鳴きます。
威嚇時や喧嘩時は、“ウゥゥ~”や“キャアア”、そして“ガゥ”と鳴きます。

こちらの記事では、ハクビシンの駆除方法を紹介していますので、あわせて参考にしてください。

アナグマ

アナグマとは、タヌキに似た見た目をしている動物です。
しかし、アナグマはイタチ科でタヌキはイヌ科です。

50cm前後の体長で体格はずんぐり。
前肢と後肢ともに5本ずつ生えており、人間の手と同じように4本の指と親指が離れているのが特徴です。
アナグマは、“ククク”や“グァーグァー”と鳴きます。

こちらの記事では、アナグマの駆除方法を紹介していますので、あわせて参考にしてください。

キツネ

キツネとは、イヌ科に分類される哺乳類です。
童話やアニメのキャラクターとして登場することが多く、かわいいキャラとして人気があります。
キツネは種類が多いのが特徴。
アカギツネの亜種だけでも、40種類以上存在するとされています。

キツネは“ギャーギャー”や“クゥンクゥン”“キュンキュン”と鳴きます。
イメージとして定着している“コンコン”は交尾時の鳴き声です。

テン

テンとは、ネコ科に分類される動物です。
イタチに似ていますが、テンはイタチよりも大きいという特徴があります。
夏はやや黒ずんだ黄褐色、冬は明るい黄褐色と、夏と冬で体色が異なるのもテンの特徴。

テンは、“ギュッギュッ”や“キャッキャ”と鳴きます。
威嚇時は、“ギャーウー”や“ア゛ァー”と鳴きます。

こちらの記事では、イタチとテンの見分け方を紹介していますので、あわせて参考にしてください。

コウモリ

コウモリとは、哺乳類の中で唯一空を飛べる動物です。
夜行性で外が暗くなると飛び回ります。
コウモリの特徴は、超音波で周囲を把握していること。
目が小さくて視力が弱いので、超音波をレーダー代わりにして生活しています。
コウモリは、“チュチュチュ”や“ブツブツブツ”と鳴きます。

こちらの記事では、コウモリの駆除方法を紹介していますので、あわせて参考にしてください。

ネズミ

ネズミとは、ネズミ亜目に属する動物です。
ネズミの特徴は、繁殖力が非常に強いこと。
一度に5~12匹の出産を、年5~6回繰り返します。

ネズミは“キューキュー”や“キュッキュッ”と鳴きます。
キューキューという鳴き声が、建物や室内などに反響して“チューチュー”と聞こえるようです。

こちらの記事では、ネズミの駆除方法を紹介していますので、あわせて参考にしてください。

アライグマの駆除方法

捕獲柵

アライグマを放置しておくと農作物や人体など、さまざまな場所に悪影響が及ぶ場合があります。
アライグマの行動に頭を抱えているのであれば、駆除を検討しましょう。
アライグマに最適な駆除方法を説明します。

忌避剤を使用する

忌避剤とは、動物が嫌がる匂い・成分を含んでいる薬剤です。
忌避剤は、アライグマを含む害獣を近づかせないことを目的に使います。

固形のものやスプレー、ゲルや燻煙などさまざまなタイプの忌避剤があるので、使いやすいものを使ってください。

電気柵で畑を囲う

電気柵とは、アライグマが電線に触れると電気が流れる害虫駆除アイテムです。
すり抜けを防ぐために、アライグマの体系に合わせて設置しましょう。

捕獲器で捕獲する

捕獲器とは、害獣が機器の中に入ると扉が閉まるアイテムです。
設置しておくだけでいいので、手軽さを重視したい人は捕獲器を使いましょう。

アライグマの駆除は法律違反

作業服 バツ

アライグマは、外来生物法により駆除対象とされている動物です。
しかし、勝手に捕獲・駆除できません

捕獲・駆除するためには、お住いの市区町村の防除作業従事者になる必要があります。
ルールを破ると厳しい罰則が科せられます。

おすすめのアライグマ駆除業者

害獣 柵

アライグマを駆除するためには、所定の手続きを済ませる必要があります。
それで防除作業従事者になっても、ウイルス感染やケガなどのリスクが伴います。

いずれにせよ、自分で駆除するのは非常に危険。
そのため、アライグマの駆除は害虫駆除業者に依頼しましょう。
おすすめの害虫駆除業者を紹介します。

まずは弊社イチオシの業者「アットレスキュー」からみていきましょう。

迷ったらここ!価格が安い|アットレスキュー

アットレスキュー

出典:アットレスキュー

料金 4,500円(税込)〜
対応エリア 関東・関西・東海・九州
保証期間 最長5年
自社対応 自社で一貫作業
見積もり 無料
公式サイト アットレスキュー

アットレスキューは、2007年の創業して以来、害獣・害虫駆除をメインに経験と実績を積んでいます。代理店を通さず、調査から施工まで一貫して作業してくれるため、トラブルの心配なく安心して依頼できます。業者に依頼すれば、自分では見つけにくい侵入口の発見や、専門の薬品を使用し駆除も可能です。また、予算にあった施工の提案も可能ですし、支払いはカードでも可能なので便利です。

