料理が上手になるには?初心者でも上達する方法を紹介

B!
料理

「家族や恋人に美味しい料理を振る舞いたい」「一人暮らしをはじめる」「異性にモテたい」理由は様々ですが、料理上手になりたい人は多いのではないでしょうか?
しかし、頑張っても上達しなかったり、勉強の仕方も不明瞭なため、料理下手・初心者の域から抜け出すのはなかなか難しいですよね。

本記事では、料理上手になりたい人に向けて、料理が上手な人・苦手な人の特徴や、料理上手になるコツを徹底解説します。

料理上手になるには?料理がうまい人の特徴3選

パスタ

料理上手な人は、以下のような特徴を持っています。

  • 冷蔵庫にあるもので料理ができる
  • 時間・お金をかけずに美味しく作れる
  • 食べる人の好みに合わせた味付けができる

冷蔵庫にあるもので料理ができる

冷蔵庫にあるものだけでササッと何か1品作れる人は、料理上手といえるでしょう。
このような人は、冷蔵庫の中身や家にある食材・調味料などを確認し、頭の中で作れる料理を考えています。
たとえば、以下のようなイメージです。

「冷蔵庫には余りもののベーコン・牛乳・たまごがある。パスタやお米、調味料はあるから、カルボナーラかチャーハンなら作れそうだな。」
これは調味料の組み合わせを知っていたり、完成した味を想像できたりと、料理をある程度こなしてきたからこそできることです。

時間・お金をかけずに美味しく作れる

時間やお金をかけずに美味しい料理を作れるのは、料理上手な人の特徴です。
なぜなら、高い食材と時間をかけて調理すれば豪華で美味しい料理を作るのは簡単ですが、時間やお金をかけず美味しい料理を作るのは難しいからです。

このような人は料理の段取りがよく、手早く作る時短テクニックや食材の美味しさを引き出すコツをよく知っています。
普段から料理の実践・勉強をしていないとできない芸当です。

こちらの記事では、料理を時短で行う方法を紹介しています。

食べる人の好みに合わせた味付けができる

料理上手な人は、食べる人の好みに合わせた味付けができます。
というのも、その人が料理上手かどうかは作った料理の美味しさで決まり、その料理が美味しいと感じるかは「食べる人の好み次第」。
この人の好みは和風なのか洋風なのか、濃味なのか薄味なのかというように、味の好みは人によって大きく異なります。

食べる人の好みに合わせて味付けをアレンジするのは、非常に難しいこと。
だからこそ、できる人はかなりの料理上手といえるでしょう。
美味しい味付けの組み合わせを知っていたり、食べる人の好みをよく理解してはじめてできる技です。

料理が苦手な人の特徴5選

料理 女性

料理が苦手な人には、以下のような特徴があると考えられます。

  • レシピ通りに調理しない
  • 段取りが悪い
  • 火加減が強すぎる
  • 味見をしていない
  • 下ごしらえを怠っている

レシピ通りに調理しない

「レシピ通りに作るなんて当たり前」と思うかもしれませんが、レシピ通りに調理できていない人は結構います。
初心者に限って「これも入れたほうが美味しそう」「中火って書いてあるけど強火でやっちゃえ!」などと、レシピをアレンジしがち。
思い当たる人は多いのではないでしょうか?

レシピは、その食材をもっとも美味しく調理するために研究されたものです。
自分なりにアレンジするのは十分料理に慣れて、レシピに忠実に作れるようになってからにしましょう。

段取りが悪い

料理上手な人は、下味を付けている間に調味料を合わせておいたり、パスタを茹でている間に洗いものをすませたりと、スキマ時間を活用して段取りよく調理します。

対して料理が苦手な人は、動きに無駄が多く、段取りが悪いのが特徴。
スキマ時間を有効活用できずに時間がかかったり、炒めすぎ・茹ですぎなどでかえって失敗してしまいます。

  • 必要な器材を準備しておく
  • あらかじめ調味料をはかっておく
  • 放置しても大丈夫な時間を確認しておく

食材を加熱する前に上記などの前準備をしておけば、慌てることなく調理に集中できますよ。

火加減が強すぎる

「弱火で10分」と書いてあるのに、時短するために強火にして失敗したことはありませんか?
食材にはそれぞれ適した火加減があり、レシピに書いてある火加減は、その食材をもっとも美味しく調理するために記載されています。
火加減を調節しないと焦げたり味が変わったりと失敗の原因になるため、レシピに記載された火加減・加熱時間をかならず守りましょう。

なお、よく使う火加減は以下の4種。
火加減がわからない場合は、鍋底との接触面の大きさで覚えましょう。

  • とろ火(約140℃):消える手前の弱い炎
  • 弱火(約150℃):鍋底に触れない程度の炎
  • 中火(約170℃):鍋底にかすかに触れる程度の炎
  • 強火(約180℃):鍋底全体に広がる程度の炎

