【最新版】妊婦さんや産後に人気の宅配弁当3選!つわり中にもおすすめ!

B!
妊婦 妊娠中

妊娠すると、食事にも気を使わなくてはいけません。生まれてくる子供のためにも、栄養バランスを考えた食事は大切です。

しかし、毎食自炊するのも大変でしょう。妊娠時には気分の優れない時期があったり、体調も不安定なものです。

たまにはお弁当などを宅配してくれる「宅食サービス」や、気分転換に外食に出かけるのもよいでしょう。しかし、「よい宅食サービスがわからない」、「外食しても大丈夫?」といった疑問も出てきます。

今回の記事では、妊婦さんにおすすめの宅食サービスや、外食してよいのか、外食の注意点などを解説します。

妊婦さんは宅食のサービスを上手に使うべき

宅配

妊婦さんは自炊だけではなく、宅食のサービス利用も考えましょう。宅配サービスであれば、買い物や調理の手間を大きく削減できます。

また、必要な栄養もしっかりと考えられている内容が多いので、メニューを考える必要もありません。

ミールキットがおすすめ

ミールキットは、「材料のセット」と考えてください。

1品作るために必要な材料が全てセットになっているため、簡単に調理可能です。中には、調味料までセットになっている商品もあり、かなりの時短になります。

献立を考える必要はなくメニューも豊富なため、妊娠期間中や産後など、体力が少ない時期でも調理しやすくなっています。

もし自分で調理ができない場合にも、ミールキットなら料理初心者でも調理可能です。

こちらの記事では、おすすめのミールキットを紹介していますので、あわせて参考にしてください。

調理不要の宅食も

宅配サービスの中には、調理が簡単なミールキットだけではなく、調理不要のお弁当もあります。つわりがひどかったり体調が悪い時には、お弁当の宅配がおすすめです。

例えば、宅食で有名な「ワタミの宅食」は、管理栄養士がしっかりと栄養バランスを考えたメニューになっています。毎日の日替わり弁当だけではなく、冷凍の惣菜も用意されているため、体調が悪い時用に保存しておけます。

またミールキットも用意されているため、体調が悪い時はお弁当、普段はミールキットといった使い分けも可能です。

宅食サービスを選ぶポイント

宅食

妊娠中は想像以上に体が動かしづらいこともあるため、事前に確認しておきましょう。

調理方法

宅食を含む食材の宅配サービスは、2通りの方法があります。

  • 調理が必要なミールキット
  • 調理不要なお弁当

ミールキットは調理に必要な材料が含まれているため、少し手間はかかりますが調理自体は簡単です。一方で、お弁当は調理が一切必要なく、温めるだけで食べられます。

例えば、体調が安定している時はミールキット、つわりの時期や産後すぐなど、体調が安定していない時期はお弁当を選ぶとよいでしょう。

定期購入か単品購入

宅配サービスは、定期購入と単品購入の2つに分けられます。定期購入であれば、コースの指定だけで後は選択する必要がありません。

しかし、必要ない時期にも届くため、食材のロスに注意が必要です。

単品購入の場合は、必要な分を都度注文できるため、注文の手間はかかりますが無駄にすることはありません。

宅配サービスによっては、定期購入しか取り扱っていない場合もあります。選ぶ際には確認しておきましょう。

注文と受け取り方法

体調が悪い時期には、注文や受け取りも大変なものです。注文はインターネット上で完結するほうが楽でしょう。

カタログで確認して紙に記入するのは、体調が悪い時期に負担となります。また受け取り方法も、「再配達不可」「留置不可」では、ストレスになるかもしれません。

配達時間を指定できたり、臨機応変なサービスがおすすめです。

欲しい商品をすぐに自宅に届けて欲しい方は、アプリで注文!10分で届く、宅配スーパー【OniGO】がおすすめです。

欲しいものが10分で届く、宅配スーパー【OniGO】

こちらの記事では、野菜宅配サービスを29社紹介していますので、自分にあったサービスを見つけてください。

妊婦さんにおすすめの宅食

妊婦

妊婦さんにおすすめの宅食サービスを3つ紹介していきます。それぞれの特徴などを比較して、検討してみてください。

ワタミの宅食

1食あたりの価格(税込) 490円〜
最低注文数 1週間に2食分から
注文方法 インターネット・電話
定期・単品購入 可能

 

ワタミの宅食は、ミールキットとお弁当を宅配しています。1食の価格もコンビニなどと変わりなく、管理栄養士によるバランスのよい献立が特徴です。

ミールキットはカットや下ごしらえの済んでいる食材が届くため、調理時間が10分から15分と簡単になっています。元気な日はミールキットで手料理にし、体調が悪い日はお弁当といった使いわけが可能です。

ワタミの宅食公式サイト

nosh(ナッシュ)

1食あたりの価格(税込) 499円〜
最低注文数 6食分から
注文方法 インターネット
定期・単品購入 定期購入のみ

 

ナッシュはお弁当のみの宅配です。専任のシェフと管理栄養士が手がける、こだわりのサービス。

全てのメニューで糖質、塩分が抑えられているため、妊婦さんにもぴったりのお弁当になっています。

密閉された容器で届くため、そのまま電子レンジで温めて、食べ終われば容器を捨てて終わりです。この簡単さも魅力の1つでしょう。

注文も専用のサイトかアプリで完結するため、手間も少なくなっています。定期購入しかありませんが、妊娠初期や産後すぐの体調が優れない時期におすすめです。

nosh公式サイト

食卓便

1食あたりの価格(税込) 560円〜
最低注文数 7食分から
注文方法 インターネット・電話
定期・単品購入 可能

 

食卓便は定期も単品購入も可能なため、必要な時だけの注文もできます。ミールキットではなく、個包装されたお弁当の宅食です。

和食が多いので、食欲がない時でも食べやすいでしょう。定期購入でも不要な週などは配達を簡単に止められるため、利用者にとってお得なシステムを採用しています。

サイトは定番コースや目的別コースで分けられており、好みや目的でメニューを選びやすくなっています。体調が悪い時にも簡単に選べるでしょう。

食卓便公式サイト

妊婦さんは外食しても大丈夫?

