貸し農園で起こるトラブルとは│初めて利用する前に注意することを解説

B!
野菜 畑 栽培

自宅に庭やベランダといった、敷地がなくても楽しめる貸し農園が注目を集めています。
綺麗に作られている農園が多く、トイレを完備し、農具の貸し出しといった魅力も大きいです。

しかし、良いことばかりではなく、トラブルが多いのも事実です。
貸し農園では、場所を間借りする形で野菜などを育てるため、周りの人への配慮も必要になります。

せっかく野菜作りを楽しむための貸し農園も、トラブルが多ければ楽しめません。
ただ、トラブルが多いから諦めるのではなく、どのようなトラブルがあるのかを認識し回避できれば、快適に利用できます。

今回の記事では、貸し農園によくあるトラブルから、回避、解決策などを紹介していきます。

都心部でも利用可能なおすすめの貸し農園についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

貸し農園でよくあるトラブル

畑 農園

最初に、貸し農園でよくあるトラブルを見ていきましょう。
どこの貸し農園でも似たようなトラブルが多いため、代表的なものを3つ紹介します。

隣人・管理者とのトラブル

一番、避けたいトラブルは、隣人や管理者とのトラブルです。
貸し農園は、1人で1つの畑を所有するわけではなく、何人かで区分けした畑をレンタルします。

隣の区画とも隣接しているため、作物のはみ出しといったトラブルが発生しやすくなります。
実際に使用する前には考えにくいことですが、こういった隣人とのトラブルは多く、解決しにくい問題です。

また、解決できない場合には、別の貸し農園への移動を考える人も多くなります。
途中まで野菜を作っている段階での大きなトラブルは、想像しているよりも大変な問題になるでしょう。

他にも、貸し農園の管理者とトラブルになるケースもあります。
本来であれば、貸し農園のメリットとなるのが管理者です。

例えば、似たもので市民農園もありますが、市民農園は場所を借りるだけです、
反対に貸し農園は、管理者やアドバイザーが野菜栽培の手伝いやアドバイスを行なっています。

嬉しいサービスですが、人によっては干渉されることが嫌な場合もあるでしょう。
アドバイザーは良かれと思ってアドバイスをしていても、利用者にとっては不満になることもあります。

多いのは隣人トラブルですが、管理者とのトラブルも少なくはありません。

雑草の処理

雑草は野菜と比べても繁殖力が高く、一度、生えてしまうと除草には大きな労力がかかります。
また、雑草は、害虫や病気の温床になるため、野菜への悪影響も大きいです。

雑草を完全に無くすことはできないため、月に数回は農園へ足を運ぶ必要があるでしょう。
こういった除草作業を怠れば、雑草が増えてしまい、周りへも迷惑がかかってしまいます。

もし、自分の周辺区画で雑草が処理されずに放置されれば、育てている野菜の生育も悪くなってしまいます。
雑草の処理は、自分が育てる野菜のためだけではなく、周辺利用者のためにも必要な作業です。

農薬の使用方法

最近では、無農薬や減農薬といった野菜の育て方も増えてきています。
しかし、野菜を育てる上で、病気や害虫は切っても切れない関係です。

病害虫の対策としては、農薬の使用が一般的ですが、貸し農園では、農薬の使用に関してルールを設けている場合があります。
もし、貸し農園自体が農薬の使用を禁止しているにも関わらず、使用すればトラブルに発展します。

また、農薬の使用は管理者とだけではなく、隣人とのトラブルにもなりかねません。
例えば、農薬を使って栽培したい人と、無農薬で栽培したい人が近い区画であれば、トラブルの可能性が高くなります。

農薬が無農薬栽培の畑へ飛んでしまえば、無農薬ではなくなってしまい、無農薬栽培で虫が多く発生すれば、周りへ影響するでしょう。
難しい問題ではありますが、まずは貸し農園のルールに従い、周りとのコミュニケーションも大切です。