味見をしていない

料理が苦手な人には、意外にも味見をしない人が多いです。
「レシピ通り作っているのに、なんで味見が必要なの?」と思うかもしれませんが、最終的な味の微調整をするために必要な工程です。

味見・微調整をしないと、食べたときに塩気や甘さが足りないと感じて、結果的に満足のいかない料理になる可能性も。
逆に味見と微調整をしっかり行えば、レシピから1歩より好みの味に近づけられるので、料理の上達に味見は欠かせません。

下ごしらえを怠っている

下ごしらえをサボっても大した違いはないと、おろそかにしてはいませんか?
料理では切ったり洗ったりすることのほかにも、下茹でやアク抜きをしたり下味を付けたりと、食材によって様々な下ごしらえを必要とします。

下ごしらえを怠ると余計な辛味や苦味が出てしまい、料理の味に直接影響します。
大した影響はないと決めつけず、下ごしらえはしっかり行いましょう。

料理が苦手な人の特徴は、こちらの記事でも紹介しています。

料理が上手になるコツ7選

料理 女性

ここまで料理上手な人と苦手な人の特徴を見てきましたが、苦手な人や初心者はどのようにしたら料理上手になれるのでしょうか?
以下では、料理上手になるために押さえるべきコツ7つを紹介します。

  • レシピ通り正確に作る
  • レシピ本・サイトで勉強する
  • 段取りを決めて調理を行う
  • 外食で料理の味を知る
  • 食べる人を考えて作る
  • 市販の合わせ調味料で味付けする
  • ミールキットを活用する

順番に見ていきましょう。

レシピ通り正確に作る

料理上手になるための第1歩は、レシピ通り正確に作れるようになることです。
レシピは、料理のプロが日々研究を重ねて作り出したもの。
下記などの情報をしっかりと読み込んで、その通りに作ればかならず美味しい料理が作れるはずです。

  • 使う食材・調味料
  • 食材・調味料の分量
  • 火加減
  • 加熱時間

料理が苦手な人に限って目分量や自己流でやったり、余計なアレンジを入れがちですが、それは何度も料理経験を重ねてはじめてうまくいくことです。
まずは、レシピ通り正確に作る努力をしましょう。

レシピ本・サイトで勉強する

レシピ本やサイトなどで料理の勉強をするのも、料理上手になるためにおすすめの方法。
YouTubeなどでは、簡単に作れるレシピや時短レシピをわかりやすく紹介している動画も見られます。

こういった媒体で勉強するときには、見たり読んだりするだけではなく、かならず自分でも作ってみてください。
料理は実際に作ってはじめて、身に付いていくものです。

また、使うレシピはかならず初心者向けものを選びましょう。
いきなり難しい料理に挑戦すると、失敗して自信とやる気を失いかねません。

段取りを決めて調理を行う

料理上手になるためには、段取りを決めてから調理に取りかかる癖を付けましょう。
たとえば、夕飯のおかずにからあげを作ると仮定します。
その際は、以下のようなイメージで段取りを決めます。

  1. お米を炊く
  2. 使う調味料を準備する
  3. お肉に下味をつけて20分置く
  4. 置いている間に油を温める
  5. ついでにサラダも作る
  6. 揚げている間に洗いものを進める
  7. 盛り付けて完成

このように段取りを決めてから調理をはじめると、つぎは何をすればいいのか迷うことがなくなります。
最初は簡単にメモしておくとよいでしょう。
慣れてくれば、頭で考えずとも体が動くようになります。

外食で料理の味を知る

料理上手になるには、美味しい料理の味を知ることが大切です。
なぜならいくら料理上手な人でも、知らない味をイメージして作ることはできないからです。

とくに外食時には料理の味や見た目、焼き加減などに注意して見てみましょう。
外食は身近なプロが作った料理です。
すこし意識を向けるだけで、様々な情報が得られて料理の勉強になりますよ。

また「どのような調味料をどのくらい使っているのかな」と想像して実際に作ってみるのも、非常に勉強になります。
最初は難しいと思いますが、外食の味や調味料の組み合わせを自分の舌で覚えることで、徐々にイメージ通りの味付けができるようになるはずです。

食べる人を考えて作る

料理上手になるために欠かせないのが、食べる人のことを考えることです。
自分のために作るのもよいですが「家族や恋人に美味しいといってもらいたい」という気持ちのほうが上達がはやいですし、なにより料理が楽しくなってモチベーション維持につながります。

また、食べる人を考えることの利点は、精神面だけではありません。
食べる人の好みに合わせて料理を決めたり味付けを変えたりする必要があるため、技術面でもかなりの特訓になります。