外食

妊婦さんでも、外食したくなる時はあるでしょう。しかし、「外食しても大丈夫なのか」という部分は気になるところです。

妊婦さんの外食は問題なし

基本的に、妊婦さんの外食は問題ありません。無理に外食を禁止する必要はなく、体調に合わせれば大丈夫です。

妊娠中は体調も悪くなりやすく、ストレスも溜まります。そういった時に外食の気分転換も大切です。

外食する際の注意点

お酒 アルコール

妊婦さんの外食は基本的に問題ありません。気分転換にもなる外食ですが、気をつけなければいけない点は、意識しておきましょう。

医師に制限を受けている場合は注意

外食は自分で塩分などを調整できないため、場合によっては体に悪影響を与えてしまいます。

体調に不安があったり、医師から指摘された部分がある場合には、外食を控えなくてはいけません。心配であれば、健診時などに医師に相談しておきましょう。

栄養が偏りすぎないように

外食に問題がなくても、頻度の高すぎる外食はおすすめしません。外食は塩分や脂分の調整ができないため、栄養が偏ってしまいます。

妊娠中には摂取したほうがよい栄養素が多く、外食だけで補うのは難しいです。基本は、自炊や食品の宅配、お弁当などとし、たまの気分転換に外食を挟むのがおすすめです。

アルコールやカフェインの摂取

アルコールは母体から子供の体内に入ると言われており、子供に先天異常を与える可能性があります。妊娠前期から後期まで影響は変わりません。

また、どれぐらいのアルコール摂取量から影響があるのかは判明していないため、基本的には、禁酒をおすすめします。子供のために我慢しましょう。

カフェインを摂取しすぎた場合には、めまいなどを起こし、子供に影響を与えることもあります。アルコールほど気にする必要はありませんが、1日の上限として、コップ1杯分ぐらいに控えることがおすすめです。

カフェインはコーヒーだけではなく、ジュースなどに含まれていることもあるため、注意が必要です。

生ものは控える

外食に限らず、妊娠中は生ものを控える方がよいでしょう。食中毒の危険性があります。

原因となる菌に感染することで、子供の成長に影響を与えることもあります。

これは、肉類だけに限らず、魚やチーズ、燻製も同様です。制限が多いように感じますが、子供の将来のことを考えるのであれば、生ものは避けたほうが無難でしょう。

1人での外食は避ける

妊娠期間中の外食は、1人を避けるようにしましょう。特に、出産予定日が近づいている場合は、家族や知人と外食するほうが安心です。

外食中に陣痛や破水が起きてしまうと、1人では対処できません。周りに人がいなければ助けてもらうことも難しいため、1人での外食は避け、家族や知人と外食することをおすすめします。

妊婦さんの外食に向いているお店

飲食店 レストラン
F

外食時のお店を選ぶ判断基準をまとめました。

全面禁煙

自分の喫煙だけではなく、受動喫煙にも気をつけなくてはいけません。タバコは、受動喫煙となる副流煙でも、有害物質を体内に取り込んでしまいます。

タバコに含まれているニコチンは、血流を悪くすることでも有名です。結果として、子宮や胎盤の血液量も低下するため、子供の低酸素につながるとも言われています。

母子ともに悪影響があるため、お店を選ぶ際は、全面禁煙を基本にしましょう。

添加物が少ない

最近はレストランやカフェでも健康志向が高く、オーガニック素材にこだわっているお店も増えています。一般的なお店と比べると、食品に入っている添加物も少なく、不安のない外食を楽しめるでしょう。

添加物などが少ないお店は、全面的にオーガニックなどを押し出しているため、探すのも簡単です。

店内が広い

お腹が大きくなってくると身動きが取りづらくなってきます。狭い店内であれば、転倒などの危険性もあるため、広めのお店を選びましょう。

自宅から近い

妊娠期間の中でも後期に差し掛かっている場合には、自宅や病院から近いお店を選びましょう。いざ、陣痛が来てしまった時に、すぐ対応してくれる身内や病院が必要です。

自宅に家族がいる場合には、すぐにお店まで来てもらえ、病院が近ければすぐ診察に入れます。また、外食に行く際には、場所も家族に伝えておきましょう。

何かあった時のために、すぐに助けに来てもらえる状況を作っておくことも大切です。

まとめ

妊娠すると食事にも気を使う必要が出てきます。妊娠の時期によって必要な栄養素は異なり、意識しながら食事のメニューを考えることになるでしょう。

しかし、毎日自炊ばかりしていると大変なこともあり、たまには宅食や外食に頼りたくもなります。最近は、宅配サービスの種類も多く、調理が簡単なミールキットからお弁当まで様々です。

また、妊婦さんでも外食は可能です。自分と子供のためにもお店選びは重要ですが、毎日自宅ばかりで気分が滅入っているなら、外食は良い気分転換になります。

注意すべきことはしっかりと注意して、外食も楽しんでいきましょう。