ハクビシンの鳴き声の見分け方|喧嘩や威嚇の鳴き方・対策の方法

B!
ハクビシン

ハクビシンの鳴き声がどういうものかご存じでしょうか。
知らないうちに小動物が家屋に侵入し、ある日屋根裏や天井裏から鳴き声が聞こえてきたらどうでしょうか。
昼夜問わず鳴かれることを想像すれば、「落ち着かない」「眠れない」となってしまうことも考えられます。

そのような鳴き声の正体は、もしかしたらハクビシンかもしれません。
そこで今回は、ハクビシンの鳴き声の見分け方について紹介します。

ハクビシンの鳴き声とは

ハクビシン

ハクビシンの鳴き声で言えることはまず、とにかくうるさいということです。
うるさいなかでも、ハクビシンの状況によって鳴き声が異なります。
ここでは、大きく4つのパターンに分けてハクビシンの鳴き声に言及していきたいと思います。

ハクビシンの通常の鳴き声

ハクビシンの通常の鳴き声は、「キューキュー」や「キーキー」といった高めでかわいらしい声です。
長く鳴いている場合があるので、ずっと聞こえている場合にはハクビシンと考えてよさそうです。

ハクビシンの威嚇する際の鳴き声

ハクビシンが威嚇する際の鳴き方は、「ガー」「ガウッ」といった太い声です。
通常の鳴き声とは異なり短く鳴くのが特徴で、危険を感じているか近くに子どもがいることが考えられます。
ハクビシンが人に危害を加えたり襲ったりするのは、はあまりないと言われていますが、気性が荒くなっているため近づかないようにしましょう。

ハクビシンの喧嘩したときの鳴き声

ハクビシンが喧嘩しているときの鳴き声は、「キーキー」「カーッ」といった声と言われており、猫が喧嘩しているときの声に似ているとも言われています。
猫が喧嘩している声は聞いたことがある方も多いと思いでしょう。
「また猫が喧嘩している…」と思っていたら、実はハクビシンだったということもあるかもしれませんので、注意が必要です。
喧嘩しているということは複数のハクビシンが棲みついているということが想定できるため、早めに対応するべきです。

ハクビシンの子どもの鳴き声

ハクビシンの子どもは、かなり高い声で鳴きます。
それになかなか鳴き止まず、連続して鳴きます。
高い声でずっと鳴き続けられるのは、かなり迷惑でしょう。

また、子どもがいるということは、大所帯で棲みついている可能性があります。
ハクビシンの子どもの鳴き声が聞こえたら要注意です。

ハクビシンの生態

ハクビシン

先述したように、さまざまな鳴き声を発するハクビシン。
ここでは鳴き声だけではわからない姿形など、ハクビシンの生態について紹介します。

ハクビシンの特徴

ハクビシンは成獣で体長約1メートル、体重は約3〜4キログラム、日本に生息する唯一のジャコウネコ科の哺乳類。
鼻から額にかけて白いスジがあることから「白鼻芯」とも書きます。
夜行性で人間が寝ている時間帯に活動するので、どうしても気になってしまいます。

家屋の柱や壁なども平気で移動するほど、木登りが得意。
食性は雑食で、とくに甘い果物を好む傾向があります。
また、敵に襲われると肛門腺から液体を分泌します。

ハクビシンの活動時期

ハクビシンは冬眠しないため、基本的に活動期間は一年中
なかでも暖かい時期になると、行動範囲が広がると言われています。
また通年で繁殖をしていると言われており、子どもがいればコミュニケーションをとったり、外敵から子どもを守るためによく鳴くようになります。

ハクビシンが棲み着きやすい場所

ハクビシンは10センチメートル四方の隙間があれば余裕で入り込めてしまうので、家屋に侵入されることがあります。
さまざまな場所にねぐらを持ち、とくに人目のつかない屋根裏や天井裏などを利用することが知られています。

