一人暮らしの料理初心者でも簡単レシピ|安く・楽に自炊を続けるコツ

B!

一人暮らしを始める時、一番高いハードルになるのは料理かもしれません。料理に苦手意識を持っている人も多く、毎日のことになるとしんどく感じる場面もあるでしょう。

しかし、料理は難しいものばかりではなく、初心者でも簡単に作れるレシピがあります。この記事では、一人暮らしを始めた料理初心者に向けて、簡単レシピと、安く楽に自炊を続けるコツを伝授していきます。

一人暮らしの料理初心者におすすめレシピ15選

まずは、一人暮らしの料理初心者向けに、おすすめのレシピ15選をご紹介していきます。

初心者におすすめ!炊飯器でできる時短料理3選

料理と聞くとフライパンや鍋を使うイメージになりますが、さらに簡単に作れる調理器具があります。炊飯器を使えば、材料を入れてボタンを押すだけの簡単な方法で調理が完了します。

最初に炊飯器でできる時短料理を見ていきましょう。詳しいレシピは下部のリンクから確認できます。

1.おかわりエビピラフ

材料を切って炊飯器に入れていくだけで、簡単に本格的なエビピラフが作れます。エビが生である必要はなく、冷凍やシーフードミックスなどを使用しても大丈夫です。

味付けに使う調味料も使い回しできるものばかりで、エビピラフのためだけに揃える必要はありません。

出典:クックパッド

2.鶏だいこん

「鶏だいこん」はお米と一緒に炊く料理ではなく、炊飯器を調理器具として使います。調理は大根と鶏肉を切り、炊飯器に調味料と一緒に入れるだけの簡単な方法です。

出典:クックパッド

3.チキンライス

材料は少し多いですが、表記のものだけではなく、冷蔵庫のあまりものでも十分に美味しく仕上がります。放っておくだけでメインにもなるチキンライスができるため、一人暮らしにもぴったりです。

出典:クックパッド

節約調理!少ない材料でできる主菜レシピ3選

続いて、少ない材料でできる主菜のレシピを3つご紹介します。材料が2つだけでできるほどの簡単なレシピです。

1.鶏むね肉とピーマンの青椒肉絲風

必要な材料は鶏むね肉とピーマンだけです。しっかりとしたチンジャオロースではないものの、近い味付けでご飯のお供にも最適です。

出典:DELISH KITCHEN

2.鶏肉と玉ねぎのつくね風

鶏肉と玉ねぎだけで作る、つくね風の料理です。余ったら冷凍することで、しばらくの間は日持ちするため、作り置きにもよいでしょう。

出典:DELISH KITCHEN

3.がっつり肉じゃが

牛カルビを使う少し贅沢な肉じゃがです。こちらも材料は2つと非常にシンプルですが、しっかりとしたおかずになります。

出典:DELISH KITCHEN

包丁いらず!レンジでできる副菜レシピ3選

料理の面倒な部分として洗い物が増える部分にあります。ここでは、包丁とまな板を使わない電子レンジで作る副菜レシピをご紹介します。

1.なすのおひたし

基本の材料はなすのみで、他に必要なのは調味料だけです。調理工程も簡単なため、もう一品欲しい場合にもぴったりです。

出典:クックパッド

2.ごぼうの甘辛煮

少し材料は多くなるものの、材料を切ってレンジにかけるだけの非常に簡単な料理です。他の料理でごぼうやにんじんが余っている場合は気軽に作れます。

出典:クックパッド

3.ブロッコリーのおかかマヨ和え

ブロッコリーをレンジで加熱し、あとは調味料で混ぜ込むだけの簡単レシピです。野菜不足を感じている場合にも食べやすく、気軽に作れます。

出典:クックパッド

安い食材でできる!スープ・汁物レシピ3選

自炊の目的には節約もあるでしょう。続いては安い食材を使ったスープなどの汁物レシピをご紹介します。

1.もやしだけラーメン風スープ

食材の中でも安いことで有名なもやしを使った、ラーメン風のスープです。麺を入れなくても、もやしだけで十分なボリュームがあります。

出典:クックパッド

2.ワカメスープ

メインの味付けは鶏ガラスープの素だけで、一度、購入しておくと簡単に作れます。また、中華スープの素や創味シャンタンなどでも代用可能です。

出典:クックパッド

3.ベーコンとじゃがいものスープ

少し材料は必要ですが、お腹をしっかりと満たしてくれるスープです。じゃがいもを細かく切ることで火の通りも早くなり、時短にもなります。

出典:DELISH KITCHEN

忙しい日に助かる!作り置きレシピ3選

最後に作り置きレシピをご紹介します。週末などに作り置きしておけば、平日は温めるだけで食べられます。

1.チーズマッシュポテト

基本は副菜ですが、ボリュームがあるため主菜にもできます。さらに最初から耐熱容器を使用することで、洗い物も最小限で済みます。

出典:クックパッド

2.人参とツナの簡単甘辛炒め

材料は人参とツナだけと少なく、調理方法も簡単、作り置きもできると3拍子揃ったレシピです。人参は余りやすいため、このレシピで一気に消費できます。

出典:クックパッド

3.鶏もも肉とかぼちゃの甘酢炒め

鶏もも肉を使用することから、主菜としても十分にボリュームがあります。調理の工程は少し多く、週末の作り置きがおすすめです。

出典:クックパッド

一人暮らしで自炊が続かない要因は?