実際にトラブルになったらどうするのか

頭を抱える男性

気をつけていても、何らかのトラブルに発展する可能性はあります。
しかし、トラブルは放置せずに、解決に向けて動きましょう。

主なトラブルの解決方法としては2つです。

管理者へ相談する

まずは、管理者へ相談しましょう。
隣人とのトラブルは、直接話し合わないことが重要です。

直接の話し合いで解決することもありますが、場合によっては、さらに難しくしてしまうこともあります。
また、現地の管理者やアドバイザーとのトラブルも、貸し農園を運営している管理者へ相談します。

貸し農園でのトラブル解決に他の方法はなく、基本的には、管理者を通して解決に導くしかありません。

別の貸し農園を探す

もし、今の貸し農園に残る特別な理由がないのであれば、別の貸し農園を探すことも1つの方法です。
極端な方法にはなりますが、別の貸し農園を探すことが、一番早くトラブルを解決します。

どの貸し農園でも、少なからずトラブルの可能性はありますが、今のトラブルは無くなります。
管理者と話し合いを進めても解決しない場合には、別の貸し農園を探すことを視野に入れても良いかもしれません。

ただし、今の貸し農園で起きたトラブルを考えた上で、探すことをおすすめします。
貸し農園は、他の人と区画を分けて野菜を育てるため、多少のトラブルはつきものです。

今のトラブルが繰り返しそうなのであれば、自宅の庭やベランダを使うことも、検討しましょう。

トラブルの回避策

農園 親子

トラブルを回避するためには、いくつかの方法があります。
どれも難しい方法ではなく、未然にトラブルを防げるため、簡単なことから試していきましょう。

農園を下見する

まず、貸し農園の下見は必ず行いましょう。
最近では、全国に様々な貸し農園が展開されていますが、それぞれに特徴があります。

下見を行うことで、自分がしたい野菜作りに向いているかの判断が可能です。
反対に、下見を行わずに貸し農園を決めると、後々の後悔につながります。

少し面倒に感じるかもしれませんが、農園の下見は、トラブルを回避するために重要な項目です。

利用者とのコミュニケーション

トラブルに発展する原因として大きいのが、コミュニケーション不足です。
意識している人は少ないかもしれませんが、利用者同士のコミュニケーションは大切です。

お互いのことを知っているのと知らないのでは、大きな差があります。
例えば、前述したトラブルの1つで、農薬に関するものがありました。

これも、お互いに農薬を使いたいのか、無農薬で栽培したいのかが、未然にわかっている状態が重要です。
農薬を使う日や範囲などを説明しておけば、トラブルになる可能性も低くなります。

また、雑草の処理なども、何人かで日を分けて行えば、全体を綺麗に保てます。
些細なことですが、日頃からコミュニケーションを取ることで、防げるトラブルは多いものです。

農園のルールを理解する

基本的なことですが、貸し農園で定めているルールは理解しておきましょう。
農薬の使用もそうですが、ルールを破れば、隣人や管理者とのトラブルになりかねません。

反対に、基本的なルールを理解して守っていれば、トラブルは少なく、起きても管理側に守ってもらえます。
貸し農園は、あくまで貸してもらう場所なので、ルールの順守は必須です。

もし、できる限り自由に農業を楽しみたいのであれば、貸し農園ではなく、市民農園をおすすめします。
ただし、市民農園は、貸し農園のようにサポートがなく、基本的に何があっても自己責任です。

初心者には向かないので、まずは、自分に合っている貸し農園を探してみると良いでしょう。

管理者やアドバイザーが常駐している

管理者やアドバイザーがいることは、貸し農園の大きなメリットです。
特に初心者であれば重要になってきます。

貸し農園には、基本的にアドバイザーが常駐していますが、毎日という農園ばかりではありません。
中には、「常駐」という表示があったとしても、週に1回や月に数回ということもあります。

もし、アドバイザーの常駐を毎日だと思っていて、実際にスタートしたら「いない」ということが多いと、トラブルの原因になってしまいます。
自分が考える「常駐」と、認識のズレがないかは確認しておきましょう。