ハクビシンと似ている動物の鳴き声

アライグマ

先ほどハクビシンの鳴き声について、4パターンに分けてご紹介しました。
喧嘩しているときの鳴き声が猫の声に似ているように、鳴き声を聞いてすぐなんの動物か判断するのは難しいかもしれません。
そのため、ここではハクビシンと姿形が近い哺乳類の動物たちのそれぞれの鳴き声について、簡単に解説します。

アライグマの鳴き声

アライグマは、「クルルルル」「キュルルルル」といった特徴的な声で知られています。
アライグマは見た目がハクビシンと似ていますが、鳴き声で判別することができます。

こちらの記事では、アライグマの鳴き声について詳しく紹介しています。

タヌキの鳴き声

タヌキは、「キューン」といった犬や馬に似た声で鳴くことが知られています。

こちらの記事では、タヌキの駆除方法を紹介しています。

イタチの鳴き声

イタチは、「キッ」「カッ」といった比較的短い声や、「キキキキッ」「クーックーッ」などといった、甲高い声で鳴きます。

こちらの記事では、イタチの鳴き声について詳しく紹介しています。

アナグマの鳴き声

アナグマは、「コッコッコッ」や「グーッグーッ」という野太い声で鳴きます。

こちらの記事では、アナグマの駆除方法を紹介しています。

テンの鳴き声

テンは、「フィヤフィヤ」といった鳴き声を発します。
また、威嚇するときは「ギューギュギュ」と鳴いたりするようです。

イタチとテンの見分け方はこちらの記事を参考にしてください。

ハクビシンによる被害

ハクビシン

ハクビシンが家に棲みつくと、家屋や人間にさまざまな影響を及ぼします。
甘く考えていると大変な目に遭う可能性もありますので、これから紹介することをよくおぼえておいてください。

住宅など生活環境の被害

1つ目の被害は、住宅など生活環境への被害です。
「フン尿」と「騒音」の2点から見ていきます。

フン尿

ハクビシンには、同じ場所で排泄をするいわゆる「ため糞」という習性があります。
そのため屋根裏や天井裏に棲みついてしまうと、家屋が「ため糞」の被害に遭います。
大量のフン尿がたまり、悪臭がしたり、木材が腐敗して抜け落ちてしまう可能性があるので気をつけてください。

騒音

先ほども紹介しましたが、ハクビシンは夜行性
走り回ったときの足音や物音、鳴き声によって騒音被害を受けます。
最悪の場合、近所から苦情がくる可能性もあるため、注意が必要です。

人の健康被害

2つ目の被害は、人間への健康被害です。
ハクビシンは疥癬(かいせん)という皮膚病に感染していることがあります。
疥癬はヒゼンダニが媒介する感染症で、人間にも感染する可能性がある皮膚病。
感染すると強い痒みに襲われます。
赤いぶつぶつや、かさぶたのようなアカが発生することもあります。

また、SFTSV(重症熱性血小板減少症候群ウイルス)抗体を持っている可能性があるので、気をつけてください。
SFTSVによる重症熱性血小板減少症候群は、2012年末に国内で最初の患者が報告された感染症。
ハクビシンに付着するマダニが媒介し、致死率も10〜30%と高く危険な病気です。

ハクビシンが家に棲み着いているときのサイン

壁

「鳴き声が聞こえる」以外にも、ハクビシンが侵入しているのでは?と気づけるサインがあります。
ここでは3つのポイントを挙げて紹介します。
ハクビシンの痕跡があるかどうか、確認してみてください。

天井や屋根裏から足音がする

すでに紹介している通り、ハクビシンは屋根裏や天井裏を住処とすることが多いため、そこから足音が聞こえることがあります。
ハクビシンは体長が1メートル程度と比較的大きいので、ネズミの足音よりはうるさく聞こえるはずです。
注意して聞いてみてください。

天井にシミがある

ハクビシンがいるかどうかは「天井のシミがあるか」「悪臭がするかどうか」といったことからも判断できます。
ハクビシンは一か所で排泄をする習性があるので、シミができやすいのです。
また、時間が経てば悪臭がしてくることも。
異臭を感じたらハクビシンを疑いましょう。

