一人暮らしで料理がめんどくさいときの対処法|これだけは食べたほうがいい食材

B!

一人暮らしをしていると、毎日の料理は避けられません。しかし、毎日の自炊はめんどくさいものです。

かといって外食に頼ってばかりでは食費が高くなるだけではなく、健康面にも不安が生まれてしまいます。

そこで、この記事では料理がめんどくさい時の対処法を解説していきます。適度に外食などに頼りながらも、作り置きといった方法まで幅広いため、ぜひ参考にしてみてください。

一人暮らしで料理がめんどくさいときの対処法10選

料理がめんどくさい場合、対処法がいくつもあります。ただし、方法によっては費用が余分にかかるため、自分に合った方法を選んでみてください。

弁当や惣菜を買う

簡単な方法として、コンビニやスーパーで弁当、惣菜を買う方法があります。仕事や学校の帰りに買って帰るだけということもあり、非常に手軽です。

さらに、スーパーでは夕方ごろから弁当や惣菜の割引が始まります。選べる種類は少なくなるものの、食費の節約にもなるため、一人暮らしにはぴったりでしょう。

できればご飯だけ炊いたほうが節約にはなりますが、面倒であれば弁当がおすすめです。

冷凍食品を常備しておく

冷凍食品は賞味期限が長く調理方法も簡単です。ただし、弁当ほどおかずなどが揃っておらず、冷凍食品一品で食事を済ませるのは難しいかもしれません。

夕食にする場合は、二品ほど欲しいところです。たとえば、冷凍食品でもチャーハンとおかずにするなど、少し工夫をしてみてください。

いくつかの冷凍食品を常備しておけば、料理がめんどくさい時に楽ができます。

レトルト食品を利用する

レトルト食品も冷凍食品と同様に、賞味期限が長く保管のしやすい食材です。また、レトルト食品は常温保管のため、冷凍食品のように冷凍庫を圧迫しません。

カレーなどだけではなく、パスタとパスタソースがあると、さらにレパートリーが広がります。毎食ではなくとも、たまにレトルト食品で楽をしてください。

デリバリーをする

最近は「Uber Eats」や「出前館」など、食事のデリバリーが充実しています。家に食材やレトルト食品もなく、買い物に行くのがめんどくさい場合にはデリバリーを利用してみてください。

さまざまなジャンルから選べるのもデリバリーのよいところで、家にいながら本格的な料理が味わえます。ただし、デリバリーは宅配料やサービス料もかかるため、決して安くはありません。

使いすぎには注意しましょう。

外食をする

外食は手っ取り早く食事を済ませる場合におすすめです。まず、自分でする準備や後片付けが一切ないため、手間がかかりません。

また、野菜などにこだわったお店を選べば、健康面に気を遣った食事も可能です。ただし、外食は費用が高くなることも多く、毎日のように続けると家計が圧迫されてしまいます。

宅配弁当を活用する

弁当を宅配してくれるサービスも多く、料金の割りには健康も配慮した食事が楽しめます。毎日夕食を届けてくれたり、1週間分をまとめて宅配など、サービスの形はさまざまです。

すぐに食べられる常温を望まないのであれば、冷凍弁当がおすすめです。冷凍弁当はまとめて受け取りが可能で、好きな時に食べられます。

料理代行に依頼する

料理の代行はご存知でしょうか。日本には家事代行サービスがあり、料金を支払うことで食事の準備や作り置きを依頼できます。

惣菜や冷凍食品が嫌な場合は、目の前で作ってくれる料理がよいかもしれません。ただし、料理代行にかかる費用は弁当などと比べると高額のため、毎日の料理を頼むのは少し難しいでしょう。

作り置きをしておく

毎日の料理がめんどくさい場合、作り置きがおすすめです。たとえば、時間に余裕がある週末に1週間分のおかずだけを作っておけば、毎日の料理は必要ありません。

おかずだけで物足りない場合には、ご飯や汁物だけ毎日用意するなど、ちょっとした工夫でしっかりとした食事を作れます。汁物がめんどくさい場合、レトルトのお味噌汁などを使ってみてください。