見積もりや現地調査は無料でできるので、お気軽に相談してみてください。

【アットレスキュー】で見積もりする

その他のオススメの駆除業者

アットレスキューは優れた駆除業者ですが、サービスごと特徴や価格など異なりますので、その他の害獣駆除業者も比較参考にしてください。

リフォームを同時にしたい方におすすめ|ホームレスキュー

ホームレスキュー

出典:ホームレスキュー

料金 8,000円(税込)~
対応エリア 関東・関西・東海
自社対応 自社で一貫作業
保証期間 最長10年
見積もり 無料
公式サイト

ホームレスキュー


ホームレスキューは、関東・東海・関西エリアにシェアをもつ害獣駆除業者です。年中無休で、メール相談は24時間受付可能。害獣以外にも、シロアリや蜂などの害虫、コウモリなども駆除してくれます。また、消毒・清掃やリフォームまで対応してくれます。現地調査や見積もりも完全無料で行っているので、気軽に相談可能です。

【ホームレスキュー】に見積もりする

すぐに依頼したい方におすすめ|害獣駆除110番

害獣駆除110番

出典:害獣110番

料金 14,300円(税込)~
対応エリア 全国
対応 加盟店型
見積もり 無料
公式サイト 害獣駆除110番

害獣駆除110番は日本全国に対応しており、24時間365日受付対応しているため、おすすめの害獣駆除業者です。
あらゆる害獣に関して専門知識が豊富で、最適な駆除方法を提案。
さらに、駆除だけでなく殺菌・消毒、駆除後の清掃まで徹底的にしてくれるので、再発を防げます。
現地調査や見積もりは無料!

天井から害獣がいる気配がしたり、畑が荒らされているなど少しでも心配な方は、お気軽に相談してください。

24時間365日全国受付対応中!
\通話料無料!害獣駆除をすぐ相談/

0120-578-046

現地にすぐに来てほしい方におすすめ|害獣退治屋さん

害獣退治屋さん

出典:害獣退治屋さん

料金 14,300円(税込)~
出張対応エリア 東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県
保証期間 最長10年
自社対応 自社で一貫作業
見積もり 無料
公式サイト 害獣退治屋さん

害獣退治屋さんの出張エリアは、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の関東4県に対応しており、地域密着店なので最短20分で現地に来てくれます。また、害獣駆除屋さんは完全自社施工なので、仲介手数料がかからず、駆除の費用が抑えられます。最長10年の再発保証期間なら何度でも無料で対応してくれるため、安心です。現地調査や見積もりは無料で行えるので、まずはお気軽に相談してみてください。

【害獣退治屋さん】に見積もりをする

害鳥を駆除したい方におすすめ|ハウスプロテクト

出典:ハウスプロテクト

対応エリア 関東・関西・東海・九州
保証期間 最長10年
対応 加盟店型
見積もり 無料
公式サイト ハウスプロテクト

ハウスプロテクトは、2020年9月にオープンしたWebサイトです。関東・東海・関西・九州エリアに対応しています。都心でも出没頻度が高いハクビシンやアライグマなどの害獣駆除はもちろん、害鳥などにも対応しているのが特徴です。現場調査・見積もり・出張費用はすべて無料で、追加料金も一切発生しないため、費用を安く抑えられます。また、リフォーム会社が母体なので、害獣駆除の知識はもちろん再発防止施工に関する知識もしっかりしています。

【ハウスプロテクト】に見積もりを依頼する

日本全国対応で地方の方におすすめ|ムシプロテック

ムシプロテック

出典:ムシプロテック

料金 4,400円(税込)~
対応エリア 全国
保証期間 害虫種類によって異なる
自社対応 自社で一貫作業
見積もり 無料
公式サイト ムシプロテック

ムシプロテックは全国47都道府県のに加盟拠点をもつ害獣駆除サービスです。見積りは無料で、24時間365日対応可能。年間3万件の実績があり、専門的な技術や特殊機材を使い、赤ちゃんやペットがいるなど、その場所の状況に応じた方法で駆除を行ってくれます。

【ムシプロテック】に見積もりを依頼する

まとめ

今回は、アライグマの鳴き声を紹介しました。
通常時のアライグマの鳴き声は“クルルッ”や“キュッキュッ”。
威嚇しているときや喧嘩しているときは、“ギューッギューッ”や“シャー”と鳴きます。

しかし、タヌキやイタチなど、鳴き声が似ている動物もいるので注意しましょう。
もし、アライグマの存在に頭を抱えているのであれば、害虫駆除業者に相談してください。
安全かつ素早く、アライグマを駆除してくれます。