フンがある

ハクビシンが持つ「ため糞」という習性によって、1か所にフンが大量に溜まっている可能性があります。
明らかに1か所にフンが溜まっているのを見かけたら、ハクビシンを疑った方がいいかもしれません。

ハクビシンのフンについて、こちらの記事で詳しく解説しています。

ハクビシンの駆除方法

ハクビシンはさまざまな被害をもたらすため、追い払いたい方がほとんどだと思います。
ここでは、ハクビシンを追い払うための対策方法について紹介します。

忌避剤で追い払う

ハクビシンには忌避剤が有効と言われています。
ハクビシンは匂いに敏感な動物で、ニンニクやトウガラシ、石油系の匂いを苦手としています。
これらのハクビシンが苦手とする匂いを利用した忌避剤があるので、それを使ってみましょう。

また、オオカミの尿「ウルフ尿」を使った忌避剤も、ハクビシンに対して使うこともおすすめです。
ただこれらの忌避剤は、ハクビシンを近寄らせないようにできるだけなので、その点だけ認識しておきましょう。

捕獲器や箱罠で捕獲する

あまりにもハクビシンの被害がひどい場合の方法として、捕獲する方法があります。
ハクビシンの捕獲には、自治体の許可が必要。
きちんと届け出て許可がもらえた場合にのみ、捕獲器や箱罠を使用して捕獲することができます。

ハクビシンの駆除方法はこちらの記事でも詳しく紹介しています。

ハクビシンを勝手に駆除したら法律違反

害獣 柵

ここまでの話で、ハクビシンの対処は早めにするのが大切だとおわかりいただけたと思います。
しかし、ハクビシンを駆除する方法によっては、違法行為になる可能性も。
なぜならハクビシンは、鳥獣保護管理法という法律によって守られているからです。

鳥獣保護管理法とは、「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化を図り、もって生物の多様性の確保、生活環境の保全及び農林水産業の健全な発展に寄与することを通じて、自然環境の恵沢を享受できる国民生活の確保及び地域社会の健全な発展に資すること」です。

たとえ害獣でも、鳥獣保護管理法に違反して捕獲した場合には、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処せられます。

参考:環境省

おすすめのハクビシンの駆除業者

業者

ハクビシンの駆除を自分で行うことはリスクがあります。
ハクビシンの子どもがいる場合、親に噛みつかれたり引っかかれたりする可能性がないわけではありません。
傷口から菌が入って感染症になることも考えられます。

ハクビシンの駆除は法律の面から難しく安全面でもリスクがあるので、個人で行うことはあまりおすすめできません。
専門業者に任せましょう。
ここからは、専門の駆除業者を紹介します。
まずは弊社イチオシの「アットレスキュー」からみていきたいと思います。

迷ったらここ!価格が安い|アットレスキュー

アットレスキュー

出典:アットレスキュー

料金 4,500円(税込)〜
対応エリア 関東・関西・東海・九州
保証期間 最長5年
自社対応 自社で一貫作業
見積もり 無料
公式サイト アットレスキュー

アットレスキューは、2007年の創業して以来、害獣・害虫駆除をメインに経験と実績を積んでいます。代理店を通さず、調査から施工まで一貫して作業してくれるため、トラブルの心配なく安心して依頼できます。業者に依頼すれば、自分では見つけにくい侵入口の発見や、専門の薬品を使用し駆除も可能です。また、予算にあった施工の提案も可能ですし、支払いはカードでも可能なので便利です。

見積もりや現地調査は無料でできるので、お気軽に相談してみてください。

【アットレスキュー】で見積もりする

その他のオススメの駆除業者

アットレスキューは優れた駆除業者ですが、サービスごと特徴や価格など異なりますので、その他の害獣駆除業者も比較参考にしてください。

リフォームを同時にしたい方におすすめ|ホームレスキュー

ホームレスキュー

出典:ホームレスキュー

料金 8,000円(税込)~
対応エリア 関東・関西・東海
自社対応 自社で一貫作業
保証期間 最長10年
見積もり 無料
公式サイト

ホームレスキュー


ホームレスキューは、関東・東海・関西エリアにシェアをもつ害獣駆除業者です。年中無休で、メール相談は24時間受付可能。害獣以外にも、シロアリや蜂などの害虫、コウモリなども駆除してくれます。また、消毒・清掃やリフォームまで対応してくれます。現地調査や見積もりも完全無料で行っているので、気軽に相談可能です。