1品だけ作る

多くの方は、実家で数品の食事が出ていたと思います。主菜と副菜、汁物にサラダなど、しっかりとした食卓のイメージが強いのではないでしょうか。

一人暮らしで多くの品数を作ろうとすると時間がかかるだけではなく、食材が無駄になってしまうことも多いです。そのため、品数にこだわるのではなく、1品だけを作るようにしてみてください。

カレーや丼ものなど、1品だけでも十分な夕食になります。

ミールキットを活用する

ミールキットは、主に食材宅配サービスが販売している調理キットです。会社ごとに異なる部分はありますが、基本的には料理に必要な材料と調味料、レシピがセットになっています。

サービスによっては食材のカットや下ごしらえまで終わっているため、簡単に調理できます。また、冷凍食品や弁当とは違い、あくまで自分で調理することから、ほぼ自炊と言ってよい方法です。

おすすめのミールキットはこちらの記事で紹介しています。

ミールキットなら「オイシックス」がおすすめ

ミールキットは食材宅配サービスだけではなく、スーパーで販売される機会も増えてきました。しかし、買い物にいく手間をなくすのであれば、宅配がおすすめです。

中でもオイシックスはミールキットの種類が豊富で、味の評判も高いです。価格帯で見ても弁当などと大差はなく、おすすめできる宅配サービスと言えます。

【オイシックスおためしセット】を申込む

オイシックスとは

オイシックスは20年以上も食材の宅配サービスを行なっており、食の安全にこだわったサービスが特徴です。現在では野菜やお肉などだけではなく、加工食品やミールキットを取り扱っています。

食材宅配サービスの中でも大手であり、安心して利用できます。

オイシックスの評判については、こちらの記事を参考にしてください。

オイシックスのミールキットの種類

オイシックスで販売されているミールキットは「Kit Oisix」という名称で種類は豊富です。基本的には8つのコースで、日常からイベント、子供向けや野菜中心などのコースに分かれています。

定番メニューとして用意されているものもありますが、週ごとに変わるメニューもあり、飽きにくい作りになっています。ただし、全体では20種類ほどのメニュー数のため、人によっては少ないと感じるかもしれません。

【オイシックスおためしセット】を申込む

オイシックスのミールキットの価格

オイシックスで用意されているミールキットは、最小で2人前からです。一人暮らしには使いにくく感じるかもしれませんが、一度に調理して2日に分けるといった使い方ができます。

すべてではありませんが、ミールキットの価格を参考までにご紹介します。

商品名 料金(税込)
しっとり蒸し鶏のアジアンサラダ(2人前) 853円
具沢山野菜の豚ユッケジャン風スープ(2人前) 1,242円
スパイシー!ケイジャンチキン(2-3人前) 1,166円
主菜:ザクザク!チキンのクリスピーフライ(3人前)
副菜:たらこマヨがけ ベイクドポテト(3人前)
2,516円
豆腐そぼろのビビンバ(2人前) 1,382円
主菜:ごま香る、さばのみぞれ煮(2人前)
副菜:さっぱり豆腐 ねぎかつお醤油で(2人前)
1,609円
主菜 包丁いらず!鶏肉のバルサミコソース(2人前)
副菜:かぼちゃとトマトのオープンオムレツ(2人前)
1,674円
主菜:たっぷり玉ねぎソースの和風バーグ(2人前)
副菜:しっかり味!しらたきとひじき炒め煮(2人前)
1,609円
パッキーマオ風ピリ辛炒め(2-3人前) 1,058円

オイシックスのお試しセット

オイシックスは会員制のため、登録しないと注文はできません。しかし、内容もわからないまま登録するには不安もあるでしょう。

そこでおすすめしたいのが「おためしセット」です。おためしセットはオイシックスが販売している野菜や食材がセットになっており、中にはミールキットも含まれています。

とてもお得な価格で購入できるため、まずはおためしセットの注文をし、使い勝手が良ければ会員登録をおすすめします。

【オイシックスおためしセット】を申込む

こちらの記事では、オイシックスのお試しセットを実際に利用してみたレビューを紹介しています。

一人暮らしで料理がめんどくさい理由

一人暮らしだと料理がめんどくさいと感じる瞬間があります。どのような理由があるのかを見ていきましょう。

料理の時間を趣味や家事の時間にしたい

夕食はとくに調理時間が長くなります。内容や人にもよりますが、1時間ほどはかかるでしょう。

その時間を自分の趣味に使いたいと考えるのは、多くの人にとっては当然のことかもしれません。また、食事以外にも家事はあり、洗濯や掃除など、他の家事の時間に使いたいと考える人も多いです。