食費や健康のことを考えると、間違いなく外食よりも自炊がよいとわかります。しかし、自炊を始めてみても続かない人は多いです。

そこには自炊が続かなくなっている要因があり、要因を知ることで自炊は続けられるようになります。

切るのや調理が面倒になる

料理は材料を加熱したりするだけではなく、切ったり下ごしらえが必要です。とくに、切り方に関しては初心者のころは難しいことが多いでしょう。

レシピを見てもmm単位の指定があったり、「いちょう切り」「小口切り」など、専門用語が飛び交います。ただでさえ難しい自炊ですが、聞いたことのない料理用語が出ては作る気もなくなってしまいます。

いざ焼く、煮るといった工程に入っても、時間ではなく感覚に頼る部分が大きいのも事実です。料理は慣れるまでわからないことが多く、慣れる前に調理が面倒になってしまいます。

料理初心者は電子レンジや炊飯器を使った簡単なメニューから始めると、挫折もしにくくなります。

きちんとした料理にこだわっている

毎日、自炊している人の場合、料理は毎日の作業、家事として認識しています。しかし、料理初心者の場合、きちんとした料理やレシピ通りにこだわっていることが多く、時間がかかりやすいです。

たとえば、材料の切り方や焼き加減など、感覚ではなくレシピの内容通りにしか進められないため時間がかかってしまいます。必要最低限の工程は必要ですが、実際にはレシピに忠実でなくとも料理はできます。

あまりにもきちんとした料理やレシピ通りばかりでは、時間がかかりすぎて料理が面倒になってくるでしょう。

買い物に行くのが面倒になる

料理は材料がなければ作れないため、買い物は必須です。しかし、慣れている人であれば、家にあるものでレシピの代用をしてしまうものです。

料理の初心者はレシピ通りにしか作れないため、材料が足りなければ買い物に行かなくてはいけません。毎食、買い物が必要になると、料理自体が面倒になってきます。

趣味で料理をしている人にはそれも楽しさですが、あくまで家事として行う場合、買い物は面倒に感じるものです。

買い物に行くのが面倒な方は、当日届くネットスーパーがおすすめです。

レシピを知らない

毎日の家事として自炊が定着している方は、レシピを見ずに料理を作れます。これはすでに同じ料理を何度も作り、アレンジもできるようになっているからです。

つまり、料理初心者はまだ数をこなしていないため、どのような料理が作れるのかも知らない状態です。しかし、今回ご紹介したレシピだけでも15種類あり、他にも簡単なレシピはたくさんあります。

料理ができないと感じるのはレシピを知らないからであり、ほとんどの方はレシピを見れば料理を作れます。

一人暮らしで自炊を続けるコツ

続いて、一人暮らしで自炊を続けるコツを解説します。とくに難しいことはなく、このコツを知るだけでも自炊は長続きするようになります。

調理器具・調味料を最低限揃える

料理には最低限、必要な道具があります。フライパンや鍋ぐらいは持っている方も多いと思いますが、ザルやボウル、計量カップなどはどうでしょうか。

まず、最低限は必要な道具を確認しましょう。

  • 包丁
  • まな板
  • フライパン
  • ザル
  • ボウル
  • 計量カップ
  • 軽量スプーン
  • 菜箸
  • お玉
  • フライ返し

自炊で最低限、必要な調理機器は上記の通りです。それぞれのポイントを解説していきます。

包丁

まずは包丁ですが、いわゆる万能包丁と呼ばれる「三徳包丁」がおすすめです。何かの食材に特化しているわけではなく、お肉や魚、野菜まで幅広く使える包丁です。

とくにこだわりがなければ、三徳包丁で十分に調理できます。

まな板

まな板は好みで構いませんが、できれば少し大きめのものを選んでください。小さいまな板は材料が切りにくく、切った材料を置いておく場所がありません。

安価なもので十分ですが、キッチンの広さに合わせて大きめのまな板を購入しましょう。

フライパン

フライパンと鍋を選ぶポイントも大きさです。フライパンは24cmほど、鍋は18cmほどが一人暮らしで使いやすい大きさであり、同時に蓋がセットになっていると調理の幅が広がります。

あまり小さすぎても使いにくいですが、ワンルームマンションなどはシンクが狭く、大きいフライパンや鍋は洗いにくいです。調理のしやすさだけではなく、洗いやすさも考えてみてください。