【ホームレスキュー】に見積もりする

すぐに依頼したい方におすすめ|害獣駆除110番

害獣駆除110番

出典:害獣110番

料金 14,300円(税込)~
対応エリア 全国
対応 加盟店型
見積もり 無料
公式サイト 害獣駆除110番

害獣駆除110番は日本全国に対応しており、24時間365日受付対応しているため、おすすめの害獣駆除業者です。
あらゆる害獣に関して専門知識が豊富で、最適な駆除方法を提案。
さらに、駆除だけでなく殺菌・消毒、駆除後の清掃まで徹底的にしてくれるので、再発を防げます。
現地調査や見積もりは無料!

天井から害獣がいる気配がしたり、畑が荒らされているなど少しでも心配な方は、お気軽に相談してください。

24時間365日全国受付対応中!
\通話料無料!害獣駆除をすぐ相談/

0120-578-046

現地にすぐに来てほしい方におすすめ|害獣退治屋さん

害獣退治屋さん

出典:害獣退治屋さん

料金 14,300円(税込)~
出張対応エリア 東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県
保証期間 最長10年
自社対応 自社で一貫作業
見積もり 無料
公式サイト 害獣退治屋さん

害獣退治屋さんの出張エリアは、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の関東4県に対応しており、地域密着店なので最短20分で現地に来てくれます。また、害獣駆除屋さんは完全自社施工なので、仲介手数料がかからず、駆除の費用が抑えられます。最長10年の再発保証期間なら何度でも無料で対応してくれるため、安心です。現地調査や見積もりは無料で行えるので、まずはお気軽に相談してみてください。

【害獣退治屋さん】に見積もりをする

害鳥を駆除したい方におすすめ|ハウスプロテクト

出典:ハウスプロテクト

対応エリア 関東・関西・東海・九州
保証期間 最長10年
対応 加盟店型
見積もり 無料
公式サイト ハウスプロテクト

ハウスプロテクトは、2020年9月にオープンしたWebサイトです。関東・東海・関西・九州エリアに対応しています。都心でも出没頻度が高いハクビシンやアライグマなどの害獣駆除はもちろん、害鳥などにも対応しているのが特徴です。現場調査・見積もり・出張費用はすべて無料で、追加料金も一切発生しないため、費用を安く抑えられます。また、リフォーム会社が母体なので、害獣駆除の知識はもちろん再発防止施工に関する知識もしっかりしています。

【ハウスプロテクト】に見積もりを依頼する

日本全国対応で地方の方におすすめ|ムシプロテック

ムシプロテック

出典:ムシプロテック

料金 4,400円(税込)~
対応エリア 全国
保証期間 害虫種類によって異なる
自社対応 自社で一貫作業
見積もり 無料
公式サイト ムシプロテック

ムシプロテックは全国47都道府県のに加盟拠点をもつ害獣駆除サービスです。見積りは無料で、24時間365日対応可能。年間3万件の実績があり、専門的な技術や特殊機材を使い、赤ちゃんやペットがいるなど、その場所の状況に応じた方法で駆除を行ってくれます。

【ムシプロテック】に見積もりを依頼する

まとめ

今回は、ハクビシンの鳴き声の見分け方について紹介してきました。
聞きなれない小動物の鳴き声を聞き分けるのは、なかなか難しいかもしれません。
万が一、屋根裏や天井裏からそれらしき鳴き声が聞こえてきた場合は、今回紹介した内容を参考に疑ってかかってみてください。

また、ハクビシンが寄り付かないような対策は個人でもできるので、試してみましょう。
一方で捕獲については勝手に行ってはいけないため、業者に依頼して対処してもらいましょう。