自分のレベルに合った農園を選ぶ

貸し農園を選ぶ基準は様々です。
多くの人は、料金や広さなどで選ぶと思いますが、他にも重要なポイントがあります。

それは、自分のレベルに合った農園を選ぶことです。
例えば、野菜作りが初めてであれば、サポート体制がしっかりと整った農園を選びましょう。

反対に、野菜作りの知識が多い場合には、サポート少なめや、市民農園がおすすめです。
自分のレベルに合った農園を選ぶことで、認識のズレは少なくなり、必然的にトラブルも少なくなります。

農作業を楽しむことが重要

農園 畑 種まき

トラブルの回避につながる部分でもありますが、最終的には農業を楽しむことが重要です。
楽しめれば農園に通うことも苦ではなくなります。

例えば、貸し農園で起こるトラブルに雑草の処理がありますが、ほとんどは、長く放置されている場合です。
農作業が楽しめれば通う頻度も高くなり、雑草の処理も問題なく行えます。

また、他の利用者とも自然に仲良くなれるため、トラブルは少なくなるでしょう。

作物を販売してみる

農作業を楽しむためには、自分で育てた作物を販売してみることがおすすめです。
成果が目に見えると、より楽しくなります。

農作物の販売と聞くと難しく感じますが、道の駅やJAに相談してみるのも良いでしょう。
また、最近は、インターネットを活用した通販も可能です。

自分で販路を探せば、より農作業が楽しくなります。

おすすめの貸し農園( レンタル農園)

女性の写真

最後に、おすすめの貸し農園をいくつか紹介していきます。
市民農園であれば、どの地域でも貸し出しています。

しかし、貸し農園は民間の企業が運営元になっていることが多いため、どの地域にも展開しているわけではなりません。
紹介する貸し農園を参考にしてみてください。

シェア畑

シェア畑

出典:シェア畑

入会金 11,000円(税込)
月額料金 6,400円(税込)〜
地域 東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫・京都
公式サイト シェア畑

【シェア畑】の無料見学

シェア畑についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。細かなサービス・特典などがあるので是非参考にしてみてください。

シェア畑はサポート付きの貸し農園として有名です。
定期的にオンラインでの説明会も開かれているので、不安なく始められます。

展開している地域は、東京や大阪、京都などの都市部が多く、東京では世田谷といった好立地の場所にも畑が用意されています。
全国に100箇所ほどの畑を貸し農園として運営しているため、今後の拡大にも期待です。

また、金額は最安で月に6,400円(3㎡)ほどからとなっています。
世田谷区といった、住宅地としても人気の地域では、月額10,000円ほどにはなりますが、貸し農園としては平均的な価格です。

道具は全て貸し出し

シェア畑では、クワやスコップ、ハサミなどの農具を全て貸し出しています。
他にも、種や苗、肥料から資材まで用意されているため、自分で用意するものは服装ぐらいです。

全ての道具を貸し出しにすることで、手ぶらで気軽に通える環境を整えています。

講習会を実施

週に4回ほど菜園アドバイザーが勤務しているため、普段からわからないことは質問できます。
さらにシェア畑では、定期的に講師が実演で講習会を実施するため、野菜作りを深く理解したい場合にもおすすめです。

普段から通う貸し農園で講習を受けられるため、本格的に野菜作りを進められます。

トイレを設置(一部の農園を除く)

例えば、市民農園では、土地の貸し出しのみを行っているため、トイレといった設備はないことがほとんどです。
しかし、シェア畑では、一部を除く多くの農園に簡易トイレや休憩スペースを設置しています。

貸し農園は親子で利用するケースも多いため、トイレが設置されていることは大きなメリットです。

【シェア畑】の無料見学

まとめ

貸し農園は、サポートや道具の貸し出しなど、画期的なシステムを採用しています。
しかし、隣接している区画や、管理者とのトラブルも少なくありません。

トラブルを起こさないためには、定期的な区画の管理や、利用者とのコミュニケーションが重要です。
全ての貸し農園でトラブルが起きるわけではありませんが、最初から回避できるようにしたほうが良いでしょう。

貸し農園を借りる前には下見をして、自分に合っているかどうかの見極めが重要です。
最初からトラブルを回避できるように、今回の記事を参考にしてみてください。