ザル・ボウル

ザルとボウルも大きすぎず小さすぎないものを1セット用意しておきましょう。数があると調理はしやすくなりますが、ボウルに関しては食器でも代用可能です。

計量カップ・計量スプーン

計量カップと計量スプーンは、調味料などを使う料理では必須です。慣れると目分量でも可能ですが、慣れるまでは確実に軽量することで失敗を減らせます。

菜箸・お玉

菜箸やお玉、フライ返しは最低限、用意しておいてください。食事用のお箸などでは火傷する可能性も高くなるため、調理には必要な道具です。

調味料

また、最低限の調味料も用意しておきましょう。塩と胡椒だけではなく、醤油や酒、みりんはよく使う調味料です。

または、作りたい料理に合わせて揃えていっても構いません。料理を続けていくと調味料が増え、そのうち追加で購入することがなくなっていきます。

料理のハードルを低くする

自炊が続かない要因のひとつに「きちんとした料理にこだわっている」というものがありました。料理にこだわりすぎると工程が多くなり、結果として面倒になってしまいます。

そこで、まずは料理のハードルを下げてみましょう。今回ご紹介しているレシピにも炊飯器や電子レンジを使った料理があります。

まずは、「食べられたらよい」ぐらいの気軽な気持ちで挑んでみてください。平日は簡単な料理にし、休日に少しこだわってみるなど、徐々に料理のハードルを上げるのもおすすめです。

また、食材宅配サービスのミールキットも利用してみてください。ミールキットは下ごしらえされた食材から調味料、レシピまでセットになっているため、料理初心者でも簡単に調理できます。

ミールキットなら「オイシックス」がおすすめ

ミールキットを販売するサービスはいくつかありますが、中でもオイシックスは人気が高いです。

【オイシックスおためしセット】を申込む

オイシックスとは

オイシックスは20年以上、野菜や食材の宅配をしているサービスです。オリジナルの加工食品なども販売しており、独自の安全基準を設けていることから、安全性の高さも評価されています。

とくに「Kit Oisix」という調理の簡単なミールキットは、一人暮らしにも人気が高くなっています。「Kit Oisix」は料理に必要なすべてがセットになっているため、材料の準備も必要なく、献立も考えなくて大丈夫です。

こちらの記事では、オイシックスの評判をまとめています。

オイシックスのミールキットの種類

オイシックスのミールキットは、主にコース別に商品が揃えられています。野菜中心のコースや日々の食事用、イベントに向いたコースなど、必要に応じて選択しましょう。

主なコースは下記の通りです。

  • デイリー
  • クイック
  • イベント
  • ヴィーガン
  • サラダ
  • スープ
  • シェフ
  • キッズ

【オイシックスおためしセット】を申込む

オイシックスのミールキットの価格

オイシックスのミールキットはさまざまな種類が販売されています。コースや料理によって価格は異なりますが、一例をご紹介します。

商品名 料金(税込)
しっとり蒸し鶏のアジアンサラダ(2人前) 853円
具沢山野菜の豚ユッケジャン風スープ(2人前) 1,242円
スパイシー!ケイジャンチキン(2-3人前) 1,166円
主菜:ザクザク!チキンのクリスピーフライ(3人前)
副菜:たらこマヨがけ ベイクドポテト(3人前)
2,516円
豆腐そぼろのビビンバ(2人前) 1,382円
主菜:ごま香る、さばのみぞれ煮(2人前)
副菜:さっぱり豆腐 ねぎかつお醤油で(2人前)
1,609円
主菜 包丁いらず!鶏肉のバルサミコソース(2人前)
副菜:かぼちゃとトマトのオープンオムレツ(2人前)
1,674円
主菜:たっぷり玉ねぎソースの和風バーグ(2人前)
副菜:しっかり味!しらたきとひじき炒め煮(2人前)
1,609円
パッキーマオ風ピリ辛炒め(2-3人前) 1,058円

オイシックスのミールキットは、こちらの記事で詳しく紹介しています。

オイシックスのお試しセット

オイシックスは会員になって商品を注文しますが、いきなりの会員登録は不安に感じるかもしれません。自分に合っていなかった場合や他のミールキットを試したい場合など、さまざまな考えがあると思います。

そこで、オイシックスが特別価格で提供している「おためしセット」を利用してみるのはいかがでしょうか。ミールキット以外にも野菜や果物、加工食品などがセットになっており、初めてオイシックスを利用する人限定のお得なセットです。

【オイシックスおためしセット】を申込む

オイシックスのお試しセットを実際に利用したレビューは、こちらの記事をご覧ください。

まとめ

初めての一人暮らしでの自炊は、少しハードルが高いかもしれません。しかし、簡単なレシピを知ると自炊のハードルは低くなります。

あとはコツさえわかれば自炊も苦ではなくなるでしょう。もし、自炊がどうしても難しく感じる場合には、ミールキットなども活用してみてください。