農作物を猿の被害から守る!駆除や予防・対策方法について徹底解説!

B!
ニホンザル

農家のみなさま、猿の被害に困ったことはありませんか?「どう対策すればいいのか?」「どうしたら農作物を守れるのか?」と考えることも多いかと思います。また、「対策するにはお金や手間がかかりそう」と思ったことはないでしょうか。できれば、費用を抑えつつ、農作物もきちんと守りたいですよね。そこで今回は、猿の被害に遭わないための対策方法などをご紹介します。

猿による被害額について

ニホンザル

農林水産省によると、令和元年度の猿による農作物被害額は8.6億円。獣類ではシカ、イノシシについで3番目に大きくなっています。これは、鳥獣・害獣による被害額全体の約5%です。

猿の生態

ニホンザル

ニホンザルは昼行性の動物で、体つきはがっしりしており、オスの体長は0.5〜0.6m、メスは0.4〜0.5mほどの大きさです。五感も優れており、人間とさほど変わりません。複数のオスと複数のメスからなる、数十~数百頭の群れをなして行動します。

交尾は年1回秋から冬にかけてで、出産期は春から夏です。一般的には2~3年に1頭の割合で出産するとされていますが、餌が豊富にあれば年1頭産むこともあります。知能も高く、一説には幼稚園児程度の知力があると言われていて非常に賢い動物です。雑食性で、果実や植物の葉、花、種子、キノコ、卵、昆虫なども食べます。

感情のままに従うところがあるので、個体によっては攻撃的なこともあります。ですから、野生のニホンザルには近寄らないほうが賢明です。

猿の被害への予防・対策

ニホンザル

ここからは、農作物を猿に荒らされないようにするための予防と対策を解説していきます。

電気柵

猿被害を防止するために重要なのが電気柵です。猿は非常に賢いので、1秒毎に通電するタイプですと、その1秒の間隔に通過される可能性があります。確実に通電部分に触れるよう、忍び返しを設けたり、電気柵の上に樹脂ネットを被せたりすることをおすすめします。

また、電気柵を設置する際は、設置が終わった部分から通電してください。サルが危険を記憶し、以後近づかなくなるように対策しましょう。

餌場を作らない

“つもり”はなくても、餌付けとなってしまうようなことはやめましょう。

農業をしていると、野菜くずを畑に捨てたままにしている方もいると思いますが、それが命取り。放置しておくだけでも、サルは山から下りてきます。

追い払い

サルを見かけたら、できるだけ大人数で追い払いましょう。恐怖心を与えるのが目的です。犬を活用するのも効果的。

また、「ニオイで追い払う」という方法もあります。特に効くのはオオカミの尿です。通販などでキットが販売されています。付属の容器に尿を入れて吊るすだけなので、簡単に対策できるのでおすすめです。

見通しを良くする

見通しを良くすることで、猿が隠れる場所を少なくするのです。余計な木々は定期的に伐採し、猿が木を伝って侵入してくるのを防ぎましょう。

猿は立ち木を伝って上に逃げるので、立ち木を中心に伐採するのがおすすめです。

免許があれば報酬を受けることができる

狩猟

自治体によっては、新たに狩猟免許を取得した場合に補助金をもらうこともできます。
たとえば、神奈川県箱根町では、以下のような仕組みになっています。

対象

町内に在住または町内に在勤し、今年度新規に狩猟免許(第1種銃猟免許及びわな免許に限る)を取得した方で、免許の種類に応じ、それぞれ次の要件を満たす方

  1. 第1種銃猟免許 箱根町鳥獣被害実施隊員として有害鳥獣の捕獲に3年以上従事できる方。
  2. わな免許 自己の所有するまたは所有者から依頼された町内の土地で有害鳥獣の捕獲を実施する方。

引用:箱根町

対象費用

講習会の受講料や免許申請の手数料、医師の診断書料などが対象です。

補助額

取得にかかった費用の2分の1です。ただし、免許ごとに限度額があります。第1種銃猟免許では4万円、罠免許では1万円となっています。

申請方法

狩猟免許を取得した日から3か月以内に、免状の写しや領収書を添えて申請しましょう。

害獣駆除対策でもらえる補助金

自治体によっては、害獣駆除対策に補助金がもらえる場合があります。

対象者

①神奈川県箱根町

  1. 町税などの滞納のない方
  2. 町内に住居または敷地を所有している方
  3. 設置した防止柵を適正に維持できる方

②長野県木祖村

3戸以上の耕作者で構成される任意組合を設立し、施工を組合員により実施し、設置後の維持管理ができる組合

③茨城県東海村

村内在住の農作物生産・販売農家(村内の耕作農地)