市販の合わせ調味料で味付けする

どうしても味付けがうまくできない人は、市販の合わせ調味料を使うのもおすすめです。
合わせ調味料とは焼肉のタレやめんつゆ、ドレッシング類、各種おかずの素など、すでに味付けが完成された調味料のこと。
それ以外の調味料を入れる必要がないため、非常に簡単かつ時短になります。

手抜きと思われるかもしれませんが、料理は手間をかければよいわけではありません。
「いかに簡単に作るか」を工夫するのも、料理上手になるために必要なこと。
料理に慣れてきたら、合わせ調味料はどのような調味料がベースになっていて、どのような比率で作られているのか、マイペースに勉強して身に付けていきましょう。

ミールキットを活用する

ミールキットとは、レシピと必要な食材が入ったお料理セットのこと。
食材はほとんどがカット済みで下ごしらえ不要、簡単な調理だけなので10〜20分ほどで完成します。
詳しいレシピが付いているため献立に悩む必要がなく、料理が苦手な人などでも、簡単かつ時短で美味しい料理が作れる画期的なアイテムです。

外食や中食とは違って、炒めたり和えたり、最低限の調味料を加えたりする必要があるため、しっかり料理している感も味わえますよ。
もちろん、美味しい味付けやおしゃれな料理を作るコツ、時短テクニックなどを勉強する教材としても優秀です。

こちらの記事では、おすすめのミールキットを紹介しています。

ミールキットなら「オイシックス」がおすすめ

出典:オイシックス

料理上手になるコツを見て「ミールキットを使ってみたい」と思った方は、結構多いのではないでしょうか?
現在ではスーパーや野菜宅配サービスなど、さまざまな会社がミールキットを販売していますが、その中でも群を抜いておすすめなのが「オイシックス」のミールキット。
ここからは、オイシックスおよびミールキットについて詳しく解説します。

【オイシックスおためしセット】を申込む

オイシックスとは

オイシックスとは、ミールキットやこだわりの食材を販売している野菜宅配サービスです。
高い品質と安全性、美味しさを合わせ持ち、数ある野菜宅配サービスの中でも常にトップクラスの人気を誇っています。

ミールキットも非常にクオリティが高く、ここまで安全性・美味しさ・コスパの三拍子揃ったものは、業界中でもなかなか見つかりません。

オイシックスのミールキットの魅力

オイシックスのミールキットの魅力は「飽きのこない豊富なメニュー数」と「外食よりも安いお手頃価格」です。
ミールキットの種類は豊富な定番メニューに加え、週替わりで20種類以上、年間で約350種類以上のメニューが準備されています。
365日毎食ミールキットでも、飽きることはありません。

価格は2人前の主菜・副菜セットで1300〜1500円ほど、
1人1食あたりだと650〜750円ほどになります。
自炊よりは高くなりますが、外食と比べると安上がりです。

忙しいときや疲れたときの外食代わりにミールキットを利用すると、おサイフにも身体にも優しくて、なおかつ美味しい料理が食べられるので満足度が上がります。
、下記の記事も合わせてご覧ください。

オイシックスのミールキットについてさらに詳しく知りたい方は、オイシックスのミールキットの評判やクチコミを解説した記事をご覧ください。

オイシックスのお試しセット

オイシックス

出典:オイシック

オイシックスのミールキットが気になった人は、まずはオイシックスの初回限定お試しセットを利用して、実際の使用感を確認してみましょう。
オイシックスのお試しセットは、ミールキットを含む全12品6,300円相当の食材が入って、68%オフの1,980円で購入できる超お得な食材セット。
オイシックスをはじめて利用する人限定で注文できます。

【オイシックスお試しセットの詳細】

価格 税込1,980円(1週間返金保証)
送料 全国どこでも無料
セット内容 全12品(税込6,300円相当)
・[Kit]たっぷりケールのチーズナッツサラダ
・[Kit2人前]そぼろと野菜のビビンバ
・[Kit]【クイック1皿】チキンフライのサルサ風
・【発色剤不使用】国産豚使い切りミニポークウインナー
・生きくらげ
・北海道函館牛乳
・情熱トマト
・キャンディーぶどう
・にんじん
・ツナフレーク オイル・増粘剤無添加
・有機かぼっコリー
・ご褒美プリン

上記セット内容のうち、[Kit]と記載のある商品がミールキットです。
お試しセットは、本当に得しかない商品ですので、ぜひこの機会にミールキットの便利さを体験してみてください。

【オイシックスおためしセット】を申込む

オイシックスのお試しセットについてさらに詳しく知りたい方は、オイシックスのお試しレビューを紹介した記事も参考にしてください。

まとめ

料理が上手な人・苦手な人の特徴や、料理上手になるコツを解説しました。
料理上手になるためにもっとも大切なことは、しっかりレシピを見て作ることと、数をこなして慣れることです。
それさえ押さえていれば、初心者でも料理下手な人でも徐々にうまくなっていきますよ。