仕事で疲れて料理をする気力がない

仕事で疲れている場合、料理をする気力がないのは当然です。ただでさえ疲れて帰ってきているのに、時間をかけて食事の準備をするのは面倒に感じます。

こういった場合は、弁当や惣菜、デリバリーなどに頼るのがおすすめです。

自分のために作るモチベーションがない

料理が趣味であればよいですが、食べるためだけだと中々モチベーションは上がりません。人に振る舞うわけでもなく時間をかけるのは惜しいものです。

とくに、1人前だけ作るのは難しく、食材を余らせてしまうこともあります。

一人暮らしで料理するのがめんどくさいときの注意点

ここまでも解説してきている通り、一人暮らしの料理はめんどくさいです。しかし、めんどくさいだけで過ごしてしまうと、注意しなければいけない点があります。

偏った食事で野菜不足になる

自炊をめんどくさがった場合、一番の注意点は偏った食事による野菜不足です。野菜だけではありませんが、バランスの悪い食生活は体に悪影響出てしまいます。

こういった点からも自炊は大切であり、難しい場合にはバランスが考えられた弁当やミールキットがおすすめです。

食事を抜いてしまう

料理が面倒で食事を抜いてしまうことがあるかもしれません。食事を抜いた場合、悪影響が4つあります。

  • 集中力の低下
  • 太りやすくなる
  • 精神が不安定になる

いずれも絶対というわけではありませんが、可能性が高くなってしまいます。エネルギーが足りなくなったり体のバランスが悪くなったりと、食事を抜くこの影響は大きいです。

これだけは食べておけ!必要な栄養や食品

料理がめんどくさい場合でも、最低限は必要な栄養を食べておくべきです。

健康的になるために必要な栄養素

健康のために必要な栄養素はいくつもありますが、代表的なのは5つの栄養素です。

  • 糖質
  • タンパク質
  • 脂質
  • ビタミン
  • ミネラル

上記の栄養素は人が健康に過ごすために必要であり、どれも欠かせません。野菜だけに含まれるものではなく、肉や魚といった食材も重要であり、バランスのよい食事の大切さがわかります。

これだけは摂取したい「まごわやさしい」

「まごわやさしい」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。もともとは和食の基本とされていた食材の頭文字を取

豆類

豆類には「畑の肉」とも呼ばれている大豆があり、タンパク質を豊富に含みます。納豆や豆腐など、気軽に食べられる豆類が多いです。

ごま

ごまにはナッツ類なども含まれており、亜鉛や鉄分、カルシウムが含まれています。お味噌汁にごまをふりかけるなど、簡単に摂取できます。

わかめ

わかめなどの海藻類は、カルシウムや食物繊維を豊富に含んでいます。乾燥わかめなど手軽に使える食材の活用がおすすめです。

野菜

当然ながら野菜にも豊富な栄養が含まれています。種類によっても異なりますが、1日に350gほどの野菜摂取が目標と言われています。

魚にはDHAやタンパク質、脂質など、体に必要な栄養が含まれています。一人暮らしでは魚が不足しやすいため、意識して食べるようにしましょう。

しいたけ(きのこ類)

しいたけを含むきのこ類は食物繊維やビタミンDを含みます。価格も手に取りやすく、さまざまな料理との相性も抜群です。

いも類

いも類の中でもじゃがいもは食物繊維やビタミンCを豊富に含み、料理の幅も広いです。手に入れやすい野菜のひとつであり、常備をおすすめします。

まとめ

一人暮らしの料理はめんどくさいものです。しかし、弁当や冷凍食品、ミールキットなども利用すれば、思っているほどめんどくさいものではありません。

毎日は難しくとも、週末に作り置きする方法もあります。料理は工夫次第でめんどくさくはなくなるため、さまざまな方法を試してみてください。

どうしても料理ができない場合には、弁当などでも栄養を重視しているところを選ぶとよいでしょう。