対象となる内容

①神奈川県箱根町

  1. 電気柵(ポール、電線、バッテリーなどを含む。)
  2. 防止柵の購入費(設置費用などは対象となりません。)
  3. 網や金網柵(杭などを含む。)
  4. トタンなど板による柵(杭などを含む。)
  5. その他同等の効果があると認められるもの

②長野県木祖村

  1. 野猿、猪等防除用電気柵
  2. 防護柵
  3. 防鳥、防獣用ネット

③茨城県東海村

  1. 侵入防止柵(電気柵、ワイヤーメッシュ、防獣ネット等)の設置
  2. 改修にかかる設備資材の購入費(工事費は含まない)の一部

対象となる鳥獣

自治体によって様々ですが、一例として以下のような鳥獣が対象です。

  1. ハクビシン
  2. シカ
  3. サル
  4. アライグマ
  5. イノシシ
  6. タヌキ
  7. カラス

もらえる補助金の金額

①神奈川県箱根町

・町民など:購入費用の2分の1(限度額は2万円)

・自治会:購入費用の3分の2(限度額は3万円)

・事業者:購入費用の3分の1(限度額は2万円)

②長野県木祖村

・資材総額の85%(上限は20万円)

③茨城県東海村

・設備資材購入費の3分の2(上限は1件につき12万円)

必要な書類

必要な書類も自治体によって様々ですが、一例として以下のような書類が必要です。

  1. 自治体指定の申請書
  2. 資材のカタログ、パンフレット等形状がわかるもの
  3. 見積書
  4. 防止柵を設置した場所の地図
  5. 防止柵を設置した場所の写真
  6. 補助金の交付対象費用の明細が記載された領収書

上記の説明はあくまで一例です。害獣駆除に関する補助金の仕組みは自治体ごとに異なりますので、必ず自治体の公式サイトをチェックしてください!

専門業者へ依頼

一頭の小鹿

害獣駆除を個人でやろうとすると、それなりの手間と労力がかかります。

被害が大きく、今すぐ撃退したい場合は、専門業者に依頼したほうが素早く改善ができるので是非参考にしてみてください。

害獣駆除業者の相場や選び方についてはこちらの記事を参考にして下さい。

ホームレスキュー

ホームレスキュー

出典:ホームレスキュー

ホームレスキューは、関東・東海・関西エリアにシェアを持つ害獣駆除業者です。年中無休で、メール相談は24時間受付可能。害獣以外にも、シロアリや蜂などの害虫、コウモリなども駆除してくれます。また、消毒・清掃やリフォームまで対応してくれます。現地調査や見積もりも完全無料で行っているので、気軽に相談可能です。

【ホームレスキュー】に見積もりする

害獣110番

害獣110番

出典:害獣駆除110番

対応エリアが日本全国で、24時間365日受付対応していることから、いざという時の依頼におすすめの業者です。あらゆる害獣に関して専門知識があり、最適な駆除方法を提案してくれます。それに、相談や現地調査が無料、駆除・清掃・消毒などを含めた価格の提案をしてくれます。ただ、害獣駆除110番は「紹介業者」なので、手数料は発生します。早く対処してほしい方やどうしても再発防止をしてほしい方におすすめです。

【害獣駆除110番】に見積もりする

ハウスプロテクト

出典:ハウスプロテクト

ハウスプロテクトは、2020年9月にオープンしたWebサイトです。関東・東海・関西・九州エリアに対応しています。都心でも出没頻度が高いハクビシンやアライグマなどの害獣駆除はもちろん、害鳥などにも対応しているのが特徴です。現場調査・見積もり・出張費用は全て無料で、追加料金も一切発生しないため、費用を安く抑えられます。また、リフォーム会社が母体なので、害獣駆除の知識はもちろん再発防止施工に関する知識もしっかりしています。

【ハウスプロテクト】に申込む

まとめ

今回は、猿への対策方法について解説してきました。猿が人里に降りてきたニュースを見ても分かるように、猿を追い払うには根気が必要です。農作物被害の報道も毎年たくさんあります。猿は賢く、思いがけない方法で畑を荒らしに来るので、可能な限り対策をしましょう。エサの在り処はメスが子どもに教えるので、特にメスには気をつけてください。正確な情報をできるだけ集めて、猿対策を講じましょう。

関連記事